学び

早慶は国立で言うとどのレベル?どっちが上かも解説

2021.02.06

私立大学の中でトップを争っているのが早稲田大学と慶應義塾大学、いわゆる早慶。私立大学の中だと比べる相手はおらず、早慶と比較検討をするとなると国立大学を中心に見ていく必要が出てきます。

早慶は国立ならどのあたりに位置するのか、早慶と国立でどちらも合格しそうならどちらを選ぶべきなのか、早慶との併願におすすめの国立大学なども解説します。

早慶の難易度は国立でいうとどのレベルなのか

早慶の難易度は国立大学を物差しにするとどの位置にいるのか。偏差値などからチェックしていきます。

早慶より上の国立大学とは

早慶の場合、河合塾の偏差値ではだいたい65~70が想定され、偏差値72.5の学部学科もあります。これを踏まえてチェックしていくと、早慶より明らかに上の国立大学は東京大学と京都大学の2つ。共通テストで必要とされる平均の得点率が9割近くで、二次試験でも難易度の高い試験問題をクリアしないといけないため、早慶より上の国立大学は東大京大の2つと言えそうです。

早慶と同レベルの国立大学とは?

早慶と同レベルの国立大学ですが、東大京大以外の旧帝大や一橋大学や東京工業大学、横浜国立大学が当てはまります。偏差値的な部分もそうですが、5教科で7科目8科目と勉強しなければならず、まとまった点数を確保しなければならない部分も考慮した結果です。それでも早慶と同レベルの国立大学ですら限られているのが実情です。

早慶より下の国立大学とは?

早慶より下の国立大学は地方都市にある国立大学が中心となります。もちろん、個々の学部で早慶の学部学科と同じような難易度のところもありますが、基本的には早慶合格レベルの学力があれば地方都市にある国立大学は十分クリアできる可能性が高いです。

早慶と国立はどっちが上なの?難易度・レベルを解説

早慶と国立大学、果たしてどちらが上なのか、難易度やレベルをそれぞれ解説します。

早慶の難易度・レベル感

早慶で確実に合格を目指すには模試でA判定を狙う必要があり、河合塾ではボーダーの偏差値からプラス5ポイントが目安になります。だいたい偏差値65~70の中に多くの学部学科がひしめくため、最低でも偏差値70は確保しないと難しいです。偏差値70は上位数%に入る人に与えられるものなので、早慶で合格することは上位数%の中に入るようなもの。その中でも激戦を繰り広げるわけですから、難易度が高く、レベル感もかなり高く感じるのは仕方ないでしょう。

国立の難易度・レベル感

国立大学の場合、偏差値だけを見れば確かに早慶より低めです。しかし、5教科の勉強をしなければならず、時に苦手科目と向かい合い、苦手科目に時間を割かないといけません。早慶対策で勉強をするよりもさらに効率的に勉強時間を確保しないと合格を目指すのは難しく、加えて二次試験対策も必要です。早慶の難易度、レベル感とはまた違うものが国立大学にはあり、特に東大京大となると、より難易度は高く感じやすいはずです。

早慶と国立はどっちが難易度が高い?

どちらが難易度が高いのか。これは苦手科目をどれだけあるか、克服への労力を惜しまないかなどで難易度は大きく変わります。3科目に全力投球したい人は早慶の方がいいでしょうし、文系でも数学が得意で理科も対応可能であれば国立大学の方が乗り切りやすいと感じるかもしれません。現状のスキル、能力に応じて個々に難易度が変化するため、早慶と国立大学でどちらが難易度が高いかと画一的に判断することは難しいです。

早慶と国立で迷ったらどっちに行く?両者を徹底比較

早慶と国立大学、もし迷った場合にどちらに行くべきか、複数の面から比較検討を行っていきます。

偏差値面

偏差値面で見ると、早慶の方が偏差値的には上に来やすく、早慶と同じような偏差値の国立大学はかなり限られてきます。このため、偏差値だけを考慮するのであれば、早慶と対峙できるのは一部の国立だ学ぐらいで、全国にあるような国立大学ではかなりの差が離れています。

人気面

人気面では、東大や京大といった旧帝大の中でも上位の2大学が早慶より上に来ることがあり、早慶はこの面で東大京大よりやや劣勢です。しかし、その他の大学と比較すると早慶の方が上回っており、国立大学という括りで見るとほとんどの大学に早慶は人気の面でも上回っています。

世間イメージ面

東大京大、早慶は全国区の知名度を誇り、どの地域でもこれらの大学は素晴らしい大学という認識になっています。ただ旧帝大を始め、地元にある国立大学に関しては一定の知名度があるため、地域によっては東大京大、早慶に入らずとも地元の国立大学に入ればご近所さんに自慢はできるだけのものはあるでしょう。あくまでも地域限定で、別地域に行くと厳しくなります。

学費面

基本的に国立大学の学費は東大京大など旧帝大を含めて学費は同じになっています。これは国立大学として援助を受けているからであり、私立大学の早慶とは大きく異なります。このため、金銭的に苦しい学生などは国立大学を目指すようになりますが、国立大学もできるだけ自立できるようにしていく方針になっており、年々補助は縮小傾向で学費も上昇中。以前と比べると学費面での差は縮まっている状況です。

学生生活面

生活面では、地方にある国立大学だとバイト先や下宿先などそれなりに整備されているため、単身でやってきた場合でもすぐに生活ができ、バイト先も確保しやすいため、生活面で苦労することはほぼありません。早慶も同じことが言えますが、誘惑の多さで考えると早慶の方が色々誘惑に負けやすい要素があります。裏を返すと地方にある国立大学には都心部のようにわんさか娯楽があるわけではなく、勉強に専念せざるを得ない環境が構築されやすいです。

就職面

学歴フィルターがかからないのは早慶や旧帝大ぐらいで、地方にある国立大学の中には学歴フィルターに引っかかる可能性があります。しかし、地元で働く場合であれば同じ大学出身の経営者も多く、考慮してくれるケースも。ですので、全国的に考えれば早慶や旧帝大ぐらいはほしいものの、地元で就職する場合には地元の国立大学を出ていればそこまで心配しなくてよさそうです。

結論:早慶と旧帝大で迷ったらどっちに行くべき?

早慶と旧帝大、どちらに通うか迷った場合、せっかく5教科も勉強したのであれば旧帝大を優先することをおすすめします。今までの苦労もあるため、それを乗り越えたのであれば旧帝大を選んだ方が努力が報われた形になるでしょう。もちろん、早慶の方が魅力的に感じてきた場合には早慶を選ぶべきであり、悔いのない選択ができるようにしていくことをおすすめします。

早慶との併願におすすめの国立大学3選

早慶と併願をする場合におすすめの国立大学がいくつかありますので、ここでは代表する3つの国立大学をご紹介します。

横浜国立大学

横浜国立大学は横浜にあった経済、工業の専門学校など4つの学校を母体にした大学で、学部を抑え、少数精鋭を目指す国立大学です。偏差値は若干早慶を下回りますが、早慶との併願で選ばれることが多く、特に理系は早慶とどちらを選ぶか、頭を悩ませる学生も多いようです。ネット上でも横浜国立大学と早慶どちらが上かという論争で激論が交わされるなど、総合的に見ても互角の大学と考えてよく、理想的な併願先と見るべきでしょう。

神戸大学

神戸大学は神戸高等商業学校をルーツとする大学で、設立時期は横浜国立大学と同じ1949年です。横浜国立大学と違うのは、10学部あり、様々な学部がある点です。また日本初の経営学部が設置されたのも神戸大学で、日本では珍しい海洋政策科学部もあります。偏差値的には横浜国立大学と同じくらいかやや下回るぐらいですが、5教科の試験を考慮すれば早慶の併願先として十分釣り合う存在と言えます。

一橋大学

一橋大学は早慶と同時期に設置された国立大学で、福沢諭吉と渋沢栄一の援助を受けて森有礼が開いた商法講習所がルーツになっています。経済をメインとする大学であると同時に、少人数教育が徹底されており、ゼミの人数も少数精鋭。偏差値は早慶をやや下回るか同程度で、旧帝大に準じる扱いを受けます。早稲田政経、慶應法学部などを狙う人にとって十分納得のいく併願先になり得るでしょう。

まとめ

早慶は国立で言えば東大京大以外の旧帝大、一橋レベルと考えるべきであり、名だたる国立大学の中でも上位の大学と張り合える存在です。もちろん3教科勝負の早慶と違い、5教科勝負の国立大の方が難易度的には大変かもしれません。ただ国の行く末を考えて学部学科の設置を目指す国立大学が多いため、こちらの方が面白い可能性も。いずれにしてもそれぞれの大学を徹底的に比較して、いい部分を見つけて納得のいく選択をしていきましょう。