学び

早慶上智対策におすすめの英単語帳10選!英単語帳の選び方も解説

2021.03.14

偏差値が高いところは英語の難易度も非常に高く、英語で苦しめられる学生は数多くいます。早慶上智を目指す学生もそれは同じ。語彙力を早い段階でつけていかないとなかなか太刀打ちはできません。

今回は早慶上智対策におすすめの英単語帳をご紹介するとともに、おすすめの勉強法や単語帳以外の参考書も解説します。

早慶上智の英単語の難易度はどれくらい?

早慶上智を受験する際にどれくらいの英単語を覚えておくべきなのか、そもそも難易度はどれくらいなのか、解説します。

早慶上智合格に必要な単語数

早慶上智合格に必要な単語数は、7,000から1万語と言われています。上智大学は事前に英検などの検定を受けてそのスコアを利用する形式が主流のため、英検などを利用する形にはなりますが、それでも同じだけの語彙力はあっておいた方がよく、最大1万語は頭の中に叩き込んでおくといいでしょう。

早慶上智の英単語の難易度・レベル

早慶上智の入試で出てくる英単語は専門性が強いものが多く、日常生活ではあまり出てこないような単語が出てきます。長文読解のテーマは学部に関連したものが多く、経済や法律など様々な関連ワードが出てくるので、これまでに扱ってきた話題が難しければ、それだけ英単語の難易度も高くなるでしょう。

早慶上智の英単語は英検何級レベル?

7,000語から1万語という単語数は英検準1級に相当します。そのため、英検準1級の勉強をしていれば自然と早慶上智対策になります。上智を受ける際に早めに英検準1級や1級の勉強を行うことになりますが、その勉強が間違いなく早慶対策にもなるので、早めに英検対策を行うのは効率的なやり方です。

早慶上智対策におすすめの単語帳10選

早慶上智対策につながる英単語帳にはどんなものがあるのか、おすすめの単語帳をご紹介していきます。

英単語ターゲット1900

「英単語ターゲット1900」は、でる順にまとめられた英単語帳です。英単語帳の中ではポピュラーな類で、大学入試のデータをまとめて作られています。国公立の2次試験まで網羅でき、当然早慶上智対策にもなる1冊です。無料のアプリを使えば、暗記がしやすくなります。

システム英単語

「システム英単語」は、実際の使用例に基づいて例文が紹介され、効率よく覚えられる英単語帳です。ミニマルフレーズと呼ばれ、単語を1つ1つ覚えるのではなく、複数の言葉をセットで覚えられるのが特徴的です。シリーズ化されていますが、Basicから段階的にこなしていくのがおすすめです。

速読英単語

「速読英単語」は、文章を通じて英単語を吸収していくことができる単語帳です。文章に登場する英単語を覚えていくため、どのように用いられる言葉なのかをつかむことができ、入試で活用できるようになっています。速読英単語に出てくるもので、入試に出てくる英単語の95%をカバーできます。

DUO 3.0

「DUO 3.0」は、560本の英文を用意して1600の単語と1000の熟語を覚えられるようにした単語帳です。1つの文章で複数の重要な単語・熟語が覚えられるため、自然な単語・熟語の使い方を知ることができます。CDやカードなど様々な勉強の道具が揃っているので、活用すればより効率的にこなせます。

究極の英単語 Standard Vocabulary List

「究極の英単語 Standard Vocabulary List」は1冊3,000語、4冊分こなすことでTOEIC900点以上が目指せる英単語帳です。TOEIC900点は英検にすれば1級に限りなく近い準1級レベルなので、4冊分マスターすれば早慶上智が求める英単語力が養われます。学術用語まで出てくるので、これ1冊あれば網羅できるといっても過言ではありません。

英検準1級 でる順パス単

「英検準1級 でる順パス単」は、英検準1級の語彙力をつけられる単語帳です。英検準1級でよく出てくる単語をまとめていますが、英検準1級で求められる語彙力は早慶上智が求めるそれと重なっている部分が多く、これをマスターすれば十分な対策につながります。

話題別英単語リンガメタリカ

「話題別英単語リンガメタリカ」は、経済や医療など入試で出やすい題材に関して、出やすい単語をまとめた英単語帳です。入試で出やすいテーマを知ることができ、それに関連する言葉を覚えられるので、総仕上げにぴったりです。

難関大合格に必須の最新テーマ20 FINAL時事英語

「難関大合格に必須の最新テーマ20 FINAL時事英語」は、早慶の入試問題で出てきやすい最新の時事英語を中心にまとめた単語帳です。新型コロナウイルスなど今の話題に直結するような単語をまとめているほか、リスニングや和訳などにも使えるように設計されています。

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

「鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁」は、覚えやすいようにイラストを交えながら、出やすい順番に単語をまとめている単語帳です。東大を受験する人向けに作られており、東大に準じた位置にいる早慶上智対策にもなる1冊です。

英単語Stock4500

「英単語Stock4500」は、トレンド語だけでなく文法や読解、4技能という新たな切り口で単語をまとめた単語帳です。記憶ブースターという仕掛けを用意し、エピソード記憶として定着しやすいようにちょっとした知識をあえて乗せており、記憶の定着を助けます。

早慶上智対策の英単語帳の選び方・注意点

早慶上智対策で英単語帳を購入する際にどんな点に注意をするべきか、解説します。

できるだけ同じシリーズのものにする

ターゲットシリーズ、シス単、速単などシリーズとなっている単語帳はいくつもあります。できれば同じシリーズでまとめ、1冊を解き切ったら同じシリーズで難易度を高めていくのがおすすめです。同じシリーズであればシステムは変わらず、混乱なく挑めるため、できる限り同じシリーズで統一していきましょう。

総仕上げ用の単語帳を選ぶ

ついつい何冊も単語帳を買いがちですが、先ほどのシス単や速単など最も難しいレベルを終えてから、総仕上げ用の単語帳を購入して勉強しましょう。鉄壁や時事英語、リンガメタリカなどの単語帳は、それまでにシス単や速単などで一定の語彙力を身につけていることが効率的に学べる要素となっています。ベースとなった単語帳ではカバーできなかったものを総仕上げ用の単語帳で埋めていくのが理想です。

副教材があるものを率先して選ぶ

単語を覚える際には書いて覚えるのもいいですが、見て覚える、聞いて覚える、楽しく覚えるなど色々な形で覚えられれば記憶にも残りやすいです。CDやカードなどの副教材があれば、より効率よく覚えられるだけでなく、復習がしやすくできないところが鮮明に出てきます。別途お金がかかるものが多いですが、英検準1級やそれ以上の語彙力がそれで手に入るとなれば、安い買い物でしょう。

早慶上智レベルの英単語の効率的な暗記方法

1万語レベルの英単語をどのように覚えていけば効率的か、その暗記方法をご紹介します。

定着率が悪くてもまずは1周する

英単語を勉強する際に、完璧に覚えてから次に進みたくなるのが一般的な考え方です。しかし、この方法だと単語帳の最初だけやたらと覚えていて、終盤になればなるほど薄くしか勉強せず、忘れやすくなる可能性があります。そこで定着率は関係なく、まずはできる限り覚えてみて、どんどん次に進みます。1周した時にどれだけ覚えているかを確認して、2周目では覚えきれないものを中心に覚えていき、それを繰り返します。毎日とにかく詰め込み、思い出し、また詰め込む、この繰り返しです。

文章で覚えていく

速単やDUO3.0は1つの文章に複数の重要単語が出てきます。これを覚えることで単語のイメージや用法を理解できます。単語帳では例文が用意されており、その例文を覚えていくことで単語の意味や使われ方を把握し、活用につなげられます。Aという単語はBという意味だ!という覚え方では、ひねった使われ方をした時に対応できません。文章で覚え、ニュアンスを理解できるようになるのが理想的です。

自分に合った暗記法を確立する

実際に英検1級や準1級レベルの英単語を覚えた人の話を聞くと、十人十色といっても過言ではないほど、バラバラな暗記法で覚えていることがわかります。非効率的とされておすすめされにくい書いて覚えるやり方の人もいれば、音読、イラスト、文章などその人にとって効率的、覚えやすい方法でマスターしていった人がほとんどです。自分自身で工夫を行って、覚えやすいやり方を見つけ出せた人が成功しやすいと言えるでしょう。色々なやり方を見つけて実践し、理想のやり方を発見できれば素晴らしいです。

早慶上智の英単語学習はいつからやるべき?

上智のように外部検定試験を活用する方式であれば、入試よりももっと前に単語を覚え、読解力を高める必要があります。このため、1万語の英単語は上智であれば高2の終わりまで、早慶受験であれば高3の夏までには終わらせて、演習問題に専念できるようにするのが理想的です。

1日100語を覚えるとしても100日はかかり、50単語なら200日かかります。最低でも半年、長くても1年以内に終わらせるのが理想的なので、上智を受ける人は高2の始め、早慶受験を目指す人は高2の夏休み終わりから始めるのがいいでしょう。

早慶上智合格に欠かせない英単語帳以外の参考書5選

英単語帳で一生懸命覚えたら次に取り組むべきは演習問題。英単語帳以外の参考書をご紹介します。

難関大英語長文講義の実況中継

「難関大英語長文講義の実況中継」は、早慶上智や関関同立などを目指す学生向けに作られた参考書です。実際に難関私大で登場した入試問題や、抽象的なテーマの題材の問題をまとめており、難関私大でも使える読解問題の解き方をレクチャーしています。

ポレポレ英文読解プロセス50

「ポレポレ英文読解プロセス50」は、英文を読んでいく上で必要な知識や解釈の方法をまとめた参考書です。1993年に発行され、30年近く経過しながらも今でも人気を集め、多くの学生が利用しています。最近になって英語を学び直したい社会人にも好評で、英語を体系的に学ぶ際に最適です。

Next Stage 英文法・語法問題

「Next Stage 英文法・語法問題」は、英文法や語法問題を専門的にまとめた参考書です。英作文を書く際に必要な文法、語法のスキル・知識を磨くことができます。文法をブラッシュアップし、長文読解を行う際にスムーズに読めるようになるため、買っておいて損はありません。

やっておきたい英語長文1000

「やっておきたい英語長文1000」は、1題1000語レベルの文章題が掲載されている参考書です。慶應で出された問題などが収録されており、時間内にいかに内容を把握し、要約や記述を行えるかがポイントに。解説にも要約問題の正解例が載っているなど、親切な作りになっています。

大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

「大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」は、早慶の英語で登場しやすい英作文のスキルを高められる参考書です。どのように英作文を行っていけばいいのか、構造から理解できるとともに、要約問題など難易度が高い問題にも対処できるようになっています。

まとめ

早慶上智の英語で高得点を狙うにはまず1万語レベルの語彙力を身につける必要があります。この語彙力がつけば英検準1級はもちろん、1級まで目指せるほか、TOEICなどの検定試験で好成績が狙えるでしょう。早慶上智で結果を出すためにも、早い段階から英単語を覚えていくことをおすすめします。