学び

早慶上智への合格実績が多い塾はどこ?おすすめの塾5選も紹介

2021.03.28

私大最難関の大学群である早慶上智。自力で早慶上智に合格できるのが一番いいですが、独学で早慶上智を目指すのは大変です。そのため、塾や予備校を活用して早慶上智を目指すのが一般的です。

今回は早慶上智の合格実績が多い塾や塾選びのポイント、おすすめの塾などをご紹介してまいります。

早慶上智への合格実績が多い塾ランキング

早慶上智への合格実績が多い塾はどこか、ここでは「塾・予備校比較ナビ」の早慶上智合格実績ランキングをベースにランキングにまとめました。

現役生の合格実績が多い塾

第5位:Loohcs志塾

Loohcs志塾は、早稲田を中心に割合を高めている推薦入試、AO入試対策を得意とする学習塾です。推薦入試、総合型入試で合格を勝ち取るための対策に長けており、東名阪を中心に全国展開を行っています。

第4位:早稲田塾

早稲田塾は現役生を中心に据えた予備校です。小論文対策を始め、早慶上智対策につながる講座が多く、推薦入試対策にも力を入れており、様々な角度から早慶上智合格のアプローチを図り、着実に実績を重ねます。

第3位:栄光ゼミナール

栄光ゼミナールは、個別指導とグループ指導、映像授業を一緒に行う予備校です。教科に応じて指導形態を選べるのが特徴で、得意な科目は集団で、苦手な科目は個別でと計画的に学習プランを立てていくことができます。

第2位:早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは、1日8時間の勉強が行えるように効果的に学習できるように講義や演習を行っていく予備校です。早慶大必勝コースを始め、難関大学合格に向けたコースが複数用意されているほか、最近ではコロナ禍もあって対面授業と双方向Web授業を選ぶことができます。

第1位:東進

東進は映像授業を活用し、高速学習が行える予備校です。東進ハイスクール、東進衛星予備校があり、地方都市でも都心部の学生と同じような質の高い授業が受けられます。映像授業がメインでも各校舎に担任がいて、質問があればすぐに返答があるなど、きめ細やかな体制も特徴的です。

浪人生の合格実績が多い塾

第5位:代々木ゼミナール

代々木ゼミナールは、比較的学費が安いのが特徴的な予備校です。年間の学費がだいたい40万円ほどで済み、最低限の授業だけを受けて自習室で勉強を行っていくやり方ができます。高校時代に代ゼミの模試を受け、その結果で入学金などが免除されることもあり、浪人した際に学費を抑えたい際に最適です。

第4位:武田塾

武田塾は、生徒の勉強の進捗状況を管理していく塾です。解く参考書を決めて、それを何回も解けるように進捗状況を管理、学習状況をチェックしていくのが特徴的です。全国各地に教室がオープンし、自力で勉強をやってもらう主体性を身につかせるには最適です。

第3位:トフルゼミナール

トフルゼミナールは、英語に力を入れた予備校です。近年の入試改革によって英語の外部検定試験利用入試が増えたことに対応し、4技能のスキルを磨く教育を行っています。最難関の早慶上智の英語対策にも力を入れ、結果につなげている状況です。

第2位:増田塾

増田塾は関東を中心に展開する学習塾です。浪人生は「増田塾・高卒館」で勉強を行い、1週間に1度の面談から1週間単位で学習プランを立てていくほか、難関私大の文系対策に特化するなど、確実に学力を高めて合格を目指せるようになっています。

第1位:駿台予備学校

駿台予備学校は浪人生に向けたカリキュラムに力を入れる予備校です。東大京大、早慶上智、それぞれの難関大学対策に長けているほか、浪人生へのサポートが非常に手厚いのが特徴的であり、受験勉強中にメンタルが不安定になりがちな浪人生をサポートします。

現役と浪人合わせた合格者が多い塾

第5位:グノーブル

グノーブルは東京をメインに展開する学習塾です。生徒1人1人の名前を覚えるなど、ユニークな方針を掲げる一方、学習が楽しくなるような指導を心がけており、モチベーションを維持しながら意欲的に取り組んでもらえる環境を作り出しています。

第4位:Z会

Z会は、難関大学を目指す学生向けの学習塾です。元々通信教育を手掛けていたZ会が教室運営に乗り出し、東京や大阪などで展開しています。集団授業や映像授業など様々な授業形式があるほか、通信教育で培ったノウハウを惜しみなく出しており、信頼を集めます。

第3位:東進

全国に展開する東進。林修先生など全国的に知られる講師が数多く在籍するほか、1万種類もある授業が映像配信され、自宅で受講したり、1.5倍で視聴したりしてより効率的な学習が行えるなど、生徒のやる気次第でいくらでも学習でき、成績を伸ばせられる環境が整っています。

第2位:駿台予備学校

予備校の歴史として長く実に100年以上を誇る駿台予備学校。東大京大合わせて3000人近く、早慶では6000人以上の合格者を輩出するなど、その規模はトップクラス。90分授業が多い中であえて50分授業とし、集中力を最優先する取り組みが実を結んでいます。

第1位:河合塾・河合塾マナビス

河合塾・河合塾マナビスは、予備校の中で最も大手で、講師の質が高いことでも知られています。ホームルーム制度を導入することで、主体性がまだない学生も安心して受験勉強に取り組めるなど、全てにおいて安心できる要素が見られることが、合格実績につながっています。

早慶上智合格のための塾正しい選び方

早慶上智に合格するためにはどんな塾を選んでいけばいいのか、正しい選び方について解説します。

合格実績の数に騙されない

先ほどは合格実績を基にランキングをご紹介しましたが、中には色々なものをカウントして水増しを行っているケースもあります。比較サイトでは注釈がつけられ、高卒生はカウントしない、体験授業や講習のみの学生は実績から除外するなどと書かれた予備校、学習塾は水増しの可能性は少ないでしょう。どのようなルールで合格実績がカウントされているのか、わかりやすいところを選ぶのがおすすめです。

学力レベルの合っている塾を選ぶ

予備校によっては医学部受験専用や難関大学受験メインのところがあり、例えばゼロから早慶を目指すような浪人生ではギャップがあるケースも出てきます。ゼロからコツコツと勉強していきたい、もしくは早慶合格に向けて高いレベルで学習を行いたいなど自分自身の学力レベルに見合った塾を選んでいくと、ミスマッチの可能性を低くすることができます。

塾の雰囲気が合う塾を選ぶ

世間的に素晴らしい塾に入ったとしても校風が合わないことを理由に塾を辞めてしまうケースがあります。まず体験授業を受けるなどして、塾の雰囲気を確かめるのがおすすめです。特に苦手科目を克服する場合に雰囲気が合わない中で奮闘するのは厳しいでしょう。雰囲気がマッチするかどうか、必ずチェックすることをおすすめします。

自分に合った指導形態の塾を選ぶ

予備校といえば対面授業が一般的ですが、地方にある大手予備校は都心の校舎での授業を放映する映像授業がメインです。また個別指導タイプもあり、色々な指導形態の塾があります。自分に合った指導形態が展開される塾で、学力を伸ばしていき、無理なく勉強に取り組んでいくのが理想的です。

担任制、チューターのいる塾を選ぶ

もし自分で学習計画を緻密に立てられ、厳格なまでに徹底管理ができれば、独学で早慶上智を目指せるでしょう。しかし、そこまでできる学生は少数派。ある程度の管理、叱咤激励を専門的な立場からできる担任、チューターの存在は受験生には必須です。自分ですべて行えるのが理想ですが、着実に自主性を高めていくには担任やチューターを活用するのが効率的です。

早慶上智に合格できる塾の特徴とは?

早慶上智に合格できる塾にはどんな特徴があるのか、詳しく解説します。

個人に合った最適な計画を立ててくれる

早慶上智に合格するには、必要不可欠な知識、スキル、ノウハウなどがあり、これらを詰め込むために計画的に取り組む必要があります。現時点の能力に見合った効率的なやり方を見つけ出して、それをベースに計画を立てていき、遂行していくことでレベルアップが図れます。ノウハウがないと最適な計画は立てられないので、この部分に力を入れる塾はかなりおすすめです。

計画だけでなく実行もサポートしてくれる

計画を立てただけで早慶上智に合格できる学力は手に入りません。実行しなければ意味がないからです。では、いかに計画を遂行できるか、その部分もしっかりと考えられている塾がいいでしょう。進捗管理を見るためにテストを行うなど、本当に計画を遂行しているのかを確かめ、やっていなければ何かしらの仕掛けを用意しておけば、生徒たちはやらざるを得ないようになります。

「わからない」を100%解決してくれる

早慶上智を目指すにあたって、わからないことだらけになるのが普通です。そして、基礎からやり直す際にはわからないことを完全になくしていくことが重要となります。この「わからない」を完全になくす、100%解決してくれる塾がおすすめです。個別指導で徹底的に解決を目指す、質問がしやすい環境を用意して自発的に質問できるようにするなど、わからないことをなくす環境が整っているかどうかも大事な要素です。

早慶上智合格におすすめの塾5選

早慶上智合格に向けておすすめの塾にはどんなところがあるのか、5つの塾をご紹介します。

FAST-UP青学塾

FAST-UP青学塾は、逆転合格特化塾としてゼロから青山学院大学を目指すことができる学習塾です。学生それぞれに個別のカリキュラムを作り、その日に何をやればいいのか、「やることリスト」を作り、指示を出してもらえます。質問は365日24時間対応するほか、個別指導や毎日のテストなど、進捗状況の管理やわからないことをなくすシステムが充実しています。青山学院大学を目指せる一方、メソッドが整っている分、早慶上智まで学力を伸ばすことも可能なので、青山学院大学やその上の早慶上智への逆転合格も夢ではありません。

早稲田塾

総合型選抜、推薦入試に力を入れる早稲田塾。大学入試改革にアジャストした指導を行います。「進路発見指導」では偏差値から志望校を見つけるのではなく、やりたいことから志望校を見つけてモチベーションを高い状態で維持できるようにするなど、塾からのサポートが整えられているのが特徴的。小論文対策や英語4技能対策など早慶上智対策も万全です。1日無料体験があるので、塾の雰囲気を知ってから受講することも可能です。

一橋学院

学力段階別授業を取り入れ、段階的に学力を高めていくことができる一橋学院。苦手な科目、得意な科目、それぞれに適したレベルから始められます。入試問題に特化した授業や講師からの個別指導、長い歴史の中で作り出したオリジナルテキスト、毎朝行われるテスト、定着度合いを確かめる復習テストなど、様々な形でサポートし、進捗状況をチェック。浪人生を対象とした学生寮も用意されており、真剣に早慶上智、東大京大を目指したい人にとってこれ以上ない環境が整えられています。

武田塾

授業をしないことを謳っている武田塾。自ら参考書をやり通して完璧を目指すことにより、学力の大幅アップを目指すほか、自主学習の癖が身につくのが特徴的です。その管理を行うのが武田塾の特徴で、所々でテストを行い、完璧にこなせるまで先には進ませないのもポイントです。自分で勉強し、独学が行えるノウハウを学ぶことで、学力を高めて早慶上智などの難関大学合格が現実味を帯びます。

河合塾

予備校の中でも最大手に位置する河合塾。河合塾が展開する模試は受験者が非常に多く、偏差値の信ぴょう性が高いのが特徴的です。数多くの講義があるほか、個人面談、保護者会など学習サポート体制が非常に充実するほか、学習サポートツールを活用して進捗状況が「見える化」され、頑張りや伸びの部分が具体的に示されます。チューターの存在も大きく、メンタル的なサポートも万全。迷いなく早慶上智合格を目指せるのがいいでしょう。

まとめ

早慶上智への合格実績が多い塾には、それだけの理由があります。一方で、高3だけで2000時間以上の勉強時間を確保しなければ早慶上智合格は難しく、自分自身で勉強を主体的に行う力は欠かせません。その力をつけていくための仕掛けを持つ塾に実績が集まるなど、どの予備校、学習塾に通えばモチベーションを常に出せるのかという観点で探してみるのもいいのではないでしょうか。