学び

現役で全落ちした人は浪人すべきか?浪人を成功させるためのポイントも解説

2021.10.11

「現役で全落ちしたけどどうすればいいんだろう」
「浪人するか悩む...」

現役で全落ちしてしまった場合、どうすればいいか途方にくれてしまいますよね。

受験は大きなイベントですから、心のショックも大きく、自分で冷静な判断をすることは難しいはずです。

この記事では現役で全落ちしてしまった人の疑問を解決します。

具体的には
・現役で全落ちってあり得る?
・現役で全落ちした人は浪人すべきか?
・現役全落ち勢が浪人で成功するためのポイント
・そもそもなぜ現役で全落ちしてしまうのか?主な理由5選
・そもそも現役時に全落ちしないためにできること

6分くらいで読めるでぜひ一読ください!

現役で全落ちってあり得る?

現役で全落ちはあり得るのでしょうか?

現役での全落ちは結構起こりうる

結論から言うと全落ちは結構起こりえます。私の友人にも、現役で全落ちした人間が2人いました。

これを全国規模で考えるとかなりの人数が全落ちしていると思われます。

現役での全落ちがあり得る理由

現役での全落ちがあり得る理由を3つ解説します。

自分の実力を過信する

現役で全落ちがありえる1つ目の理由は自分の実力を過信するからです。たとえば先程、紹介した2人の友人が現役で全落ちした理由はまさにこれ。

彼らも自分で言っていましたが原因は「自分を客観的に見れていなかった」こと。

例えば「毎日10時間勉強してるのだから成績は伸びているはずだ」という考え。これは自分をを客観的に見れていないよくあるパターンでしょう。

自分の実力を客観的に見るには
・模試を受ける
・過去問をとく
など「テスト」をして客観的情報である点数で見る必要があります。

しかし「自分は大丈夫だ」と過信してしまうのです。自分の実力を過信することは現役で全落ちしうる立派な理由になります。

たくさん受験しても受かるわけではない

現役で全落ちがありえる2つ目の理由はたくさん受験しても受かるわけではないことです。受験問題は大学側が長い時間をかけて本気で作っています。

そのためたくさん受験すれば1つくらい受かるだろうという思考は通用しないのです。しっかりと自分の実力をつけていく必要があります。

間違った勉強法では伸びない

現役で全落ちがありえる3つ目の理由は間違った勉強法では伸びないことです。受験勉強は長時間勉強することも大切ですが、正しい勉強法で学習したかがより重要です。

そのため「10時間勉強したからこのくらいの大学なら受かるだろう」と思って受験したら落ちるということになるのです。

全落ちしないためにも正しい勉強法を学ぶのは必須です。

現役で全落ちした人は浪人すべきか?

現役で全落ちした人は浪人すべなのでしょうか。

現役で全落ちした人は浪人すべき

現役で全落ちした人は浪人すべきです。

現役時に全落ちした人が浪人したほうが良い理由

現役時に全落ちした人が浪人したほうが良い理由を3つ解説します。

大学入試に慣れた状態で受験できる

現役時に全落ちした人が浪人したほうが良い理由の1つ目は大学入試に慣れた状態で受験できるからです。

1年間の受験勉強をしてきた中で、「あのときこうしておけばよかった」という反省点があるはずです。

浪人すればその反省点を踏まえた上で学習できます。これは現役生にはない大きなメリットでしょう。

1年間勉強すれば良い大学に行ける

現役時に全落ちした人が浪人したほうが良い理由の2つ目は1年間勉強すればよりよい大学に行けるからです。

現役生のときは
・夏まで部活がある
・学校の行事がある
などどうしても学校生活を行う必要があります。

しかし、浪人生はすべての時間を大学受験に使えるのです。現役で受験した大学よりも良い大学に行ける可能性は十分にあります。

成功体験が積める

現役時に全落ちした人が浪人したほうが良い理由の3つ目は成功体験が積めることです。

現役で大学に全落ちしたことはとてもショックな事でしょう。人によっては一生コンプレックスになる可能性もあります。

しかし浪人を成功させれば、「困難を乗り越えた」という成功体験です。受験をプラスの出来事に帰るためにも浪人は良い選択肢でしょう。

浪人に向いていない人もいる

ここまで浪人すべき理由を解説してきましたが、中には浪人にむいていない人もいます。それは意思が弱い人です。

実は浪人の第一志望合格率は1割ほどと言われています。それくらい浪人は根気と、意志力がいるのです。

自分に甘く、だらだらとした1年間を過ごしてしまう可能性が高いでしょう

浪人してマーチ全落ちってどうなの?もう1浪すべきかも解説

現役全落ち勢が浪人で成功するためのポイント

現役全落ち勢が浪人で成功するためのポイントを解説します。

はやめのスタートダッシュを切る

現役全落ち勢が浪人で成功するためのポイント1つ目は、はやめのスタートダッシュを切ることです。

多くの浪人が決まった人は、現役生の友達と一緒に3月を遊ぶなど、ゆっくりして楽しむでしょう。

しかし受かる1割の浪人生は落ちたその日から勉強します。実際に現役で前落ちした友達は浪人して第一志望に合格しましたが、同じことを言っていました。

3月、4月に勉強をすることで、5月の模試でいい結果をだせ勉強が楽しくなるそうです。

浪人を絶対成功させたいという人は早めにスタートダッシュをきりましょう。

危機感を持つ

現役全落ち勢が浪人で成功するためのポイント2つ目は危機感を持つことです。人が努力するためには脳に重要度が高い仕事だと認識させる必要があります。

そのためには危機感を持つことが重要です。

具体的には
「自分は現役で前落ちした。もうやるしかないのだ」
ということを忘れないようにしましょう。

生活習慣を整える

現役全落ち勢が浪人で成功するためのポイントは生活習慣を整えることです。なぜなら生活習慣は勉強のパフォーマンスに直結しているから。

例えば夜寝る前にスマホを触ってYou Tubeやドラマを見てはいないでしょうか。

「昼、勉強頑張ったから夜はストレス発散」と考えているかもしれませんが、実は脳は休まっていません。

寝る前の2時間前からスマホを遠ざけて
・本を読む
・日記を書く
・家族との会話を楽しむ
などリラックスすることを心がけましょう。

浪人で全落ちして就職することは可能?全落ち時のおすすめ進路も解説

そもそもなぜ現役で全落ちしてしまうのか?主な理由5選

なにかに失敗したら原因を考えて改善することが大切です。そうしないとずっと同じことを繰り返してしまいます。

ここではそもそもなぜ現役で全落ちしてしまうのか、主な理由5選を解説します。

記憶の仕組みをわかっていない

現役で全落ちしてしまう理由の1つ目は記憶の仕組みをわかっていないことです。記憶は2週間に3回復習することで定着します。

しかし失敗する受験生の多くは復習しません。復習重視の勉強を心がけましょう。

アウトプットしていない

現役で全落ちしてしまう理由の2つ目はアウトプットしていないことです。

アウトプットとは問題を解く、自分で説明するなど情報を外に出すこと。

インプットは読んだり、聞いたり知識を頭にいれることです。知識はアウトプットをすることで、脳に「重要な知識だ」と認識させ記憶できます。

理想的な割合はインプットとアウトプットの割合が3:7であること。アウトプット重視の勉強をしましょう。

勉強量が少ない

現役で全落ちしてしまう理由の3つ目は勉強量が少ないことです。そもそも当たり前ですが合格する受験生はたくさん勉強しています。

自分に甘えず「勉強量では負けない」という心意気が大切です。

スマホに依存している

現役で全落ちしてしまう理由の4つ目はスマホに依存していることです。スマホは依存しやすく、付き合い方を間違えると受験を失敗させることになります。

・予備校に行っているときはスマホを持っていかない
・1年間スマホを解約する
などの工夫が必須です。

勉強しているつもりになっている

現役で全落ちしてしまう理由の5つ目は勉強しているつもりになっていることです。

勉強時間は長くても、机に座って別のことを考えていたらもちろん成績は伸びません。しかし別のことを考えることが癖になっている人は自分でなかなか気づかないもの。

まずは認識するためにも今日自分が行った勉強を毎日、メモしてみましょう。そうすることで勉強の中身に注目できます。

そもそも現役時に全落ちしないためにできること

そもそも現役時に全落ちしないためにできることを解説します。

基本を重視する

現役時に全落ちしないためにできることの1つ目は基本を重視することです。

受験で失敗するパターンとして、基本を固めないまま発展問題を解いてしまうことがあります。

しかし基礎を固めずに発展問題を解いても「頭が良くなった気がする」だけです。必ず基礎から勉強するようにしましょう。

目標を立てる

現役時に全落ちしないためにできることの2つ目は目標を立てることです。まずは自分の今の実力がどうかは横において、行きたい大学を決めましょう。

目標を持つことでモチベーションにつながります。おすすめは目標を毎日紙に書くこと。

毎日書いて脳に焼き付けることで、目標を意識して行動できます。

復習を重視する

現役時に全落ちしないためにできることの3つ目は復習を重視することです。復習することで記憶は定着します。

その際大切なのが「飽きてもやめない」こと。人は同じことをしていると飽きて新しいことをしたくなります。

しかしたくさんの参考書に手を出しても1冊を極めた人には勝てません。1冊を極めるのだという強い意志を持って取り組みましょう。

まとめ

ここまで現役で全落ちした人は浪人すべきか、浪人を成功させるためのポイントを解説してきました。

特に重要なポイントをまとめます。

・現役生は浪人すべき!
・浪人を成功させるには、はやめのスタートダッシュが大切!
・そもそも現役で全落ちしないためには基本を重視しよう!

現役で全落ちしたとしても、浪人を成功させればいくらでもプラスにできます。一年間、全力で勉強しましょう。

浪人で全落ちした時の進路はどうする?全落ちしないための対策も紹介

Recommended.