学び

【青学(青山学院大学)文学部の国語】傾向と対策を徹底解説

2021.04.27

英語の青山でおなじみの青山学院大学。英米文学科は英語に力を入れていますが、他の学科では国語に比重を置く学科もあります。どの学科が国語に比重を置いているのでしょうか。

今回は青学文学部の国語にスポットを当て、入試に関する基本情報や傾向と対策、おすすめの参考書をご紹介します。

青学(青山学院大学)文学部の国語の入試情報

青学文学部の国語の入試はどのようなことになっているのか、入試情報をまとめました。

基本情報

一般入試で国語の独自問題を出すのは英米文学科の個別学部日程C方式、日本文学科の個別学部日程A方式とB方式です。英米文学科C方式における国語は試験時間が60分で、大問数は3題、マーク式と記述式の併用です。日本文学科は試験時間が90分で大問数は4題、こちらもマーク式と記述式の併用となっています。古文の問題が日本文学科が1つ多いため、大問数や試験時間に違いが出た形です。

青学文学部の国語の配点情報

英米文学科・全学部日程

350点満点中、国語の配点は100点です。

英米文学科・個別学部日程A方式

500点満点中、共通テストの国語100点のみです。

英米文学科・個別学部日程C方式

300点満点中、国語の配点は100点です。

英米文学科・共通テスト利用入試

400点満点中、共通テストの国語の配点は100点です。

フランス文学科・全学部日程

350点満点中、国語の配点は100点です。

フランス文学科・共通テスト利用入試

500点満点中、共通テストの国語の配点は200点です。

日本文学科・全学部日程

400点満点中、国語の配点は150点です。

日本文学科・個別学部日程A方式

350点満点中、国語の配点は150点を占めています。

日本文学科・個別学部日程B方式

250点満点中、国語の配点が150点と比重が高めです。

日本文学科・共通テスト利用入試

600点満点中、国語の配点は200点です。

史学科・全学部日程

400点満点中、国語の配点は150点を占めています。

史学科・個別学部日程

450点満点中、共通テストの国語が100点を占めています。

史学科・共通テスト利用入試

600点満点中、国語は200点です。

比較芸術学科・全学部日程

400点満点中、国語の配点は150点です。

比較芸術学科・個別学部日程

450点満点中、国語が占めるのは100点です。

比較芸術学科・共通テスト利用入試

600点満点中、共通テストの国語の配点は200点となっています。

出題範囲

独自問題が課せられる英米文学科と日本文学科の場合、出題範囲は英米文学科は漢文を除く国語総合、日本文学科は国語総合と古典Bが範囲です。日本文学科では漢文が出る可能性があるので、対策が必要です。

問題量と時間配分

現代文2題での文章量は多くて8000字程度ですが、文章量は年によってバラつきがあるのが実情です。古文も1000字以上になる場合があり、やや多めです。試験時間はさほど長くないため、スピーディに読み解くことが求められます。英米文学科の場合は大問3題で60分、日本文学科は大問4題で90分と1題あたりにかけられる時間が多いのが日本文学科。英米文学科の場合は1題20分で解くことになるので、15分で1題ずつ解き、残りの15分で見直しを行うような時間配分がおすすめです。

大問ごとの特徴

大問1

大問1は論説文が出されます。問いは10問以上あり、1問につき5つの選択肢から答えを選ぶため、共通テストに形式が似ています。ただ1つ1つの選択肢も長いため、絞り込むのに時間がかかる場合も考えられます。漢字の問題は少ないながらもあり、取りこぼしは避けたいです。

大問2

大問2では古文が出題されます。こちらも5つの選択肢から正解を選ぶ形式が目立ちますが、言葉の意味を問う問題を記述で答えさせるなど、すべてがマーク式ではありません。決して有名な題材が出されるわけではないので、古文単語や文法の知識を駆使し、初見への対応力が問われます。

大問3

大問3は現代文で、年によって論説や随筆などが出てきます。抜き出し問題が出てくることもありますが、ここも大問1と同じように選択問題が中心です。言葉の知識を問う問題が見受けられるので、言葉の知識をつけることが必要になってきます。

青学文学部の国語の難易度・レベルはどれくらい?

すべてがマーク式ではないものの、記述自体はそこまで多くなく、レベル的には共通テストの国語よりやや難しめぐらいかもしれません。記述問題のレベルが難しいとは言い難く、抜き出し問題などしっかりと文章を読めば解けます。英語の青山の象徴である文学部ですが、英語と比べれば国語は標準レベルと言えるでしょう。

青学(青山学院大学)文学部の国語の傾向と対策

英語と比べ、標準レベルの難易度とされる国語。ここではそれぞれの分野の傾向と対策をまとめています。

知識問題

漢字の読み書き問題などはさほど多くなく、知識問題も選択肢から選ぶ形式中心なので、言葉の知識などをしっかりとつけていけば点数を稼げます。難易度も標準レベルで、参考書などを活用して現代文で取り上げられやすい専門性の高い言葉などを覚えていくようにしましょう。

読解問題(現代文)

読解問題は文章量が多いため、時間切れにならないよう、スピーディに読み、問題に取り掛かるようにしましょう。5つの選択肢から選ぶ問題が多く、選択肢を消すのに手間取ることがあります。現代文のテクニックをフルに活用して取り掛かった方が点数に結びつきやすいため、参考書で解法を学ぶのがいいでしょう。

古文

オーソドックスなレベルに落ち着いており、古文単語や文法など基礎的な知識を叩き込んで、それをベースに演習量を確保できれば得点は狙えます。また古文における常識も問われやすいので、文学史などの知識問題の対策も必要です。

青学(青山学院大学)文学部の国語対策におすすめの参考書

知識問題や読解問題、古文それぞれの対策になるようなおすすめの参考書をまとめましたのでご紹介します。

知識問題

ことばはちからダ!現代文キーワード

「ことばはちからダ!現代文キーワード」は、現代文で登場するオーソドックスな単語や重要なワードをまとめた参考書です。現代文の内容をより深いところまで理解するために知っておくべき言葉が詰まっています。

現代文キーワード読解

「現代文キーワード読解」は、現代文の問題文で出やすいテーマごとにまとめられた参考書です。イラストなどを取り入れ、イメージしにくい言葉を視覚的に理解できるようになるなど、専門性の高い言葉を1つでも多く覚える際におすすめです。

入試 漢字マスター1800+

「入試 漢字マスター1800+」は語彙力アップに欠かせない言葉をまとめた参考書です。入試で登場しやすい言葉をまとめているほか、それぞれに意味が掲載されているので漢字対策だけではない使い方ができます。

読解問題(現代文)

入試現代文へのアクセス

「入試現代文へのアクセス」は、現代文が苦手な人が真っ先に取り組むべき参考書です。文章の構造や現代文の解き方を事細かに解説しており、全3冊で偏差値40から難関大学レベルまで引き上げることができます。内容理解、読み取り力を鍛えるのに最適です。

ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文

「ゼロから覚醒Next フレームで読み解く現代文」は、フレームワークを活用して現代文の読解問題に挑める参考書です。様々な型を設定しており、その型ごとに解き方を理解し、様々な角度から読解問題に挑戦できるようになります。

現代文読解力の開発講座

「現代文読解力の開発講座」は、問題文の要旨をまとめるなどして読解力を高められる参考書です。別売りになっている音声解説では作者自ら音声で解説を行い、朗読で解説を行うなど、予備校の授業を受けている感覚になりながら、現代文対策を行えるようになっています。

古文

読んで見て覚える 重要古文単語315

「読んで見て覚える 重要古文単語315」は、イラストなどを活用しながら重要な単語を覚えていくことができる参考書です。1つ1つの単語に関して語源がシンプルに掲載されわかりやすいのが特徴的です。古典常識などの解説が付録で行われるなど、多彩な活用法ができます。

古文上達 基礎編 読解と演習45

「古文上達 基礎編 読解と演習45」は、段階的に文法が学べる参考書です。文法の解説をしながら長文にも挑めるようになっており、学習した文法の知識を正しく活用できるかをチェックしながら取り組むことができます。

「有名」私大古文演習

「有名」私大古文演習は、MARCHレベルの問題が詰まった参考書です。解説がわかりやすく、採点も行えるため、自分の実力を端的に知ることができます。これをクリアしてから難関私大古文演習に挑み、結果を残せば、青学レベルに到達するでしょう。

青学(青山学院大学)文学部の国語の過去問情報

青学文学部の国語の問題を解きたい場合、どこをチェックすれば過去問が見られるのか、ご紹介します。

2021年度の国語の過去問

2021年度の国語の過去問ですが、大学受験パスナビですぐにチェックできます。著作権の関係で収録できない現代文などもありますが、2021年度に関しては1題も欠けることなく収録されています。

2021年度以前の国語の過去問

著作権の関係で収録できないものもあるため、すべて収録されているものを見つけるには赤本の購入をおすすめします。昔の過去問であれば東進が過去問の収録を行っており、会員になってチェックすることができます。

まとめ

国語のレベルは英語と比べるとそこまで高くなく、MARCH全体で見ても易しめであると評価する方もいます。しかし、現代文や古文に関して正しい対策を立てなければ苦戦します。全学部日程では合格者平均点が8割を超えるなど、一定の学力が必須です。そして、取りこぼすことのないよう、スピーディに読み、正確に理解する読解力を身につけていきましょう。