学部解説

【⻘⼭学院⼤学経営学部】⼊試情報や受験対策などを徹底解説

2020.01.04

青山学院大学経営学部の概要

⻘⼭学院⼤学経営学部は、⻘⼭学院⼤学の中でも古い歴史がある経営学科とマーケティング学科の 2 学科から構成される学部です。経営学部は経営に関わる課題を⼤きな視点から解決すること求められる学問であり、経営にまつわる総合的な知識を⾝につけることが可能です。

企業が成功を収める上で重要なことは消費者の⾏動を促すことであり、マーケティングは最も重要なスキルと⾔っても過⾔ではないかもしれません。

青山学院大学経営学部の特徴

最前線のビジネスに授業で触れる

企業側の視点で考える「経営学科」と消費者の視点で考える「マーケティング学科」の 2 学科体制のもと、両学科が相乗的に学ぶことで⾼い⽔準の教育環境が⽣まれます。

また、インターネットの加速によって多様化する現代で、企業が直⾯する経営課題を解決できるような⼈材育成に⼒を⼊れています。

歴史と伝統によって不快マネジメント知識を身に付ける

経営学科は 50 年以上の歴史と伝統を持っており、経営における様々な能⼒を⾝につけることが出来ます。多様化するニーズによって求められる能⼒も変化しますが、経営学科では普遍的能⼒であるマネジメントにおける圧倒的な学びを知識と実践のもと学ぶことが出来ます。

”青山マーケティング”を学ぶ

マーケティング学科では情報の最先端である⻘⼭という⽴地を活かし、独⾃のマーケティング学である“⻘⼭マーケティング”を学ぶことが出来ます。

国際性と創造性を持つ⻘⼭で⽣まれるコミュニティづくりによって、消費者の視点に⽴つことでマーケティングの本当の姿を⾒ることが出来ます。

青山学院大学経営学部の学科紹介

経営学科

ビジネスの基礎であり発展でもある経営学・商学・会計学の 3 分野をバランスよく学ぶことで、より良い経営に必要な理論と実践的な技術を⾝につけることが出来ます。

3 年次からは卒業後の進路へ向けた実践的な科⽬を学ぶことで、⼤学卒業後に活かせる学びを深めていきます。実践的な科⽬は数多く存在し、経営において必要な会計・分析・戦略・実⾏など、全て⾃分次第で学ぶことが出来ます。

マーケティング学科

モノが溢れている現代で売れる商品には、他の商品にはない魅⼒が付加されています。⼈の感情を揺さぶるような「夢」を売るためのマーケティングを探求することがマーケティング学科の⽬標となっています。

夢を売るということは、消費者をブランドのファンにするということです。有名ブランドが⽣まれない⽇本においてブランディングを学ぶことは、夢を売るための第 1 歩になります。

青山学院大学経営学部のキャンパス情報

⻘⼭学院⼤学⽂学部が⽴地している⻘⼭キャンパスは、⽂化・情報の発信地である“渋⾕・⻘⼭エリア”に存在しており、都⼼の⽴地を⽣かした学術研究や⽂化創造の情報発信型キャンパスとされています。

正⾨からキャンパスに⼊ると存在する銀杏並⽊は、両脇の銀杏の⽊によって四季折々の彩りを⾒せます。また、クリスマス4週間前の⾦曜⽇には、銀杏並⽊を抜けた先にあるロータリーでクリスマスツリーの点⽕祭が⾏われます。

渋⾕駅から徒歩 10 分の位置に存在しているため、キャンパス周辺にはオシャレなカフェや飲⾷店が数多く存在し、“⼤学⽣らしい⼤学⽣活”を送る上で困らない好⽴地です。

青山学院大学経営学部の男女比率

⻘⼭学院⼤学経営学部の男⼥⽐率は 5.5:4.5(男:⼥)で、多少ですが男⼦学⽣の⽅が多く在籍しています。経営など将来的な⼈⽣に関わる学問、さらにビジネスサイドに興味を持つ学⽣は男⼦⾼校⽣が多いようです。

しかし⼥性の社会進出も増えているため、経営学部の男⼥⽐率が反対になる年も遠くないと考えられます。

青山学院大学経営学部の地方出身者の割合は?

⻘⼭学院⼤学経営学部の地⽅出⾝学⽣の割合は 6 割で、4 割が地元出⾝学⽣ということになります。

正確には地⽅出⾝者が 57%くらいのため、それほど⼤きな差はないということになります。やはり地⽅出⾝学⽣の割合が⼤きく、⻘学ブランドに憧れた上で、東京でのキャリアに憧れる⾼校⽣も多く存在すると考えられます。

青山学院大学経営学部の入試情報

ここからは⻘⼭学院⼤学経営学部の⼊試情報についてです。受験⽅式によって偏差値の違いなどがあるため、⾃⾝の興味がある受験⽅式について把握しておく必要があります。

青山学院大学経営学部の偏差値

⻘⼭学院⼤学経営学部の偏差値は 62.5〜65.0 となっており、受験⽅式によって偏差値は変化します。

経営学科・マーケティング学科ともに個別⽇程で受験する場合は偏差値 62.5、全学部⽇程で受験する場合は 65.0 という受験⽅式による差が⽣じます。

経営学部各学科における⼊試⽅式と受験科⽬・配点

経営学科

・⼀般選抜(個別学部⽇程)A ⽅式
共通テスト:外国語 50 点、国語 100 点、地理歴史または公⺠または数学 100 点
独⾃問題: 外国語 150 点

・⼀般選抜(個別学部⽇程)B ⽅式
共通テスト:外国語 50 点、数学 150 点、地理歴史または公⺠または国語 50 点
独⾃問題: 外国語 150 点

・⼀般選抜(全学部⽇程)
独⾃問題:外国語 150 点、国語 100 点、地理歴史または公⺠または数学 100 点

・共通テスト利⽤
共通テスト:外国語 100 点、国語 100 点、地理歴史または公⺠または数学 100 点

マーケティング学科

・⼀般選抜(個別学部⽇程)A ⽅式
共通テスト:外国語 50 点、国語 100 点、地理歴史または公⺠または数学 100 点
独⾃問題: 外国語 150 点

・⼀般選抜(個別学部⽇程)B ⽅式
共通テスト:外国語 50 点、数学 150 点、地理歴史または公⺠または国語 50 点
独⾃問題: 外国語 150 点

・⼀般選抜(全学部⽇程)
独⾃問題:外国語 150 点、国語 100 点、地理歴史または公⺠または数学 100 点

・共通テスト利⽤
共通テスト:外国語 100 点、国語 100 点、地理歴史または公⺠または数学 100 点

青山学院大学経営学部の倍率

⻘⼭学院⼤学経営学部の直近 3 年間の倍率が下記の表となっています。

学科によって多少の異なりはありますが、経営学科とマーケティング学科においては⼤きな違いはありません。経営について学びたいのか、マーケティングについて学びたいのか、学びたい学科を選択すべきですが、どちらも全体的に倍率は⾼いように感じます。

青山学院大学経営学部の教科ごとの入試対策(独自問題)

これまで⻘⼭学院⼤学経営学部の⼊試情報について書いてきましたが、ここからは具体的な⼊試対策をまとめていきます。また、今回は独⾃問題の対策のみを解説していきます。

外国語

特徴

従来の問題と変化する点はほとんどなく、英語の⻑⽂読解を中⼼にした基礎⼒・総合⼒が求められる問題のようです。また、経営学部ということもあり企業社会に関連のある思考⼒・表現⼒が求められる問題も出題されます。

サンプル問題では⾷品ロスが取り上げられたことから、環境問題なども出題範囲に⼊っていることが分かります。

対策・勉強法

従来通りの問題が中⼼になるため、英語の⻑⽂読解問題を中⼼に取り組み、スピーディな⽂章理解・⽂章構成を⾝につける必要があります。同じ問題を解いていると⾝につかない能⼒のため、他⼤学の過去問を活⽤することで、多くの⻑⽂に触れる機会を持つことが対策になります。

また、環境問題が取り上げられる予想から、新聞の記事を題材に⾃分で英語による論述を⾏うことも有効な対策になると考えられます。

まとめ

本記事は【⻘⼭学院⼤学経営学部】と題して、⻘⼭学院⼤学経営学部についてまとめました。⻘⼭学院⼤学経営学部は、これから社会に進出する学⽣が学ぶ学問として申し分ない学びを得ることが出来る学部となっています。

現代社会では 1 ⼈ 1 ⼈が経営者視点を持つことが求められていますし、消費者の視点に⽴てる社会⼈は企業からとっても重宝される存在です。

その中で企業側の視点である経営と、消費者側の視点であるマーケティングをどちらも学ぶことが出来る経営学部は、現代において最も実⽤的な学びに繋がる学部と⾔えるのではないでしょうか。

逆転合格を目指す人へ

Recommended.