学び

『パス単1級』は早慶対策に必要か?『パス単1級』が必要な大学も解説

2021.02.17

早慶の英語はハイレベルとされ、初見で挑むにはあまりにも無謀と言われるほど、そのレベルは最難関レベルといっても過言ではありません。最難関レベルに挑むためにも語彙力強化は必須です。

今回はパス単1級は早慶対策に必要なのかどうか、パス単1級レベルの単語力が必要な大学はどこか、ご紹介してまいります。

『パス単1級』は早慶対策に必要か?

だいたい7,000語から10,000語が必要とされる早慶の英語。パス単1級は早慶対策に必要なのかどうかチェックします。

早慶対策に『パス単1級』は必要ない

結論から申し上げますと、パス単1級は早慶対策に必要ありません。理由はいくつかありますが、そもそもパス単1級は英検1級の語彙力を身につけるために必要なもので、厳密にいえば早慶対策の性質はなく、同じような語彙力を要するから必要かもしれないという意見があるからです。では、なぜ必要ないのか、その理由を探ります。

早慶対策に『パス単1級』が必要ない理由

覚えなくてもいい言葉まで覚えることになる

先ほどもご紹介した通り、早慶の英語で必要とされる語彙数は7,000語から10,000語とされています。一方で英検1級は、10,000語から15,000語が必要とされるため、明らかに早慶の英語で必要にならないものが数多く含まれることになります。パス単1級は当然英検1級に特化しており、早慶向けではありません。覚えなくてもいいものまで覚えることになるため、パス単1級はやりすぎになります。

受験に特化しているわけではない

パス単1級は英検1級の試験で出やすいものを取り上げており、英検仕様になっています。しかし、早慶の英語においてそれが通用するとは限りません。早慶は早慶で出やすい単語があり、年によって被ることもあれば被らないこともあるので、被るとも被らないとも断言することは難しいでしょう。ゆえにパス単1級をやればそれでいいかとなると微妙です。

ただし覚えておいて損はない

パス単1級で勉強したとして、どれだけ完璧に勉強したとしてもすべて無意味になるのかと言われればそんなことはありません。例えば早稲田の国際教養学部を目指すなど、英語を普段から使わないといけないような状況になれば英検1級レベルは必要でしょう。そして、守備範囲が広くてすべて把握できれば、不安なく英語の試験に取り組めます。あくまでも余裕があればパス単1級でもいいでしょうが、効率性を求めるならパス単準1級で十分でしょう。

『パス単1級』レベルの単語力が必要な大学とは?

パス単1級レベルの単語力を必要とする大学とはどのようなところなのか、3つの大学をご紹介します。

東京大学

東京大学の二次試験は、英検1級レベルと言われています。中には、英検1級から比べれば易しい問題も含まれる一方、かなり難しい問題も。ただパス単1級レベルの単語力があって、文法や自由英作文などができれば十分にクリアできるレベルに。英検1級レベルまで極められれば東大も十分狙えます。

京都大学

京都大学も東大同様に、英語の入試が難しい大学の1つです。英検1級を持つ人でようやく8割程度の点数になるなど、英検1級を持つ人でも歯が立たないほどの難しさがあります。京大の英語は全ての大学の最高峰と呼ばれるほど難しいとされ、英検1級レベルの語彙力がないと何かと厳しいのが実情のようです。

一橋大学

一橋大学の場合、英検1級を持っていれば推薦入試を受けることができます。出願要件の1つに含まれているためで、そこまでのレベルを求めていると言えるでしょう。あくまでも出願要件の1つで、すぐに合格できるわけではありませんが、共通テストで一定の成績を残せば合格に。英検1級レベルではなく、高3までに英検1級を持つことが必須にはなりますが、相当強い味方になるでしょう。

早慶合格に最適な英単語帳3選

早慶合格にぴったりの英単語帳とはなにか、3つの単語帳をご紹介します。

パス単準1級

パス単準1級は、3段階の出る順でまとめられた単語帳です。英検で実際に出た問題をデータ分析してまとめられており、本当に出やすいものばかりが出ます。3段階目が最難関大学のレベルとされており、ここをマスターすることで早慶合格の足がかりになるでしょう。

リンガメタリカ

リンガメタリカは長文の中に専門性の高い英単語が含まれ、読みながら英単語をマスターしていくことができる単語帳です。既に英単語や英文法など一定のスキルを持った人が挑むべきもので、パス単準1級で学び終えるタイミングで取り掛かるのがちょうどいいでしょう。早慶の英語入試は長文が専門性が強めなので、志望学部に合わせてテーマを選んで勉強するのがおすすめです。

単語王2202

単語王2022は東大合格を目指す人など、最難関レベルの大学を目指す人が取り組むべき単語帳です。1つの単語で同意語や多義語など複数の情報が掲載されており、1つ1つの単語を覚えていくだけで語彙力を積み重ねられます。1つでも多く言葉を取り込みたい人におすすめです。

まとめ

パス単1級だと早慶対策も十分できますが、幅が広すぎるのが実情です。パス単準1級であればちょうど必要とされる語彙力と同じレベルになるので、パス単準1級がいいでしょう。プラスしてリンガメタリカなど専門性のある英単語を学べる単語帳を確保し、実践を重ねていけば盤石な状態になるはずです。