学び

早慶と明治は同レベルって本当?早慶と明治の差も解説

2021.02.17

私立大学群で最もレベルが高いのが早慶。多くの学生が憧れを抱く中で、この早慶に近づこうとしているのが明治大学です。人によっては早慶と明治は同じレベルと称する人もいますが、果たして本当なのか。

早慶と明治は本当に同レベルなのか、あえて明治を選ぶメリット、早慶上智と明治の序列を含め解説します。

早慶と明治は同レベルって本当?

早慶と明治は本当に同じレベルに位置するのか、なぜそのように言われるのか、根拠を解説していきます。

明治大学の偏差値は急上昇している

首都圏を中心に大学の定員を厳格化する動きが見られ、定員を著しくオーバーさせると国からの助成が得られなくなる恐れがあるため、過度に定員をオーバーさせない動きが見られます。このため、一般入試において難化が進んでおり、明治大学の偏差値もここ数年で急上昇しています。

ここ40年の偏差値の推移を見ると、21世紀に入って一旦は落ち込むものの、そこから回復し、難化が進んでいる様子を見て取る事ができます。特に看板学部である政治経済学部の伸びは著しく、MARCHの経済学部や政治経済学部を追い抜いている状況です。ほぼすべての学部でMARCHの一番上に来ており、早慶を追いかける一番手となっていることは間違いありません。

主要私立大学の偏差値ランキング

一般入試における河合塾の偏差値ランキングを見ると、一番上にいる慶應義塾大学の総合政策学部や環境情報学部で72.5~74.9、その次に早稲田大学商学部の70.0~72.4、その次の67.5~69.9のところに慶應や早稲田、上智の主要学部がランクインしています。65.0~67.4のところにMARCHの各学部と早慶の下位学部があるため、学部のこだわりがなければ方を並べている学部もあります。

しかし、早慶と明治でそれぞれ同じ学部を比べると、だいたい偏差値2.5ポイントもしくは5ポイントの差がついています。肉薄してきているものの、まだ差がついているのが偏差値ランキングを見れば明らかです。(参照:河合塾)

明治大学はMARCHを抜け「早慶明」と呼ばれるかも

そんな明治大学ですが、現在明治、青山学院、立教、中央、法政で形成するMARCHではなく、早慶と一緒に括られる「早慶明」で呼ばれる可能性も想定されています。元々大学の歴史や学生スポーツにおいて、早慶明は同時期に試合を重ねており、早明戦や慶明戦も早慶戦に準ずる扱いを受けます。

明治大学の難易度、女性からの人気の高まりもあって、早慶に肉薄するほどに明治のブランド力が高まっている可能性があります。それが早慶明へとつながっていくそうですが、長年早慶で括られ、早慶明より早慶上智で覚えている人が多い分、本当に早慶明となるかは微妙です。

結論:早慶と明治は同レベルなの?

偏差値を見る限りでは、まだ早慶の方が上におり、同じレベルとは断言できません。しかし、明治が迫っていることは事実であり、今後同じレベルになる可能性も十分に考えられます。偏差値が追いつくことで同レベルとみなすのか、それとも早慶と明治で就活の際に同じような扱いを受けた時に同レベルとするかは、多くの人の判断によります。

早慶と明治の差とは?

早慶と明治ではいったいどのような差が見られるのか、早慶と明治の差について解説します。

早慶に落ちて明治に行く人が多い

明治大学を第一志望として一生懸命勉強して入る人も当然多いですが、早慶に落ちて仕方なく明治に入るという人も多いようです。明治大学の学生サークルが作るブログでは、記事を書いている明大生自身が、早稲田大学を受験したものの5つの学部で落ちたことを告白しています。(参照:明治大学情報局)

偏差値50と52.5の差と、偏差値65と67.5の差は同じ2.5でもかなり異なります。そのため、わずか偏差値2.5~5.0の差とはいえ、想像以上にその差が大きいことが言えるでしょう。小さいようで実は大きいのが早慶と明治の差です。

所属する大学群の差

一時期問題になった学歴フィルターですが、この学歴フィルターは大学群で分けられているのが一般的です。明治の場合はMARCHに属するため、早慶や早慶上智とは差がつけられます。学歴フィルターでは早慶ですら上位学部にいないとフィルターにかけられてしまうことがあるなど、特定の業種ではかなりシビアにチェックされます。明治の場合、MARCHで括られてしまうため、有名企業で頑張ろうと思っていても、フィルターに引っかかる可能性があります。

たとえ明治での偏差値が上がっても、個々の大学の伸びまでは見られません。大学群がMARCHである限りは早慶とは差をつけられてしまうのは仕方ないでしょう。

ブランド力の差

日経BPコンサルティングが行った大学ブランド・イメージ調査2020-2021において、ビジネスパーソンが答えたブランド力ランキングの1位は東京大学、2位に早稲田大学、3位が慶應義塾大学でした。ランキングの指標は偏差値でまとめられており、東大は87、早稲田は83、慶應は82でした。上智、青山学院と続いて第7位が明治大学。その評価は66でした。早慶と明治でかなりの差がついていることがわかります。(参照:日経メディアマーケティング)

ブランド力という点で結構な差がついており、いかにこのブランド力の差を埋めていけるかが大きな課題となっていきそうです。

早慶ではなく明治大学を選ぶメリットってあるの?

早慶にも行けるけど、あえて明治を選ぶ、それにどんなメリットがあるのかを解説します。

フィルターはかかれど就職面で差が少ない

MARCHですら就職フィルターに引っかかることが言われていますが、確かに引っかかることはあるかもしれません。しかし、就職先を見ると実は早慶と明治でそこまで差がついているとは言えません。日本の名だたる有名企業にも就職できており、外資系企業へ入るのは大変でも、日本の企業であればそこまで問題はないのかもしれません。就職を想定して大学を選ぶ場合、必死に早慶を目指すよりも明治を狙った方が労力もかからないのでいいでしょう。

早慶明になる可能性があるから

雑誌を中心に早慶明の可能性が取りざたされています。今後明治に入っても早慶明になれば、早慶と同格という認識をされるようになります。そこまで必死にならなくても早慶と同格になれるのであれば、明治でもいいとなるのは当然。まだまだ上を目指せて早慶と対等になるべく頑張れるようになれば、幸せに感じられるはずです。

有名人に出会える

明治大学はアイドルや女優、俳優など誰もが知る有名人が通っていることが多く、実際に同じ授業を受けたという方も少なくありません。例えば向井理さんのように理系学生として研究に勤しんでいたケースや北川景子さんのようにサークルで活動し、マジメに勉学に励んでいたケースを聞くと、未来のスターの宝庫であることが言えるでしょう。推薦入試で有名人が入学するケースもあるため、そこに夢を持って明治に進むのもありかもしれません。

明治大学の政治経済学部(政経)と早慶はどっちが上?

明治大学の看板学部といえば政治経済学部ですが、早慶と比較すると偏差値面で相当な差がついていると言わざるを得ません。明治大学の政治経済学部はどの学科であっても、偏差値62.5~64.9のところにおり、慶應の法学部や経済学部が67.5~69.9であることを考えると一定の差がついています。また早稲田の政治経済学部は入試改革が続き、偏差値以上に中身が問われるような内容になっています。こうしたこともあり、早慶の方が上と考えるのが妥当でしょう。

早慶と上智と明治の序列ランキングとは?

早慶上智と明治でどのような序列をつけることができるのか、それぞれの部分で序列をつけていきます。

難易度面の序列

難易度面では早慶上智はそれぞれでほぼ互角にあり、明治とは一定の差がついているのが実情です。上智とは多少肉薄しているところもあるので、早慶=上智≧明治という構図になるでしょう。

人気面の序列

人気面では明治がランキングで上位になりやすく、早稲田と互角を演じています。意外と慶應がランキングで早稲田や明治を上回ることがあまりないため、早稲田=明治>上智=慶應という序列になります。

立地面の序列

立地面に関しては早慶上智と明治であまり差があるとは言えません。本部があるのはいずれも東京23区であり、利便性は当然高いでしょう。理系学部の場合でも東京23区を離れる点であまり変わりません。ただ早稲田の一部学部が都心から離れた場所にキャンパスが設置されているため、慶應=明治=上智≧早稲田という序列になります。

世間イメージ面の序列

世間のイメージでは、早慶が抜きん出ていることは確かでしょう。先ほどの大学ブランド力ランキングを見ても、東大と早慶の抜け方は相当です。上智もこれに次ぐものの、かなりの差がついています。そのため、早慶>上智>明治となるでしょう。

結論:早慶・上智・明治の序列ランキング

早慶それぞれにやや劣っている部分があったものの、優れている部分は突き抜けていたので早慶は力強くトップグループにおり、そこに上智が追走、明治はやや離れたところにいると考えられます。最終的な序列は、早慶≧上智>明治に落ち着きます。

まとめ

早慶と明治が同じレベルというのは少々乱暴で、肉薄している部分もあると考えるべきです。しかし、明治が魅力ある大学により進化をしてくると、本当に同レベルになる時代がやってきても不思議ではありません。早慶でも入試改革が行われていますが、明治はどんな動きを見せるのか、その動き次第と言えるでしょう。