学び

【青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済】傾向と対策を徹底解説

2021.06.27

「経営学部の政治経済の政治経済の傾向は?」
「経営学部の政治経済の政治経済の対策を知りたい!」

この記事ではこのような疑問を解決します。

具体的には
・青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の入試情報
・青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向と対策
・青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめの参考書
・青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の過去問情報
を解説します。

8分くらいで読めるのでぜひ一読ください。

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の入試情報

入試の基本情報を間違えると、取り返しのつかないことになります。

配点や試験時間など青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の入試情報を解説します。

基本情報

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の試験時間は60分。大問数は4題でマークシートでの解答になります。

標準的な問題量と解答形式といえます。

青学地球社会共生学部の政治経済の配点情報

青学地球社会共生学部の政治経済の配点情報を解説します。

地球社会共生学科・個別

国語総合or地理歴史or公民or数学:80点
外国語:100点
論述:120点(60分)
※外国語、地理歴史or公民or数学、国語総合は大学入学共通テストの点数

地球社会共生学科・全学部日程

外国語:150点(80分)
地理歴史or公民or数学:100点(60分)
国語総合:100点(70分)

地球社会共生学科・大学共通テスト利用

国語:100点
地理歴史or公民or数学:100点
外国語:200点

※全て大学入学共通テストの点数

出題範囲

出題範囲は政治・経済のすべての範囲。政治範囲から2題、経済範囲から2題のパターンが多く、まんべんなく出題されているので、偏りがあると大きく失点するでしょう。

問題量と時間配分

試験時間は60分で問題数は40~50問。試験時間は厳しいわけではないので、落ち着いて解いていけば問題ありません。

大問ごとの特徴

大問ごとの特徴を解説します。

大問1・大問2

大問1・大問2の特徴は経済範囲から出題されることです。

たとえば日本企業の現状と課題・新興工業諸国の動向が出題されています。

大問3・大問4

大問3・大問4の特徴は政治範囲から出題されることです。過去には幅広い分野からの小問集合や国際問題が出題されています。

聞かれる内容がマニアックではない分、幅広く聞かれるので穴のない勉強が大切です。

青学地球社会共生学部の政治経済は難しい?難易度・レベルを解説

青学地球社会共生学部の政治経済の難易度・レベルは易~標準です。

そのため基本的な語句を覚えた後はすぐに、実践に移れます。逆に政治経済に時間をかけすぎて、他の教科の勉強時間がなくならないように気をつけましょう。

青学地球社会共生学部の政経受験はありか?

青学地球社会共生学部の政経受験はありです。なぜなら難易度が高くないから。

暗記する語句のレベルもそこまで高くないため、初学者でも合格点を狙えるでしょう。

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向と対策

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向と対策を解説します。

経済理論・日本経済・国際政治の出題率が高い

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向1つ目は経済理論・日本経済・国際政治の出題率が高いことです。

青学に受かるためには政治・経済の全てに詳しくなる必要はありません。

青学で合格点さえ取れればいいのです。そのため頻出の分野を重点的学ぶことで、効率よく勉強できます。

具体的にはまず全範囲の基礎を押さえてから、経済理論・日本経済・国際政治の勉強時間を増やしていきましょう。

全範囲の基礎を押さえることで、珍しい範囲がでても大きな失点を押さえられます。

全てマーク式

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向と対策2つ目は全てマーク式であることです。

記述問題が出ないため、難易度は低くなります。その代わり年号を知らないと答えられない問題が頻出となっているため、意識して覚える必要があるでしょう。

時事問題が出題

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向と対策3つ目は時事問題が出題されることです。

時事問題は現代史と絡めて出題されることが多いです。

そのため時事問題を学ぶ際は、出来事がなぜ起こったのかを意識して学びましょう。

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめの参考書

政治経済の参考書はたくさん出版されています。選択肢がたくさんあるのはいいことですが、その結果自分のレベルにあった参考書を選ぶのも難しくなっているのです。

もし自分にあっていない参考書を選べば、身にならず時間の無駄になってしまいます。

ここで解説する青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の勉強におすすめの参考書一覧を参考に、自分のレベルに合った参考書を選びましょう。

インプット系参考書

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのインプット系参考書を解説します。

きめる!センター政治・経済

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのインプット系参考書1つ目は「きめる!センター政治・経済」です。

この参考書はマーチレベルの力がつくインプットの参考書。センターと書いてありますが、私立受験にも使えるほど優秀です。

教科書はどこが重要かわかりにくいことがありますが、この参考書は見やすくまとまっています。

覚えるべき場所がすぐにわかるので効率的に学べるでしょう。

さらにスマホアプリと連動して勉強することも可能。ゲーム感覚で内容を覚えられたか確認できるので、知識が定着しやすくなります。

蔭山のセンター政治・経済

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのインプット系参考書2つ目は「蔭山のセンター政治・経済」です。

この参考書は
・政治・経済を初めて勉強する
・勉強に苦手意識がある
という人におすすめの参考書。

勉強のしやすさにこだわって作られています。

レイアウトは全てフルカラー。重要語句は大きな文字で書かれていたり、表や図でまとめられていたり、読みやすくする工夫がされています。

さらに解説も生徒と先生の対話形式で進んでいくので、まるで物語を読んでいるように勉強できるのです。

1ヶ月で1周できる分量ですので、繰り返し復習するようにしましょう。

大学受験受験スイッチが入る政治・経済基礎づくり

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのインプット系参考書3つ目は「大学受験受験スイッチが入る政治・経済基礎づくり」です。

この参考書は教科書レベルの重要語句のみを短期間で学べるもの。

なんとページ数はたったの80ページなので、1週間で1周できてしまいます。

内容は文章に空欄があり、それを埋めていく形式。空欄補充の右側には「深めよう!」というコーナーがあり、詳しい解説をしてくれます。

短期間で政治・経済の基礎を学びたい人におすすめの一冊です。

アウトプット系参考書

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのアウトプット系参考書を解説します。

共通テスト 政治・経済 集中講義

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのアウトプット系参考書1つ目は「共通テスト 政治・経済 集中講義」です。

この参考書はマーチレベルの問題が練習できるもの。

共通テストとありますが、内容はMARCHレベルまで扱っているので、青学にぴったりの参考書です。

内容は共通テストの重要な知識を50テーマに分けて出題しています。

1テーマ4ページの構成で、「テーマの要点整理」「ここが共通テストのツボだ!」「チェックテスト」に分かれています。

「このテーマのチェックテストだけ確かめる」というような使い方もできるので、苦手テーマを埋めることも可能です。

また別冊子で基礎知識を確認するための一問一答も付いてきます。

この参考書を即答できるまでやり込めば青学の政治・経済で合格点を取れるでしょう。

マーク式基礎問題集 政治・経済

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのアウトプット系参考書2つ目は「マーク式基礎問題集 政治・経済」です。

この参考書は政治・経済のインプットをおえた人がまず取り組むべきアウトプット教材。

共通テスト形式で絶対に覚えておきたい基礎知識が問われます。

普通、政治・経済の設問は長く知ってる知識をうまく使って解答する必要があります。

そのため純粋な知識の確認には効率が悪いのです。しかしこの参考書では複雑な形式の問題は出されません。

「本当に抜けている知識はないのか」徹底して確認できます。

ここにある知識を完璧にしてから、難しい問題集に取り組むことで、成績は一気に伸びていくでしょう。

畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済対策におすすめのアウトプット系参考書3つ目は「畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集」です。

この参考書は大学入試の基礎から、MARCHレベルの問題が網羅された参考書。

内容は左側に問題、右側に解説が載っている形です。

空欄補充、グラフ、正誤問題など実際の入試に近い形式の問題が多いので、点数に直結しやすい作り。

だだし解説は必要最低限しかないので、もし不安な人は「マーク式基礎問題集 政治・経済」などの基礎的な教材を終わらせてから取り組みましょう。

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の過去問情報

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の過去問情報を解説します。

大学受験パスナビ

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の日本史の過去問情報1つ目は大学受験パスナビです。

大学受験パスナビでは)旺文社が刊行する「全国大学入試問題正解」を中心に過去問を配布しています。

条件は無料で会員登録するだけ。さらに解説までついています。

東進大学入試 過去問データベース

青学(青山学院大学)地球社会共生学部の日本史の過去問情報2つ目は東進大学入試 過去問データベースです。

東進大学入試 過去問データベースでは会員登録をするだけで185大学分の過去問が閲覧できます。

さらに最大25年分の過去問が見られるのです。近年のものだけでなく、昔の過去問を見れるのは非常にいいですね。

まとめ

ここまで青学(青山学院大学)地球社会共生学部の政治経済の傾向と対策を徹底解説してきました。

政治経済に才能は必要ありません。正しいやり方で勉強すれば、短時間で強力な得点源になる科目です。

ここで紹介した参考書を使い、確実に学力を伸ばしていきましょう。