学び

大学受験に落ちたらどうする?選択肢やメンタル回復方法を伝授

2022.07.15

必死に大学合格を目指して受験する人が多い中、健闘むなしく受験に失敗するケースがあります。大学受験に落ちたらどうすればいいのか、落ちた時のことは事前に考えておくべきでしょう。

今回は大学受験に落ちた場合を想定し、受験に落ちた後の選択肢やメンタルの回復方法などをご紹介します。

大学受験に落ちたらどうする?

大学受験に落ちることはあまり考えたくないものですが、万が一落ちてしまった場合にどうすればいいのか、選択肢やメンタル回復方法などを解説します。

大学受験に落ちた時の選択肢とは

選択肢1:浪人生活

第一志望の大学に落ちて第二志望の大学が合格した場合は、自分にウソをついて進学することもできます。しかし、どうしても第一志望に行きたい場合などは浪人生活を送って、合格を目指す手があります。ライバルは現役の高校生と浪人生となり、浪人生の方が時間の余裕もあってチャンスがある一方、もう失敗は許されないというプレッシャーも。第一志望の大学に再び落ちた場合の対処は浪人生活の最初に考えておくべきでしょう。

選択肢2:滑り止めの大学に行く

第二志望以下の大学に合格した場合はその大学に進むのも1つの選択肢です。第一志望の大学に合格した同級生たちをライバルとし、社会人になってから巻き返して見せるという強い気持ちを持って勉学に励むこともできます。学歴で判断されやすい一方、実力が評価される時代を迎えており、大学4年間でいくらでも追い抜くことは可能です。仮面浪人もこの中に入りますが、費用がかかるのでおすすめはできません。

選択肢3:大学以外へ進学する

この場合は短期大学や専門学校など、大学以外に進学するケースです。職業訓練校に進み、手に職をつけていくことも含まれます。大学に進学する人たちよりも若干早く社会人になり、一定のスキルを得てキャリアを始められるので、社会人になって最初のアドバンテージはそれなりにあります。

選択肢4:働き始める

高卒として正社員や契約社員として働き始めるほか、フリーターとして夢を追いかけるのも選択肢の1つです。大学の夜間部に入り、働きながら勉強をする手もあれば、大学の資金を働きながら貯めて、その後じっくり勉学に励むこともできます。

選択肢5:海外に留学する

コロナ禍で難しい部分もありますが、海外に留学するのも選択肢としてあり得ます。語学留学などを行って、その経験を活かして自己推薦で入るような手も想定できるでしょう。英語力がつけば難関大学の門戸も開きやすくなるので、人生経験として戦略的に海外留学をするのが結果的にプラスになることも考えられます。

選択肢6:家にとどまる

選択肢の中では一番ネガティブになりやすいのが家にとどまること。やりたいことが見つかるまで家にいて、家事手伝いのような形で頑張るのも選択肢としてはあります。しかし、引きこもりなどになりやすく、余計に社会復帰が難しくなるため、できる限りはこの選択肢を選ばないようにしたいところです。

大学受験に落ちた時のメンタル回復方法

次の計画を立てて切り替える

大学受験に落ちる状況は、自分を否定されたようなものなので落ち込むのは当然です。やることをやった状態であれば後悔も少なく、やることをやっていなければ後悔がかなり残るはず。この時の悔しさを胸に秘め、浪人もしくは新たな進路を見つけてリベンジを果たせるように切り替えていくのがおすすめです。リスタートは1日でも早い方が良く、熱い気持ちを継続しやすいので、次の事を考えるようにしましょう。

徹底的に考えて落ち込むだけ落ち込む

うまく切り替えができない人は、色々な後悔が頭をよぎる人です。この状態で無理に切り替えようとしても、「あの時ああすればよかった」という未練が捨てきれず、前を向こうとする力を抑制します。大事なことは、後悔について徹底的に考えて落ち込むだけ落ち込むこと。それが割り切りにつながるほか、自分を客観視して冷静に落ちた事実を受け止められるようになります。あとはやるしかない!という気持ちになれば、そう簡単なことではくよくよしなくなるものです。

何も考えない時間を設ける

1日でも早く次の道への準備をするのがいいですが、落ちたとはいえ、受験勉強を必死に頑張ってきたことは事実。ですので、まずは受験勉強を頑張ってきた自分をねぎらう時間を設け、何も考えない時間を作るのがおすすめです。その中で新しい進路や浪人後のことなどを考える余裕が出てきたら、そこに突き進むのみ。傷心旅行に出かけ、自分を見つめ直すのもいいでしょう。

大学受験に全落ちしてしまったら?

全落ち時の一般的な進路とは

全落ちした場合は、基本的に浪人か専門学校への就職、留学、家にとどまるといった選択肢になります。ただ大学進学を希望する場合は浪人がおすすめであり、自分に甘い人は厳しめの指導をする予備校、自分で律することができる人は独学でもいいでしょう。ここから先は自分自身で決めることが多くなるため、親への相談など、大人と話をして身の振り方を決めていくことをおすすめします。

全落ちしたときのメンタル回復方法

全落ちした場合、自分の至らなさや親に受験料を出してもらい、無駄にさせてしまったことへの後悔が出てきます。しかし、落ち込んでいても何も始まらないので、もっと努力をすべきだった、努力の方向性を間違えていたかもしれないと検証・総括を行うことをおすすめします。

大学全落ちという事実は慰めの言葉をどれだけかけられても変わりません。ならば、検証・総括で自分を見つめ直し、再発防止策を考えた上で浪人などの選択肢を選んだ方が合理的であり、生産性のある行動と言えます。

大学受験に落ちたかも?不安になってしまう場合の対処法

答案の回収の際にチラッと他の人のものを見たら全然違う、終わってからうっかりミスに気付くなど、様々な状況で大学受験に落ちたかも?と不安になることがあります。この時の対処法をご紹介します。

これまでの勉強量を根拠に自信を持つ

不安になる場合は、根拠となるものがないケースがほとんど。逆に、「自分はこれだけのことをしてきた」という根拠を見出すことができれば、不安を打ち消すことが可能です。「練習はウソをつかない」という言葉があるように、猛練習が自信になるのはスポーツの世界も受験の世界も同じです。1つのミスで不安になっても、その他でミスをしていなければ合格はできます。

終わったことは仕方ないと前を向く

うっかりミスをしてしまった場合、そのミスがなければ…という気持ちになるのは仕方ないことです。しかし、今更やり直すこともできず、終わってしまったことなので前を向くしかありません。むしろ後悔ばかりを考えてしまえば、それを引きずって別の大学の受験に影響を与えることも。終わったことは仕方ないので切り替えてしまうほか、ミスを犯さないように改めてミスをしたところの検証を行い、インプット・アウトプットを行いましょう。

笑い話にする

人間は誰しもミスがある一方、他人のミスほど面白いという部分もあります。話のネタとして昇華させ、笑い飛ばすぐらいがちょうどいいケースも。もちろん笑うだけでなく、もう二度と同じミスをしないという対策を立てた上で笑い飛ばしましょう。ミスを認め、検証を行いつつ笑い飛ばせるのはメンタルが強い人にしかできません。そのメンタルがあれば、心配になることはないでしょう。

大学受験に落ちたことはどうやって報告する?

大学受験に落ちることは本人だけでなく、周囲の人間も悲しみます。どのように報告をすればいいのか、相手別に解説します。

学校の先生に報告する場合

学校の先生の場合、淡々とその事実を伝えるのが確実です。大学受験に落ちるのは自分の責任であり、自分の至らなさが原因。学校の先生は何かしらの配慮を行い、気遣いまでしてくれていたはずです。そのため、配慮や気遣いに対する感謝の気持ちを伝えるほか、先生からの言葉を真摯に受け止め、報告前までに次の進路、方向性を定めて伝えておくのが礼儀としてあるべき姿でしょう。

少なくとも学校の先生に恨み節をぶつけ、「あなたの責任だ!」みたいなことは言わないようにしましょう。中には説教のようなことを言う先生もいるでしょうが、言い返したところで不合格の事実は重く残るので、悔しくても全てを受け止め、その先の人生で巻き返せれば何の問題もありません。

親に報告する場合

親に大学受験の受験料や交通費を出してもらい、浪人する場合はその時の費用まで出してもらう人が多いでしょう。そのため、申し訳ないという気持ちを最初に伝えましょう。親の立場からすれば、至らない部分が見えていてもあえて言葉をかけていないケースもあります。この機会に思いの丈をすべてぶつけられることもあるでしょう。この時も全てを受け止めて、長い人生の中で恩を返していくことを誓ってください。その姿勢が見えれば、親もすぐ応援に回ってくれるはずです。

友達に報告する場合

友達に報告する場合は、大学に落ちたことを淡々と伝えるだけで十分です。自分の至らなさを友人に伝える必要はなく、逆に本音を吐露して慰めてもらった方がいいでしょう。気を付けたいのは、一緒に受験した友人が合格し、自分だけが落ちた場合。当然友人はその事を知っており、気まずさがあります。この時はできるだけ笑い飛ばし、先輩についていきますとネタにしてしまうのが楽でしょう。

塾の先生に報告する場合

塾の先生に報告する場合も、学校の先生と同じような心境で報告しましょう。学校と塾の違いは、お金を出して塾に通っている点。塾にも自分たちの至らなさがあり、親に対する申し訳なさが生じます。先生は悪くない、自分が悪かったという姿勢を示すのがある種の礼儀です。また浪人をする場合、再び塾にお世話になるケースも出てくるので、塾側も気合が入り、指導が熱を帯びるかもしれません。それをうまく活用し、二人三脚で浪人からの逆転を目指す手もあります。

まとめ

大学受験に落ちることは、20年弱の人生で最初の挫折になる人も多いでしょう。それをきっかけに長い人生に暗い陰を落とす人もいます。反対に、大学受験の失敗をバネに飛躍を遂げる人も。要するに、受験に落ちることは心持ち次第で毒にも薬にもなってしまうということ。検証と総括を行い、自分の至らなさを反省して改善に力を入れ、強い気持ちを持って前を向く、この気持ちさえあれば再度の受験だけでなく、人生においてもたくましく生きていくことにつながるでしょう。