学び

【青学(青山学院大学)経営学部の英語】傾向と対策を徹底解説

2021.06.04

青山学院大学で現在進行形で展開する入試改革。経営学部でも入試形式が変わり、共通テストと、独自問題の英語の2本柱で合否が決まります。英語の傾向は果たしてどのようになっているのか。

今回は経営学部の英語にスポットを当て、英語の傾向と対策、おすすめの参考書などをご紹介します。

青学(青山学院大学)経営学部の英語の入試情報

独自問題は英語のみに絞られている経営学部。ここでは英語の入試情報をまとめましたので、ご紹介します。

基本情報

2021年度に出題された英語は、試験時間が90分で大問は5題、マーク式と記述式の併用です。大きな特徴は3択問題が中心となっており、選択肢が少ない点。一方で記述式では英訳や和訳、日本語での論述などバリエーションが豊富なため、時間配分のバランスを間違えると点数をかなり取りこぼす可能性を秘めます。長文もボリュームがあるので、総合力が問われるといっても過言ではありません。

青学経営学部の英語の配点情報

経営学科・全学部日程

350点満点中、英語の配点は150点です。

経営学科・個別A方式

400点満点中、英語の配点は共通テスト50点、英語の独自問題150点、合計200点です。

経営学科・個別B方式

400点満点中、英語の配点は個別A方式と同様、合計200点となっています。

経営学科・共通テスト利用入試

300点満点中、英語の配点は100点です。

マーケティング学科・全学部日程

350点満点中、英語の配点は150点となっています。

マーケティング学科・個別A方式

400点満点中、英語の配点は合計200点で、経営学科と同じです。

マーケティング学科・個別B方式

400点満点中、英語の配点は200点と経営学科の個別学部日程すべて同じです。

マーケティング学科・共通テスト利用入試

300点満点中、英語の配点は100点です。

出題範囲

独自問題の英語の出題範囲ですが、「英語の長文読解を中心として基礎力・総合力を問う問題(記述式問題を含む)」と書かれています。実際に2021年度では、英語長文の問題が4題あり、この傾向は続くでしょう。

問題量と時間配分

独自問題の英語の試験時間は90分と短めで、大問4題で英語長文がある以上、時間配分を間違えるとかなり厳しいでしょう。3択問題中心とはいえ、日本語の論述なども含まれており、問題量はかなりボリュームがあると思ってよさそうです。和訳や英訳なども含まれており、いかに素早く長文を読み解いて堪えられるかが問われるでしょう。過去には大問7題まで出され、そのうちの4題が長文読解。より濃厚になったと考えていいかもしれません。

大問ごとの特徴

大問1

大問1では英語長文が登場し、800語から1000語程度の長文が出てきます。2021年度の問題では空欄補充の3択問題が中心で、題名を問う問題も出てくるなど、設問そのものは軽めですが、最後に和訳問題が出題されます。かなり長めの一文を和訳するため、語彙力はもちろん、英文解釈などの技術も必要です。

大問2

大問2は英訳の問題が出題されます。2021年度では、ウイルスなど時事的な話題に触れており、それに関する英訳を応える形に。文章的に難しめで英訳に苦戦する可能性があり、ここでできるだけ時間を割きたいところです。

大問3

大問3は英語長文が出題され、大問1と比べると同じくらいか、若干長めです。3択は同じですが、問題文も英語のため、何を問われているのかを理解して答えなければなりません。大問1と比べると、必要とするエネルギーは多めになります。

大問4

大問4も英語長文ですが、2021年度は下線部の言葉を書き換えたら何を選べばいいか、適したものを答えさせる問題でした。単語や文法など総合的に問われるような形になっており、参考書などで類似した問題をひたすら解いて演習量を増やしましょう。

大問5

2021年度は英語長文プラス表の読み取り問題が出題され、英語以外の部分のスキルが問われるような形になっています。小数点以下1桁まで答えさせる問題から、本文を読まないとわからない論述問題など、パワーを使う問題が最後に待っていました。最初に一通り問題を読んで、論述などがあれば間違いなく時間を使うため、先に解くのもいいでしょう。

大問6

大問6では会話文問題が過去に出題されていました。2021年度は大問5までだったので、今後も大問5で終わる可能性がありますが、会話文問題はこれまで頻繁に出ており、登場する可能性は十分考えられます。

大問7

大問7は穴埋め問題が出題されており、2021年度では出てきていません。この部分を削って大問5題にさせている可能性もありますが、空所補充問題の対策も事前にしておきましょう。

青学経営学部の英語の難易度・レベルはどれくらい?

英語の青山と呼ばれるだけあって、一見すると難しそうですが、対策を事前に立てておけばどうにかなり、そこまで難しいわけではないという見方が広まっています。3択問題が大きく、記述の割合も絞られているのがその要因です。そうはいっても、対策なしに挑めば痛い目を見るのが普通。語彙力、文法力だけでなく、長文読解のスピード、正確性を高めなければ苦戦するのは確実です。

青学(青山学院大学)経営学部の英語の傾向と対策

経営学部入試ですばらしい結果を出すためにも、傾向と対策はしっかりと立てましょう。ここでは5つご紹介します。

単語・熟語問題

長文読解では注釈らしい注釈がほとんどなく、高いレベルでの語彙力が問われることになります。また書き換え問題など単語や熟語のスキルが必要となる問題も出てくるため、語彙力は他の学部同様、英検準1級レベルまで高めたいところ。熟語までしっかりと勉強できる単語帳を確保し、語彙力を高めていきましょう。

文法問題

文法問題は基本的なものが多く、そこまで難しいものは出てきません。ただ英訳などで文法力が問われる問題が多いため、注意が必要です。英作文対策にもつながる部分なので、基礎固めプラスアルファのところまで文法力を高めていきましょう。

読解問題(長文)

長文問題があまりにも多く、1つ1つに時間をかけていてはタイムアップになりやすいです。最初に問題文を読んでおいて、それから読み始めるなど、長文読解を解く上でのテクニックが問われます。語数の少ない長文問題を段階的に解いていく必要があるでしょう。

会話問題

会話問題は、今後出てくる可能性がある問題です。会話文で出てきやすい表現を中心に勉強していき、アウトプットを行っていくことが求められます。

自由英作文問題

現状では英訳メインですが、英訳で用いる言葉にも難しいものが含まれているので、まずは語彙力、文法力が問われます。そして、意味が通じる文章となっているか、自然な文章かも問われやすく、仮に自由英作文問題が出た場合に大切な要素となるでしょう。

青学(青山学院大学)経営学部の英語対策におすすめの参考書

英語で結果を出せないと合格は難しい青学の経営学部。英語の成績を高めていくのに必要な参考書をご紹介します。

単語・熟語対策

速読英単語

「速読英単語」は、文章に含まれた英単語を学んでいくことで覚えられる参考書です。1900語に厳選し、シリーズ化されたものと含めて、入試で登場する95%をカバー。音声を活用して覚えていくこともできるため、4技能を活用して基礎固めが行えます。

英単語ターゲット1900

「英単語ターゲット1900」は、効率的に単語を覚えられる参考書です。シンプルな例文にすることで単語の使い方を簡単に理解でき、覚えやすさにもつながっています。語彙力を高めるのに最適です。

文法対策

大学受験スーパーゼミ 全解説 頻出英文法・語法問題 1000

「大学受験スーパーゼミ 全解説 頻出英文法・語法問題 1000」は、入試で登場しやすい英文法、語法に関する問題をまとめた参考書です。学生が苦手とする問題を選びながらも、解説を充実させているので段階的に力をつけていくことができます。

英文法・語法 Vintage 3rd Edition

「英文法・語法 Vintage 3rd Edition」は、英文法や語法に関する知識を基礎から固めていける参考書です。問題を解くポイントをつかめるほか、解き方や間違いやすい答えなどを理解しながら、学んでいける1冊です。

読解(長文)対策

英文読解入門基本はここだ!

「英文読解入門基本はここだ!」は、文章の構造をつかみ、読解力を高められる参考書です。語彙力の基礎があることを前提にした本ですが、解釈の仕方がわかりやすく、どのように読み解いていけばいいかがわかります。

入門英文問題精講

「入門英文問題精講」は、英文読解に必要なスキルを理解し、入試問題を実際に解いていく参考書です。読解力に必要な文法などを解説しながら、英文読解に本当に必要な能力を磨いていきます。

英作文対策

決定版 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本

「決定版 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本」は、英作文作成には欠かせないルールと頻繁に出やすい表現を勉強して、実際に英作文を作っていく参考書です。原則を理解していく中でこれまでの英作文でダメだったところを修正できるので、英作文の作成能力が上がります。

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

「大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編」は、和文から英訳を作るために必要なことを理解していく参考書です。時制などを意識しながら組み立てていけるので、英訳する際のいいクセがつくようになります。

青学(青山学院大学)経営学部の英語の過去問情報

経営学部における英語の過去問はどこにあるのか。過去問が掲載されているサイトをご紹介します。

2021年度の英語の過去問

大学受験パスナビでは、2021年度経営学部の英語の過去問を収録しています。日本語訳なども細かく書かれているので、おおよその中身をつかめます。さらに詳しい解説を求める場合は、赤本をお買い求めください。

2021年度以前の英語の過去問

2021年度の問題が収録されていた大学受験パスナビですが、それ以前の英語の過去問は収録されていません。2020年度よりも前は収録されている教科がわずかなので、赤本でチェックするのが確実です。もしくは東進過去問データベースでも過去問が収録されているので、そちらで確認しましょう。

まとめ

経営学部の英語は初見だと面食らう内容ですが、傾向をつかみ、対策を立てれば怖いものではありません。あとは結果を残すためにも、語彙力から徹底してレベルアップを図り、演習問題を多くこなして解説を読み込み、英語の青山に臆することのない英語力を身につけましょう。