学び

大学受験に全落ちした女子が取るべき進路とは?親を説得して浪人する方法も解説

2021.10.21

「大学受験に全落ちしてしまった」
「どのような進路をとればいいわからない」

このような悩みを抱えている人も多いと思います。この記事では大学受験に全落ちした女子の悩みを解決します。

具体的には
・大学受験に全落ちした女子が取るべき進路とは?
・大学受験全落ち女子が浪人の際に親を説得する方法
・大学受験に全落ちした女子が逆転合格する方法
の順に解説します。

5分ほどで読めるのでぜひ一読ください。

大学受験で全落ちした人がすぐにやるべきこととは?進路パターンも解説

大学受験に全落ちした女子が取るべき進路とは?

大学受験に全落ちした場合、一番心配なのは今後の進路についてですよね。大学受験に全落ちした女子が取るべき進路は何があるのでしょうか。

全落ちした女子の進路選択肢とは?

全落ちした女子の進路選択肢を3つ紹介します。

浪人

1つ目の選択肢は浪人です。浪人は最も現実的な選択肢でしょう。

全落ちした人は現役時代「もっとこうしておけばよかった」ということがあるはずです。浪人はそのような反省を踏まえて一年間勉強し直せます。

成績をのばし、現役時よりも難易度の高い大学に合格することも夢ではありません。リベンジを果たせば自信に繋がりますし、良い選択肢でしょう。

就職

2つ目の選択肢は就職です。ただし就活の時期は過ぎているため早急な準備が必要です。就職支援サービスやハローワークに行き就活の相談をしましょう。

大卒と同じようにとは行きませんが、目線を下げることで就職できるはずです。

専門学校

3つ目の選択肢は専門学校です。専門学校に行けば専門的なスキルが身につくため就職で有利になります。

また一度、専門学校に通ってから大学に編入するという選択肢も。大学と就職の両方を見据えた進路です。

女子でも男子でも浪人して大学進学したほうが良い

ここまで全落ちした女子の進路選択肢を紹介してきました。全落ちしたあとの進路はいくつもありますが、おすすめは浪人です。

なぜなら浪人して良い大学に行けば、むしろプラスになるからです。例えば現役で日東駒専に言った学生と、一浪でマーチに言った学生ではどちらが評価されるでしょうか。

日本では一浪でもマーチに行った学生のほうが評価されます。全落ちは浪人で頑張ることによって全くマイナスではなく、プラスに変えていけるのです。

大学受験で全落ちして浪人できない場合はどうする?全落ちしない出願戦略も解説

大学受験全落ち女子が浪人の際に親を説得する方法

自分が浪人したいと思っても実際にお金を払ってくれるのは親です。そのため浪人するには親の説得が必須。

ここでは大学受験全落ち女子が浪人の際に親を説得する方法を3つ解説します。

浪人したい理由を書き出す

まずは浪人したい理由を書き出しましょう。親を説得させるためには「なぜ浪人してまで大学行きたいのか」を伝える必要があります。

・大学で何をしようと考えているのか
・全落ちの体験は自分にどんな影響を与えているのか

これらのことを考え、自分の気持を明確にしましょう。

一年間の計画を見せる

親は「浪人させても本当に受かるか」不安です。全落ちしているならばなおさらその気持ちは強いはず。

そこで一年間の計画を見せましょう。

例えば
・8月までに英語のこの参考書を終わらす
・12月以降は過去問に取り組む

などどのように合格するのかを示すのです。さらに熱量を持って説明すれば本気やる気なのだと応援してくれるでしょう。

譲歩する

親を説得する場合、どうしても話が進まなくなることもあると思います。そんなときは譲歩しましょう。

譲歩することで、親は子供の意見を受け入れやすくなります。ポイントは親が反対する原因に対して譲歩してあげること。

例えば費用が原因で反対しているならば
・お金は働いてから返す
・バイトをしながら浪人をする
など譲歩できます。

大学受験に全落ちした子に親が取るべき行動とは?子の親への伝え方も解説

大学受験に全落ちした女子が逆転合格する方法

大学受験に全落ちした女子が逆転合格する方法を解説します。

大学受験に使える時間をすべて使う

大学受験に全落ちした女子が逆転合格する方法1つ目は大学受験に使える時間をすべて使うことです。

なぜなら浪人は本気でやらないと成功しないから。実は浪人は第一志望合格率が1割と言われるほど成功させるのが難しいのです。

そのため日中の勉強はもちろん
・移動時間はリスニングで勉強する
・休み時間に単語帳を見る
などスキマ時間も使ってくことが大切です。

復習をとにかく重視する

大学受験に全落ちした女子が逆転合格する方法2つ目は復習をとにかく重視することです。人の記憶は復習しないと定着しないようにできています。

例えば「昨日やった勉強内容を5分くらいで説明してみて?」と言われたら説明できるでしょうか。

多くの人はできないはずです。目安としては2週間に3回反復すると記憶は短期記憶から長期記憶に移行します。

反復重視の勉強をしていきましょう。

早めのスタートダッシュを切る

大学受験に全落ちした女子が逆転合格する方法3つ目は早めのスタートダッシュを切ることです。

実は受験の合否が発表されたあとの過ごし方で、合格できるかどうかが決まってきます。例えば
・3月は遊んで、4月から勉強する生徒
・受験におちた、次の日から勉強する生徒
ではどちらの学生が浪人を成功させる1割に入るでしょうか。

当然、後者ですよね。浪人すると決めたその日から受験勉強を開始するようにしましょう。

大学受験で全落ちする人の割合はどれくらい?なぜ全落ちしてしまうのかも解説

まとめ

ここまで大学受験に全落ちした女子が取るべき進路や親を説得して浪人する方法を解説してきました。

特に重要なポイントをまとめます。
・全落ちしたら浪人して逆転合格を目指すべき
・親を説得するには「なぜ浪人したいのか」を明確にする
・逆転合格するには大学受験に使える時間をすべて使う
大学受験に全落ちしたことは確かにショックです。しかしその後の行動で全落ちの過去はプラスにもマイナスにもなります。

この記事で紹介した進路を参考にベストな選択肢を選びましょう。

大学受験に全落ちした女子が取るべき進路とは?親を説得して浪人する方法も解説

Recommended.