学び

大学群「SMART(スマート)」は遅れてる?今後流行りそうな総称も予想

2021.05.13

昭和の時代は早慶上智や関関同立ぐらいしかなかった大学群の名称。それが平成、21世紀と時間を経るごとにドンドン増えていきました。その中の1つにSMARTがあります。

そのSMARTが遅れてるというのはどういうことか。SMARTの状況、今後の展開、MARCHやSMARTよりも可能性がある大学群について解説します。

大学群「SMART(スマート)」が遅れてるって本当?

SMARTが遅れているとはいったいどういうことなのか、SMARTの成り立ちなどを解説します。

SMART大学の総称ができたのはいつ?

SMARTという大学群はそもそも誰が作ったのか、これは中学受験を専門に取り扱う雑誌「進学レーダー」で作られました。SMARTの合格実績で中高一貫校などの実績をチェックしているそうで、2019年に雑誌AERAが記事にまとめています。このため、少なくとも平成末期あたりにはSMARTという総称ができたことになります。

SMART大学は比較的新しい大学グループ

これからも分かる通り、SMARTはここ数年になって出てきた大学群であり、早慶上智やMARCHとは明らかに歴史が違います。中高生を抱える親世代であれば敏感に情報を察知し、その存在を知っているかもしれませんが、世間一般ではSMARTの存在はあまり一般的ではないかもしれません。

SMART大学以外の新たな大学グループ候補とは?

GMARCH

明治、青山学院、立教、中央、法政のMARCHに学習院が加わったのがGMARCH。学習院大学の偏差値はMARCHとさほど変わりませんが、昔からある大学のため、ブランド力が見られます。このため、MARCHと一緒になることで全体のブランド力が上がるような印象を受けます。

同学立法中

SMARTはMARCHの3大学が含まれていますが、SMARTには含まれていない法政と中央が加えられたのが同学立法中。残りの3校は同志社、学習院、立命館の3校。偏差値では同じようなところに位置しており、大きな差は見られません。関関同立とMARCHの中で大多数を占め、先ほどと同様、ブランド力の高い学習院が格を高めます。

JAW

JAWは上智大学と青山学院大学、早稲田大学で構成された大学群です。早慶上智を中心としていますが、偏差値をメインにしておらず、入試改革を行う3つの大学としての括り方が行われています。今後は偏差値以外での括り方が注目を集める可能性が出てきており、今まで以上に大学群が登場するかもしれません。

ISMART

ISMARTは、SMARTの5大学に国際基督教大学、ICUが加わった大学群です。国際基督教大学の偏差値は上智大学とほぼ同じでありながら、学部が少なくどの大学群にも加わっていない状況。そこで上智が加えられているSMARTにICUを付け加えることで、より偏差値的に妥当な形にすることができるという理屈です。

SMART+CH

SMART+CHは中央と法政が加わった大学群です。事実上MARCHに上智と東京理科を加えた形になっていますが、SMARTを考案した時期と比べ、法政と中央も改革を進めて人気回復が見られるため、再びSMARTに接近してきたことが背景にあります。

大学群「MARCH」は遅れてる?古い?これからの予想

1990年代に出始め、2000年代初頭に一般的になったMARCH。そのMARCHという括り方はもはや時代遅れなのか、解説します。

大学群「SMART(スマート)」は流行っていない

SMARTが出始めたのはここ数年の話で、予備校などでは頻繁に用いられるなど、徐々に世間にも浸透しつつあります。しかし、早慶上智やMARCHを凌駕するような存在になれるかどうかは微妙であり、現状では流行っているとは言えません。元々MARCHが一般的な存在になるまでにだいぶ時間がかかり、色々な大学群が出されていく中で洗練された結果がMARCH。SMARTにはそれがなく、まだ時間がかかりそうです。

今後もMARCHが使われる可能性が高い

少なくとも20年近く用いられ、当たり前のようにMARCHを使ってきた世代は今の10代から40代までと幅広く、いきなりSMARTに置き換わる可能性は高くないでしょう。習慣としてMARCHを使い続けてきた以上一変することへの拒否反応があっても不思議ではありません。このため、今後もMARCHが使われる可能性が高いでしょう。

大学群「SMART(スマート)」に次ぐ新しい大学グループを予想

SMARTのような大学群を作るとすれば今後どんな大学グループが出てくる可能性があるのか、新たな大学群の予想を行います。

ARIS

青山学院、立教、国際基督教、上智の4大学をまとめたARIS。英語教育に力を入れるほか、キリスト教系の大学としての括りをすることも可能です。偏差値的には立教と国際基督教がやや抜け出ているものの、青山学院と立教も負けていません。SMARTよりもより洗練された大学群として話題を集める可能性があってもおかしくないでしょう。

法中学成成

法中学成成は法政と中央、学習院、成蹊、成城を組み合わせた大学群です。偏差値ではそこまで差がなく、成蹊と成城は偏差値60の学部もあるなど、法政や中央とさほど変わりません。成城や成蹊、学習院は附属小学校があり、エスカレーター式で一気に大学まで行けるのも特徴的です。

日東明学

日東明学は日大、東洋、明治学院で構成された大学群です。東洋の経済学部が偏差値60を示すなど、成成明学と肩を並べる学部が出ているほか、日大も偏差値の平均で日東駒専の最上位にいます。明治学院も決して偏差値が下がっているわけではありませんが、日大と東洋の勢いに箔をつける意味で日東明学という大学群が出てきても不思議ではないでしょう。

まとめ

言葉遊びの印象もある大学群ですが、実際に予想をしてみると、しっかりとした理屈の中で作られていることがわかります。SMART自体は偏差値にバラつきがあるために現実味を感じませんが、偏差値が接近し始めた時に世に浸透していくことでしょう。