学び

大学受験を辞めたいと考える原因とその対処法を解説

2021.05.25

大学受験を辞めたいと考える3つの原因

成績が伸びない

まず、1つ目は成績が伸び悩んでしまうことです。
これはほとんどの受験生が通る道です。
大学受験が辛いのはみんな同じです。勉強しなければならないのもみんな同じです。
勉強で優劣をつける競争が大学受験です。
プレッシャーや劣等感に押し潰されそうになることもあると思います。
それに耐えられなくなって受験勉強を辞めたくなり、最終的に大学受験そのものを辞めたくなることがあるでしょう。

大学に行く目的を見失った

2つ目は大学に行く目的を見失ってしまった時です。
受験勉強をしている時や志望校について考えている時、ふとこう思うことはありませんか?
『あれ?なんのために大学行くんだろう』なんとなくこう思うことありますよね。
このような考えに陥るとどんどん大学に行く理由が分からなくなってきます。
『手に職をつけなくて大丈夫なのか』『4年間もっと有効な使い方ができるのでは?』『お金もかかってきちゃう』
こんな事を考えているとそもそも大学受験をする意味があるのかと思い、辞めたくなってしまいます。

お金についての心配

3つ目はお金についての心配です。
受験生の中には金銭的な問題で思うように受験ができない人もいるでしょう。
『両親のためにも、まだ下に控える兄弟のためにも受験は諦めたほうがいいのかな』と思ったり、『奨学金を借りたとして、今後の自分が苦しくなるんじゃ…』と思って不安になりますよね。
この理由で大学受験を諦めてしまう受験も沢山います。それは仕方がないとしか言えません。
しかし、諦めない道があるなら大学受験にチャレンジしてみてほしいです。

大学受験でモチベーションが上がらない原因と上げる方法20選

大学受験を辞めたいと考える場合の対処法

成績が思うように伸びない場合

やった分だけ結果になると信じる

まずは、成績が思うように伸びなくても落ち着いてください。
きちんと勉強計画を立てて勉強していれば必ず成績は伸びます。
勉強の成果はやったらすぐに結果が出るものではありません。気長に勉強を続けてください。
続けていれば必ず結果はついてきます。
焦らず落ち着いて、本当は自信がなくても、嘘でも自信を持ち続けてください。
勉強するから成績が上がるのに焦って勉強できなければ元も子もありません。
焦らず信じて勉強を続けましょう。

成績が伸び悩む時期がある事を理解する

成績には必ずと言っていいほど伸び悩む時期があります。
ダイエットに体重が落ちない停滞期があるのと一緒です。勉強にも停滞期があります。
基礎をしっかり固めていても応用問題ができなければ解けない問題も沢山あります。
それに慣れ、解けるように対策し、身に付いて初めて回答できるようになります。
覚えただけで解けていた時期を過ぎるとこのように成績は必ず伸び悩みます。
その時期があるという事を理解しておくだけで少しは気が楽になるでしょう。

少しずつ前進していく

勉強はコツコツやらないと身につきません。
長い時間をかける必要があります。
勉強を習慣化させ、一歩ずつ前進するしか成績を上げる道はありません。
一定数の勉強量をこなすと前進し、前に進むことができます。順番に一つずつ超えていきましょう。

大学に行く目的を見失った場合

気にしない

明確な目的や目標を持つことは大切です。
しかし、実際明確な大学に行く目的を持っている人はそう多くはありません。
まだやりたいことが決まらないからとりあえず4年間大学に通うという人が沢山います。
それでも全然いいんです。大学はやりたい事を見つける場所だと考えましょう。
『ドラマみたいなキャンパスライフが送ってみたい』とか一見不純に思える動機でもいいんです。必ずしも真面目な理由でないといけないわけでもありません。
ラフに考えてみましょう。

目的を作る

大学に行く目的が分からないなら今作ってしまいましょう。
好きなこと、興味のあることをあげていって共通することは何でしょう?
やってみたいことはなんでしょう?『沢山旅行に行きたい!』とかでもかまいません。
とにかく好きなことや興味のある事を片っ端からあげていって考えてみましょう。
何か目的を作りたい人はこうやって今大学に行く目的を作ってみてください。

経験者に相談してみる

大学受験や大学生活を経験したことのある人に意見を求めてみてください。
両親でも兄弟でも先輩でも先生でも誰でもいいです。『大学に行く目的がわからなくなりました』って言ってみてください。
きっと何かアドバイスをしてくれます。
そうすると自分では考え付かなかったような意見が出てくるかもしれません。
合理的な意見、感情的な意見、様々な方向からの視点を入れることで何か見えてくるかもしれません。

お金に対しての心配がある場合

私立大学の予約型奨学金制度を利用する

私立大学の中には独自に奨学金制度を設けている学校がいくつかあります。
自分の志望する大学が奨学金制度を設けているなら積極的に利用しましょう。
指定されている条件を満たすと授業料が4年間にわたって半額になる場合もあるらしいので自分でよく調べて利用してみてください。

企業の支援を受ける

奨学金という形で学費支援を行なっている企業もあります。
トヨタでは工業系の大学に進学する女性向けに奨学支援プログラムを展開しています。
条件を満たしていれば月額5万円、4年間にして240万円の支援が無利息で受けられます。
電通、JT、三菱UFJ信託なども支援金制度を展開しているので調べてぜひ利用してみてください。

成績上位で入学する

これは個人の頑張りですし、なかなか難しいかもしれませんが、成績上位で入学した学生に対して資金援助をしてくれる大学があります。
これが受けられるのは成績上位者のみなのでこれが勉強のモチベーションにもつながるのではないでしょうか。
各大学のホームページや資料請求で取り寄せることのできるパンフレットなどに書いてある場合が多いので、沢山資料請求をして調べてみてください。

勉強に楽しさを見出してモチベーションを上げる方法


やった事を記録する

これは、勉強した内容と勉強時間を毎日記録していくやり方です。
皆さんは貯金をしていて残高を見る時ワクワクしませんか?貯まった額をみて楽しくなりますよね?
それと同じで勉強を毎日記録していくことで『自分はこんなにやったてきたんだ』と目で見て確認することができます。
勉強という物体化しにくい行動を目視で確認することができるのは達成感も得られやすいです。
毎日記録しなければいけないので、毎日勉強する必要があります。
なので、勉強の習慣化にも効果があります。

無理のないスケジュールを組むこと

なにかを学び、新しい知識を身につけるというのは本来楽しいことです。
それがなぜ楽しくなくなってしまうのかというとそれは義務感や強制されている感、スケジュールがキツいからです。
なので、キツキツに勉強スケジュールを組んでも嫌になるだけです。無理のないスケジュールを組みましょう。
しかしこれをやるには余裕がなければいけません。無理のないスケジュールを組んで楽しく心が疲れない程度に勉強ができるように受験勉強は早めに始めましょう。

成功する結果をイメージする

受験だけでなく全てのことにおいて、具体的にイメージできる事柄は成功すると言われています。
自分が勉強を頑張って、合格し第一志望校に通う風景を鮮明にイメージしてください。
どうですか?楽しそうに大学に通う自分の姿が見えましたか?
『理想の大学生活を送るためには勉強しなければ』という気分になったら勝ちです。
ひたすら勉強しましょう。

大学受験を辞めたい人は辞めてもいいのか

そもそも大学受験を辞めたいと思ったら辞めてもいいのでしょうか?
もちろん受験勉強を辞めても他の進路は沢山あります。大学受験を辞めたところで何ら問題はありません。
しかし、今大学受験をして大学に入学した方がメリットは沢山あります。
では仮に、大学受験を諦めたとしましょう。数年後数十年後にまた大学で学んでみたくなった時、あの時とは事情が違いますよね。
金銭的な問題が発生するかもしれないし、就職していて仕事先との兼ね合いがあるなど自分を取り巻く環境が変わってしまい決断に踏み切れないということもあるでしょう。
その時に『何であの時受験しなかったんだ』と後悔しても遅いですよね。
それに加えて大学は誰でも通うことができますが圧倒的に現役で入学した人たちが多いです。ほとんどの学生が20代前半です。
その中で学べるのは今しかありませんよね。私は大学は勉強だけをしに行く場所ではないと思っています。
学食に行ったり、放課後に遊んだり、バイトを一緒にしたり大学生でしか経験できないことが沢山あります。正直年齢が違えば多少なりともアウェイ感はあるでしょう。寂しく感じることもあると思います。
その辺りをよくよく考えて諦めるかどうかは判断してくださいね。

まとめ

ここからはまとめです。
大学受験を諦めたくなる要因は金銭面、成績面、将来のことなど様々あると思います。
でも、その心配を少しでも和らげる方法は世の中に沢山あります。
奨学金、停滞期を理解すること、意見を求めることなどです。
勉強貯金オススメですよ!毎日コツコツやってみてください。
大学受験を今するのかそれとも辞めるのかも自分でよく考えて決断してください。間違っても一瞬の迷いであきらめる事を決断しないでください。

ここからはまとめです。
大学受験を諦めたくなる要因は金銭面、成績面、将来のことなど様々あると思います。
でも、その心配を少しでも和らげる方法は世の中に沢山あります。
奨学金、停滞期を理解すること、意見を求めることなどです。
勉強貯金オススメですよ!毎日コツコツやってみてください。
大学受験を今するのかそれとも辞めるのかも自分でよく考えて決断してください。間違っても一瞬の迷いであきらめる事を決断しないでください。

Recommended.