学び

早慶上智の世界史の傾向と対策!高1~高3の勉強法も解説

2021.03.28

文系の学生が早慶上智を受ける際、3科目目の選択科目に地歴を選ぶ学生がほとんどでしょう。その中でも日本史もしくは世界史が対象になりやすいです。今回ご紹介するのは世界史について。

早慶上智における世界史の傾向と対策、世界史の勉強法や参考書についてご紹介します。

早慶上智の世界史の傾向と対策を徹底解説

早慶上智ではどのような出題がなされるのか、世界史の傾向と対策をまとめました。

早稲田大学の世界史の傾向と対策

出題されるエリアは傾向が出やすい

世界史において、人間科学部や教育学部は中国史が出やすいなど、バランスよく出題する学部と特定の歴史が頻出で出やすい学部が存在します。そのため、受験する学部によっては強化すべき部分が違うケースも。大学単位ではなく学部単位で対策を立てるべきです。

出題される年代はバラバラ

学部によって出題される年代がバラバラになりがちです。近現代を積極的に採用するところもあれば、バランスよく出題するケースもあります。また時事的な問題を出題するケースも。時にガラッと変えてくることもあるので、特定の年代だけを勉強するようなことは避けたいところです。

論述に注意

複数の学部で世界史に関する論述問題が出題されます。文字数は学部によってことなりますが、完全に自由なものから、用意された言葉を活用して説明するものなど様々。自分の言葉で要約する練習を重ねておく必要があります。

慶應義塾大学の世界史の傾向と対策

通史は必須、それぞれの時代別に細かく掘り下げる

英語などが難しいと他の科目は標準レベルにしてバランスをとることがありますが、慶應、特に法学部に関してはむしろかなり難しい設定にしています。そのため、教科書を完璧にすれば好成績が狙えると断言しにくいです。通史で学んでいくのは当然、それぞれの年代で掘り下げて、細かく学習しないと太刀打ちできません。

現代史が出やすい

早稲田は学部によって頻出の時代が違うことをご紹介しましたが、慶應に関しては現代史が出やすくなっています。現代史がメインとなり、その中で細かな知識が問われます。戦争以降の歴史など学校では軽視されるところを狙い撃ちにしているとも言えるため、対策が必要です。

時間切れに注意

慶應の経済学部では試験時間が80分、そのうち問題がだいたい40問あたりで、大問それぞれに論述問題が用意されています。単純計算で1問あたり2分ですが、論述で一定の時間を確保しないといけないとなれば、選択問題では1分あたりで解かないと間に合いません。スピーディに解いていく事が求められ、それを可能にする知識量、演習量が問われます。

上智大学の世界史の傾向と対策

正解のない問題が出てくる

通常、4択ないし5択の問題では、この中から正解を1つ選ぶもしくは間違っているものを選ぶのが一般的です。しかし、上智の場合は選択肢の中に正解が1つもない問題が含まれています。正確に知識を入れていなければ対応できないため、いかに正確な知識を学んでおくかがポイントになります。

並び替えなどに気を付ける

共通テストなど、複数の年代に関する問題が出され、それに関する並び替え問題が欲出てきます。このような並び替えを結構出してくるのが上智大学。歴史は通史で理解していくのがベストですが、試験問題を通じて、通史で理解しているのかを確かめていると考えた方がよさそうです。

地図問題に注意

上智では地図問題が出やすく、地理的な知識も入れておく必要があります。過去には緯度経度に関する問題が出され、地理で出されるような問題に答えなければなりません。資料集を活用し、地理的な知識をインプットしていくのがいいでしょう。

早慶上智の世界史で高得点を取るための勉強法

世界史で高得点を狙うにはどんな勉強法をすればいいのか、高1から高3までの勉強法をご紹介します。

高校1年生がやるべき勉強法

定期テストで高得点を取り続ける

高1で世界史を履修する場合、一番の対策になるのが定期テストで高得点を取り続けることです。高得点を取り続けるには毎回の予習復習や1回1回重要語句を暗記し、他の人に説明できるようにしていくことです。この積み重ねによって高得点を取り続けることができます。これがベースとなり、受験勉強において重要になります。

愚直なやり方をクセにする

定期テストで手っ取り早く点数を確保するために、直前になって一夜漬けのような勉強を行って高得点を狙う学生が少なくありません。確かに目の前の点数は狙えるでしょうが、入試に必要な知識はほとんど身についておらず、ゼロスタートを余儀なくされます。愚直に着実に勉強を重ね、少しでもゼロ地点から進んだところから入試に向けた勉強ができるようにするべきです。

大雑把に歴史の流れをつかむ

早慶上智を狙う際には、世界史を掘り下げて問われるのが普通です。ゼロスタートではまず通史を学び、完璧にさせてから掘り下げていく必要があるため、かなりの時間と労力がかかります。このため、高1の時点で大雑把でもいいので歴史の流れをつかんでおき、なんとなく覚えている程度にしておきましょう。高3に入ってギアを入れる際にこの積み重ねが役に立ちます。

高校2年生がやるべき勉強法

日本史と紐づける

もしこの時期から世界史を利用して入試を目指すと決めた場合、日本史を活用した勉強法をおすすめします。高1で世界史を履修すれば高2は日本史を履修するケースが多いです。日本史の通史を学ぶ中でその時代に世界ではどんなことがあったのかを紐づけていくと、記憶に残りやすいです。特に文化史はこのやり方だと興味を持ちやすく、相互的な効果が期待できます。

模試で世界史を選び、対策を立てる

高1から定期的に模試を受けることになるでしょう。普通はその時点で履修をしている科目で受けることになりますが、あえて世界史を選び、模試で点数をとるための対策を立てましょう。これくらいしか世界史の問題を真剣に答える機会はないので、点数を取りに行く勉強法を考えながら取り組めるようになります。

入門レベルの参考書を何周も解く

基礎固めを行っていく中で、おすすめなのは入門レベルの参考書を何周も解くことです。例えば、講義形式の参考書があれば完全に理解して人に説明できるレベルまで読み込めば、大まかな知識を入れられます。これで基礎は十分固まり、細かな知識を入れていくのみになります。これなら負担もさほどかからないはずです。

高校3年生がやるべき勉強法

一問一答形式の参考書でアウトプットを行う

用語を数多く覚え、素早く引き出せるようにしないと、試験で時間切れに終わる可能性があります。そして、知識をより定着させる必要もあります。それに欠かせないのが一問一答形式の参考書。どんどんアウトプットを行い、足りないものはインプットする作業をスキマ時間を積極的に活用していきましょう。

何度も解いて模試で100点を目指す

高3になると、共通テストや私大難関大学を想定した模試が出始めます。いわば本番により近い内容が出題され、ここを完璧にしておけば早慶上智合格もグッと近くなるでしょう。最初に解いて60点程度に終わったとしても、解説を読み込んで自力で解けるようになれば何かしらは得ているはずです。これの繰り返しが大事です。

学部ごとに過去問を解く

早慶上智それぞれに世界史の傾向が異なり、出題される年代、エリアもバラバラです。そのため、志望する学部に特化して過去問を解き、学部に合わせた対策を立てるのが確実です。もちろん傾向なので、確実にその部分が出るわけではなく満遍なく学ぶべきですが、意識の持ち方を変えて取り組んでいきましょう。

早慶上智世界史の受験期の対策スケジュールとは?

早慶上智で世界史を利用する場合にどんな対策を立てていけばいいのか、スケジュールをまとめました。

4月~6月

6月の時点で基礎固めを終わらせておくのが理想的です。古代から現代まで、通史で学び、ある程度定着させれば、演習の中でブラッシュアップしていけばいいでしょう。そのためには6月までに終わらせるのが無難です。

7月~9月

7月からは一問一答形式の参考書や用語集などを活用し、細かく掘り下げていく勉強法を行いましょう。言葉を覚え、その言葉の知識を蓄えていくことで正しい知識が身につきます。

10月~12月

10月からは過去問を含めた演習問題に全力投球していきましょう。色々な出題形式に慣れ、苦手な出題形式がわかればその出題形式に特化して取り組んでいくことで穴がふさがります。この時期の演習量が合否を左右すると思ってもいいでしょう。

1月~受験日

過去問に専念するのが一番です。この時期になると、制限時間内に問題が解けるかどうかが重要になっていきます。知識も演習もこなし、あとは時間との戦い。そこまでの練習が行えれば、本番でのパニックはかなり防げます。

早慶上智対策におすすめの世界史の参考書

早慶上智合格のためには欠かせない参考書。様々な種類の参考書をご紹介します。

おすすめの解説書

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書

「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」は楽しみながら歴史を理解していく参考書です。YouTubeで話題を集めた内容を本にまとめており、年代に関係なく取り組めるため、楽しく学びたい人におすすめです。

タテから見る世界史

「タテから見る世界史」は、世界史を通史で学ぶのに適した参考書です。タテの流れをメインにしており、歴史の流れを勉強しながら学ぶことができるほか、本を活用した勉強法が特典映像として紹介されています。

大学入学共通テスト 世界史Bの点数が面白いほどとれる本

「大学入学共通テスト 世界史Bの点数が面白いほどとれる本」は、共通テストの世界史で点数が狙えるように史料問題などの解き方を学んでいくことができる参考書です。基礎から標準、発展の足掛かりまでの力がつけられるほか、エリアごとに解説が行われるため、基礎固めにぴったりです。

おすすめの用語集

時代と流れで覚える!世界史B用語

「時代と流れで覚える! 世界史B用語」は、通史を学びながら穴埋めをして重要用語を覚えていくタイプの参考書です。歴史の流れを覚えつつ言葉も覚えられるので効率がいいのが特徴です。

世界史用語集

「世界史用語集」は、世界史の教科書に登場する歴史用語をまとめた用語集です。教科書から時間が経過して新たな情報があればそれを書き加えるなど、正しい世界史の用語知識を身につけられます。

瞬間記憶! つなげて覚える世界史B用語

「瞬間記憶! つなげて覚える世界史B用語」は、流れをつかみながら用語のインプットが行える用語集です。単に言葉だけを覚えるのではなく、言葉が誕生した理由やプロセスまでが描かれており、周辺の情報までを覚えながら進められます。

おすすめの資料集

イラストでサクッと理解 流れが見えてくる世界史図鑑

「イラストでサクッと理解 流れが見えてくる世界史図鑑」は、イラストで理解しやすくさせた資料集です。これから世界史を学び直したい社会人にもおすすめとされ、エリアごとの構成になっているのが魅力的です。

最新世界史図説タペストリー

「最新世界史図説タペストリー」は、地図や史料を豊富に取りそろえた資料集です。時代やエリアを考慮した作りになっており、流れで歴史を学び、場所で掘り下げていくやり方がおすすめです。

山川 詳説世界史図録

「山川 詳説世界史図録」は、教科書に登場する写真や地図などを網羅した資料集です。資料集にはQRコードがついており、スマホで確認しながら歴史を学んでいくことができ、今の時代に合わせた勉強法が行えます。

おすすめの問題集

山川一問一答世界史

「山川一問一答世界史」は世界史の定着を図る上で欠かせない参考書です。有料アプリにも同様のものが用意されているので、好きな形で世界史のインプットやアウトプットが行えます。

実力をつける世界史100題

「実力をつける世界史100題」は、難関私大で出やすい問題を100題にまとめた参考書です。解答に書かれている解説が充実しており、どのように解いていけばいいか、そのプロセスを知ることができます。

段階式 世界史論述のトレーニング

「段階式 世界史論述のトレーニング」は、早慶上智で出やすい論述問題を鍛えるために必要な参考書です。最初は100字未満から始め、段々と文字数を増やし最終的には300字程度まで。段々と力をつけていくことで無理なく取り組むことができます。

まとめ

世界史は奥が深く、カタカナで名前を覚える難しさもあります。しかし、勉強すればするほどそのエリアに興味を持ち、教養にもつながっていきます。インプットしておけばテレビを見ながら発見することもあります。まずは知識をつけて暗記を徹底し、出題傾向や時間の流れに慣れていきましょう。