学び

大学群「SMART(スマート)」は流行らない?新たな大学群もご紹介

2021.05.13

早慶上智にMARCH、関関同立と様々な大学群が登場していますが、ここまでのバリエーションになったのは21世紀に入ってからと言われています。その中で新たな大学群として注目を集めそうなのがSMART。しかし、現状はあまり流行っていないようです。

上智、明治、青山学院、立教、東京理科で構成されるSMART、なぜ流行らないとされるのか、その理由や新たな大学群について解説します。

大学群「SMART(スマート)」は流行らないって本当?

早慶上理やMARCHを再編成した形のSMARTは本当に流行らないのか、その理由を解説していきます。

大学群「SMART」が流行らないと言われる理由

5校の構成に違和感があるから

先ほどもご紹介したように、上智、明治、青山学院、立教、東京理科の5大学で構成されているSMART。しかし、なぜこの5校なのかと明確に答えられる人は少ないでしょう。偏差値であれば明らかに上智が抜けており、わざわざ早慶上智からSMARTに変える必要はなく、東京理科大の存在も違和感を感じさせます。早慶上智やMARCH、関関同立などは偏差値がほぼ同じだから組めるのであり、偏差値の段階で違和感を感じるのは当然です。

大学側にさほどメリットがない

早慶上智やMARCHであれば既に知名度が高く、早慶上智レベル、MARCHレベルと答えればだいたいどのくらいの学力なのかがすぐにわかります。ところが、SMARTレベルと言っても知名度は低く、ピンとは来ません。大学側からすればSMARTになったところであまりメリットがなく、それなら早慶上智やMARCHのままで十分。大学側が乗り気でないもので流行るはずがありません。

学歴フィルターの問題

大学側は即戦力の社会人として送り出そうと大学時代から様々なアクションを起こし、できるだけ企業側にとって喜ばれるような人材を供給しようとします。しかし、企業側は容赦なく学歴フィルターをかけて、一定以上の学歴を持つ人物しか採用しない方向性にあります。MARCHもその例外ではなく、MARCHですらフィルターに引っかかるケースも。これを回避するためにSMARTを作ったとしても、その中身はほぼMARCHである以上、あまり意味をなさない可能性があります。

SMARTそのものが作為的

元々大学群のネーミングは予備校などが考え、合格実績の見栄えを良くするために作られてきました。言いやすいネーミングにするのが一般的で、SMARTもその1つ。上智であれば本来Jであるのに、ソフィアのSにしたり、Tの頭文字で始まる大学でMARCHの大学と組み合わせて違和感がないから東京理科にしたり、構成に作為的なものを感じさせます。この手の作為的なことに違和感を覚えるのが令和の若者。胡散臭さを感じてしまっても不思議ではありません。

現状で十分

現状の大学群はよく考えられており、現状の大学群に違和感を覚える人は少ないでしょう。現状で満足する人が多く、致命的な欠陥が見当たらない状況においてわざわざSMARTを設ける必要はないのです。現状で十分とする人が多い以上、わざわざSMARTを使おうとしないのは自然でしょう。

今のところ「SMART」は流行っていない

今の時点で早慶上智やMARCHを使わずにSMARTを使う人はかなり限られるはずです。要するに、SMARTは流行っていないと言っても過言ではありません。SMARTが受験生の間で流行っていないと断言できそうです。

「MARCH」「SMART」に次ぐ新たな大学群はある?

MARCHやSMARTなどの大学群がある中で、他にはどんな大学群があるのか、新しい大学群を中心に詳しく解説します。

同学立法中

同学立法中はSMARTに対抗して作られた大学群で、関関同立では同志社と立命館、MARCHでは法政と中央、そして学習院で構成されています。偏差値的には関関同立とMARCHは近い存在であり、違和感はありません。そこに学習院大学が加わることで難関私大の新たな大学群としてのイメージをつけることができます。

関関成成明

関関成成明はSMARTや同学立法中よりもやや偏差値では下に位置する大学群です。関関同立では関西と関西学院、そこにこれまで成成明学という大学群だった、成蹊と成城、明治学院を加えた5校で構成されています。知名度的にはMARCHなどには劣っており、新たな大学群で巻き返しを図る可能性が考えられます。

TOCKY

TOCKYは、旧帝大に準じた偏差値、難易度を誇る国立大学の大学群としてYouTubeのあるチャンネルで提唱された大学群です。筑波、お茶の水女子、千葉、神戸、横浜国立で構成され、これまでの築横千に神戸とお茶の水女子が加わった形です。旧帝大に準じた大学群をピックアップするべきという意図が隠されています。

MUSYC

大学の入試事情を取材しているAERAでは、MUSYCを提唱しています。今後重要性が増してくるデータサイエンス学部がある大学をまとめたもので、武蔵野大学、滋賀大学、横浜市立大学がまとめられています。偏差値的にはバラバラですが、データサイエンスに絞った大学群として注目を浴びる可能性があります。

早法明日東近

早法明日東近は、志望者が多い大学をまとめた大学群で、早稲田、法政、明治、日大、東洋、近大で構成されています。勢いのある大学とAERAで提唱されるなど、偏差値とは別のカテゴリーで括られていますが、偏差値の差は非常に大きく、SMART以上に定着するかは微妙です。

まとめ

新しい大学群についてネット上でネタ的に作られるなど、本当の実力を示すものとして用いられにくくなっている現状があるのは事実です。言葉遊び的に作られた背景もあるため、この傾向は今後も続くでしょう。しかし、SMARTなど実態を最大限表したものも少なくなく、現状は流行っていなくても今後のトレンドになる可能性は十分あります。