学び

【青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語】傾向と対策を徹底解説

2021.04.29

「青学教育人間学部の英語の傾向が知りたい!」
「対策は何をすればいい?」

このような疑問はありませんか。

この記事では上記の疑問を解説していきます。

具体的には
・青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の入試情報
・青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の傾向と対策
・青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語対策におすすめの参考書
・青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の過去問情報
の順に解説します。

8分くらいで読めるのでぜひ一読ください。

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の入試情報

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の入試情報を解説します。

基本情報

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の試験時間は100分。大問数は5題でマークシート・記述式での解答になります。

標準的な解答形式といえます。

青学教育人間科学部の英語の配点情報

青学教育人間科学部の英語の配点情報を解説します。

教育学科・全学部日程

外国語:150点(80分)
地理歴史or公民or数学:100点(60分)
国語総合:100点(70分)
合計:350点
合格最低点:279.0点

教育学科・共テ

外国語:100点
国語総合:100点
小論文:100点(70分)
合計:300点

※大学入学共通テストの『英語』と『国語』の合計点に基準点を設け、基準点に達した者のうち、「小論文」の得点の上位者を合格とする。

心理学科・全学部日程

外国語:150点(80分)
地理歴史or公民or数学:100点(60分)
国語総合:100点(70分)
合計:350点
合格最低点:275.0点

心理学科・共テ

外国語:100点
国語総合:100点
小論文:100点(70分)
合計:300点

※大学入学共通テストの『英語』と『国語』の合計点に基準点を設け、基準点に達した者のうち、「小論文」の得点の上位者を合格とする。

出題範囲

出題範囲は読解問題が3題、英作問題、語彙・文法問題が1題となっています。

問題量と時間配分

長文問題は1題が1200字程度、残りの2題が600字程度です。試験時間は100分なので、いかに長文を早く解くかが重要になります。

まず語彙・文法問題などの知識で得点できる問題を解き、その後長文を終わらせるようにしましょう。

青学教育人間科学部の英語の難易度・レベルはどれくらい?

青学教育人間科学部の英語の難易度は標準的。しかし英語の配点が大きいため、高得点を取りたいところです。

他の科目よりも優先的に勉強していく必要があるでしょう。

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の傾向と対策

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の傾向と対策を解説します。

単語・熟語問題

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の単語・熟語問題についてです。

青学では単語・熟語がそのまま聞かれます。完全な知識なので必ず得点したい問題です。

ポイントとしては前置詞がよく聞かれていること。

単語だけで覚えるのではなく、前置詞もセットで覚えるようにしましょう。

文法問題

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の文法問題について解説します。

文法はそれほど多く出題されるわけではありません。しかし文法は文章を読む上でも必要な知識です。

後に紹介するNextStageを繰り返し学習しましょう。

青学の文法はNextStageを完璧にすれば問題ありません。

読解問題(長文)

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の読解問題についてです。

長文は5題のうち3題も出題されます。必要なのは速読力。

しかしやみくもに多読しても読むスピードは上がりません。

まずは一文をゆっくりでいいから読めるようにしましょう。文章がゆっくり読めるようになってから多読すれば、スピードはどんどん上がっていきます。

英作文問題

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の英作文問題について解説します。

青学では長めの英作文が出題されます。そのため対策をしないと大きく失点しかねません。

後に紹介する英作文専用の参考書を使い、英作文の書き方を学んでいきましょう。

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語対策におすすめの参考書

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語対策におすすめの参考書を解説します。

単語・熟語対策

青学(青山学院大学)教育人間科学部の単語・熟語対策におすすめの参考書を紹介します。

システム英単語

青学(青山学院大学)教育人間科学部の単語・熟語対策におすすめの参考書1つ目は「システム英単語」です。

数ある英単語帳の中でシステム英単語を選ぶ理由は、MARCHレベルを受験する際もっとも効率的に勉強できるからです。

例えばミニマムフレーズ。ミニマムフレーズとは単語単体ではなく、短い文章に単語が含まれているもの。

単語の使い方も覚えられるので、一石二鳥です。

また別売りの音声を使い、1.2倍速で反復すればすぐに記憶に定着します。

青学の英語学習におすすめの一冊です。

速読英熟語

青学(青山学院大学)教育人間科学部の単語・熟語対策におすすめの参考書2つ目は「速読英熟語」です。

この参考書は全部で855個の英熟語が載っています。大学受験で必要な英熟語は、すべて網羅できる一冊です。

一問一答形式でシンプルな作り。レイアウトも最低限の情報に絞られているので、必要な知識のみを得られます。

先程紹介した、システム英単語と組み合わせれば、語彙力で劣ることはないでしょう。

文法対策

青学(青山学院大学)教育人間科学部の文法対策におすすめの参考書を紹介します。

大学入試 肘井学の ゼロから英文法が面白いほどわかる本

青学(青山学院大学)教育人間科学部の文法対策におすすめの参考書1つ目は「大学入試 肘井学の ゼロから英文法が面白いほどわかる本」です。

この参考書は、高校基礎までの英文法を最短距離で勉強できる一冊。

・高校の英文法をやり直したい
・コスパ良く英文法を習得したい
という人におすすめとなっています。

内容は0章が中学英文法の総復習、1〜11章が高校英語の内容です。

普通の参考書なら当たり前に使われている、用語も一から説明してくれるので、取り残される人はいません。

急いでやれば一週間で終わらせられる量なので、短期間で文法を学べます。

NEXTSTAGE

青学(青山学院大学)教育人間科学部の文法対策におすすめの参考書2つ目は「NEXTSTAGE」です。

この参考書は網羅的に知識を学べるので、内容を完璧にすれば英文法で困ることはないでしょう。

内容は以下です。<
> ・文法
・語法
・イディオム
・会話表現
・単語・語彙
・アクセント
・発音

文法とはいいつつ、イディオムや語法まであるので、強力な英語力が付きます。

ただし問題数は約1500個。しかも解説も詳しいのでボリュームはあります。

わからないところはすぐに答えを見て、何度も周回することが大切です。

読解(長文)対策

青学(青山学院大学)教育人間科学部の読解(長文)対策におすすめの参考書を紹介します。

入門 英文解釈の技術70

青学(青山学院大学)教育人間科学部の読解(長文)対策におすすめの参考書1つ目は「入門 英文解釈の技術70」です。

英語は単語と文法を習っても、完全に読めるようにはなりません。

構造を分析してSVOCを自分でふれるようになると、英語が読めるといえるのです。

この参考書は文章を分析して読解していく方法を練習できます。

見開き1ページで、左に長文、残りは解説の構成。

使い方としては、例文をコピーして自分なりにSVOCを書いてみましょう。そして答え合わせをして、正しい読み方をマスターしていくのです。

ポレポレ英文読解プロセス50

青学(青山学院大学)教育人間科学部の読解(長文)対策におすすめの参考書2つ目は「ポレポレ英文読解プロセス50」です。

この参考書をマスターすれば、大学受験のどんな文章も読めるようになります。

しかし例文は1文で3行あるほどの複雑な形。使うタイミングを間違えれば、時間の無駄になるでしょう。

「入門 英文解釈の技術70」をやり、時間に余裕がある人は取り組みましょう。

英語で高得点を取れる力がつきます。

英作文対策

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英作文対におすすめの参考書を紹介します。

大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

青学(青山学院大学)教育人間科学部の読解(長文)対策におすすめの参考書1つ目は「大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」です。

英作文にはコツがあります。つまり決まったパターンがあるのです。

例えば
結論→理由→具体例→結論
というパターンで作成すれば、自分の意見を上手に主張できます。

このように問題の形式によって、やることは決まっています。

それを丁寧に説明しているのがこの参考書。

問題形式ごとに解説されているので、どんな英作問題にも対応できるようになるでしょう。

大矢復 英作文講義の実況中継

青学(青山学院大学)教育人間科学部の読解(長文)対策におすすめの参考書2つ目は「大矢復 英作文講義の実況中継」です。

この参考書は講義をそのまま文章にしたスタイルが特徴的。

とにかくわかりやすく書かれているので、誰でも読みやすくなっています。

パート1では間違えやすい文法について。パート2では英作文でよく使う文法や単語を解説します。

パート3では実際にどうやって書いていくかを学べます。

一歩ずつ進んでいく形なので、取り残されることなく勉強していけるでしょう。

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の過去問情報

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の過去問情報を解説します。

大学受験パスナビ

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の過去問情報1つ目は大学受験パスナビです。

大学受験パスナビでは)旺文社が刊行する「全国大学入試問題正解」を中心に過去問を配布しています。

条件は無料で会員登録するだけ。さらに解説までついています。

東進大学入試 過去問データベース

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の過去問情報2つ目は東進大学入試 過去問データベースです。

東進大学入試 過去問データベースでは会員登録をするだけで185大学分の過去問が閲覧できます。

さらに最大25年分の過去問が見られるのです。近年のものだけでなく、昔の過去問を見れるのは非常にいいですね。

まとめ

ここまで青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語の傾向と対策を徹底解説してきました。

青学(青山学院大学)教育人間科学部の英語は
・単語・熟語問題
・文法問題
・読解問題(長文)
・英作文問題
と対策をしていけば、十分合格を狙えます。

ここで紹介した参考書を使って、効率よく勉強していきましょう。