学び

早慶の日本史の難易度はどれくらい?傾向と対策やおすすめ参考書も解説

2021.02.06

3科目で勝負をするのが一般的な私大入試。私大の中でトップに君臨し続ける早慶を受験する際にもそれは同じ。英語や国語、あともう1つは何にするかと考えた場合、文系であれば日本史を利用する人も多いでしょう。

早慶における日本史の難易度を中心に学部ごとの日本史の傾向やおすすめの参考書、勉強法などをご紹介します。

早慶の日本史の難易度はどれくらい?

早慶の日本史は難易度的にどれくらいなのか、入試傾向などを踏まえて解説します。

早慶の日本史の難易度

世界史はかなり難しいとされる早慶ですが、日本史となると学部によってかなり易しいケースが見られるなど、世界史ほどではないという声も。ただ偏差値の高い学部では相応の難易度に落ち着きやすく、その評価は学部によって様々です。一貫して言えるのは発展レベルまでの知識量が必要な点です。

独学で早慶日本史攻略は可能?

どこまで日本史を勉強していくべきかは、独学ではなかなか判断しにくい部分があります。この部分は出やすい、この部分は勉強した方がいいという情報を聞いて効率的に勉強できる部分もあるので、すべてを独学に委ねるよりも予備校などで学ぶのも1つのやり方で、そのあとに独学に専念してもいいでしょう。

早慶の日本史攻略にかかる時間はどれくらい?

英語や国語、共通テストを受けるのであれば他の科目を勉強しないといけませんが、なるべく毎日1時間は日本史の勉強に割きましょう。時間がある時は2時間ぐらいにして高3の受験シーズンまで続けると、知識が身につきやすくなります。

早慶の日本史の勉強はいつから始めるべき?

日本史の勉強は高2の秋口から勉強するのがおすすめですが、高2で日本史を履修していた場合は、2年の最初から始めてきたことを復習しながら今授業でやっていることをまとめていく形で十分です。せっかく授業でやっているのであればそれを利用しない手はありません。

早慶の日本史の傾向と対策

早慶それぞれの日本史はどのような傾向で出題されているのか、早稲田と慶應それぞれの傾向と学部別の状況をまとめました。

早稲田大学全体の日本史の傾向

早稲田の日本史は私大の中でも最も難しいレベルとされ、教科書の太字は当然のこと、注釈部分の細かなところまで出てくるなど、隅々まで網羅しておく必要があります。史料問題も多く、正誤問題の多さも特徴的。学部によって難易度も異なるため、複数の学部を受ける際は難しい学部に合わせて勉強をしていくと効率的です。

早稲田大学の学部別の日本史の傾向

文学部

マーク式と記述式の文学部の特徴は問題が多く、1問あたりの時間が限られている点。正誤問題や文化史を取り扱う問題が多く、これは世界史と同じ傾向です。美術に関する問題は毎年のように出題されるため、注意が必要です。

教育学部

マーク式と記述式の教育学部。文学部ではあまり出てこない史料問題が教育学部では出やすく、近現代に関する出題も結構な割合で出ます。近現代は授業であまり取り上げられず、駆け足でやってしまう分野のため、過去問などで中心的に勉強していきましょう。

政治経済学部

政治経済学部でも日本史はありましたが、入試改革が行われ、共通テスト4科目と独自問題の組み合わせに変更されています。日本史は共通テストの中の1科目として利用でき、100点満点中25点分があてがわれます。

法学部

マーク式と記述式の法学部の特徴は江戸時代以降に問題が集中しやすく半分以上を占める年もあった点。偏りが時にあるため、全方位的に深いところまで勉強するのが確実です。問題数が多く、記述問題もそれなりにあるため、時間切れにならないように進めていくべきです。

商学部

マーク式と記述式、論述問題も出てくる商学部。その特徴は経済史などが頻繁に出てくる点。またマーク式の問題が多く、テキパキと問題を解いていく必要があります。論述といっても20字や30字でまとめられたものが中心なので、短くまとめることが大切です。

文化構想学部

マーク式と記述式の文化構想学部はテーマ史で出題されるため、1つのテーマに絞っていくつかの時代をまたいだ問題が目立ちます。近現代の問題は少なめで、テーマ史の問題にいかに対応できるか、問題演習の量も問われそうです。

社会科学部

社会科学部は2020年までマーク式一本でしたが、2021年からは論述が追加されました。とはいえ、マーク式の問題が大多数を占めており、いかに論述までに時間を作り出せるかがポイントに。近現代史がやや多めというのも特徴的です。

人間科学部

人間科学部は早稲田の学部で唯一マーク式のみです。ただ並び替えの問題や間違っているものを選ぶ問題など、より多くの知識と正確なアウトプット、スピード感など様々なものが問われており、一筋縄ではいきません。

国際教養学部

マーク式や記述式の国際教養学部ですが、日本史でありながら英文史料問題が出てくるのが大きなポイントです。英文を読み解くという部分は他の学部にはないもので、何度も解いて解き方を知っておかないと対処は難しく、初見でこなすのは大変です。

早稲田大学の日本史対策

正誤判定問題対策を万全にする

共通テストでも出てくる正誤判定問題は、早稲田の複数の学部で頻繁に出される出題形式です。明らかに間違っている文面もあれば、ひっかけ問題かのような意地悪な文面など様々。しっかりと読み込んで正誤の判定を行うことが大事であり、注意深く文章を読み解くスキルも磨いていかないといけません。

史料問題に備える

早稲田の日本史の問題でよく出てくるのが史料問題。教科書などで出てくるようなものならまだしも、今まで見たことがないようなものが出てくることもあります。この場合、キーワードをチェックして中身を判別するのがポイントで、その練習を前もってしておかないと初見ではいきなり攻略するのは大変です。

基礎固めは徹底する

難易度の高さに目を奪われがちですが、その多くは基本的な問題であり、教科書を読んで勉強すれば解けるものばかり。まずは基礎固めを徹底しておおよその点数を確保し、あとは細かな知識をつけていき満点を目指していくのが理想的です。

慶應義塾大学全体の日本史の傾向

学部ごとに違いはありますが、入試で高得点につなげるには幅広い知識と深さが必要です。基礎的な知識で点数をとることも必要ですが、無策では時間切れを誘発するような難易度になっており、どの学部も一筋縄ではいきません。私大最難関レベルと称されるのにふさわしいでしょう。

慶應義塾大学の学部別の日本史の傾向

文学部

記号問題や記述問題などが出てくる文学部。問題数が多いことに加え、論述問題は2つ出されるなど、一定の時間を費やさないと大変なものも。正確に答えつつスピーディに解いて、論述に時間を残して高得点を狙うのが理想的です。

法学部

法学部はすべてマーク式問題となっています。ただマーク式である分、幅広い知識が問われ、より細かくより正確に答えを導いていかないといけません。史料問題などは頻繁に出てきており、事前に対策を立ててスピーディに答えられるようにするのがおすすめです。

商学部

マーク式と記述式、論述と出題される商学部。出題範囲は原始時代から現代まで大変幅が広く、問題が70問以上あるなど、総合力が問われるのが特徴的。これを落としたら大ダメージという問題は少ないだけに、正確に答えられるかがポイントになっていきます。

経済学部

マーク式がなく、記述式と論述問題の経済学部。出題範囲は1600年以降、つまり江戸時代以降であると明確に記載されているのがポイント。江戸時代から近現代まで幅広く知識が問われ、時事的な問題が出てくることもあり、過去問を解いて傾向を知ることが一番です。

慶應義塾大学の日本史対策

出題範囲をチェックして絞り込む

経済学部のように出題範囲が1600年以降と決まっている場合は、1600年以降に絞って勉強を行うことが大切であり、その中でもどの時代から出やすいかをチェックしていきましょう。経済学部では戦後が意外と出やすく、高校の授業で時間切れになりやすい現代が頻繁に出てきます。経済学部を受ける場合にはこの当たりのチェックは必須です。

過去問を分析する

過去問を分析することでおおよその出題傾向が理解でき、効率的な勉強が行えます。学部によっては過去問で何度も見かけた問題が本番で出てくることがあったり、似たような出題形式が何回も出てきたりと、過去問を解いていれば対応できたというケースも。過去問をできるだけ解いていくことは大変重要です。

慶大専用の模試を受ける

模試の中には慶應専用の模試があり、慶應の入試に準じた内容で問題を解いていくことができます。当然その中に日本史も含まれています。こうした模試で出題された問題が実際の入試で登場することもあり、決してバカにはできません。模試を受けて見直しを徹底すると入試につながりやすく、受けて損はないでしょう。

早慶合格におすすめの日本史参考書5選

早慶合格に向けて参考書の存在はとても重要です。合格に欠かせないおすすめの参考書をご紹介します。

山川一問一答日本史

「山川一問一答日本史」は、教科書に登場する歴史用語をまとめ、一問一答形式で応えられる参考書です。教科書に準じた内容になっているため、教科書の内容を徹底して叩き込みたい場合におすすめです。

石川晶康 日本史B講義の実況中継

「石川晶康 日本史B講義の実況中継」は、日本史を全4巻で網羅できる参考書です。講義形式で展開されるほか、CDがついているため、実際に講義を聞きながら日本史を振り返ることができるため、スキマ時間の活用もしやすい1冊です。

山川 詳説日本史図録

「山川 詳説日本史図録」は、文化史などをより理解するために写真などで学んでいくことができる参考書です。教科書に準じた内容になっており、テキストだけではイメージしにくかった部分も写真などを活用して理解していくことができます。

日本史史料一問一答

「日本史史料一問一答」は、史料問題を解く上での必要な知識や史料そのものについて学ぶことができる参考書です。最新版は入試傾向に合わせて入れ替えが行われ、現状入試に出やすい資料をまとめています。

考える 日本史論述

「考える 日本史論述」は、記述式、論述式の問題に特化した参考書です。旧帝大レベルにも対応した中身になっているほか、解説がわかりやすく、答えを導くまでのプロセスがしっかりとしており、日本史の総仕上げにも十分使える1冊です。

早慶に合格するための日本史勉強法

早慶で合格するためには日本史でしっかりと成績を残すことが大切です。そのために必要な勉強法をご紹介します。

参考書は何周も解く

早慶の日本史で好成績を残すには、とにかくインプットとアウトプットを徹底することが必要です。そのために参考書は1回解いたらそれで終わりにするのではなく、何回も解いて内容を叩き込んでいき、アウトプットも同じように行っていきましょう。特に解くスピードが求められる状況において、アウトプットが瞬時に行われることは間違いなくプラスに働きます。

過去問は完璧に答えてから次へ進む

とにかく数をこなそうと過去問をどんどん解いていく人がいますが、あまりいいとは言えません。きっちりと100点にしてからでないと、なぜ間違えたのか、どこを間違えやすいのか、どの部分の知識が薄いのかを理解せずに次に進み、同じ間違いを犯します。これらを理解して次に進むことが重要であり、その上で数をこなすのが一番です。

用語集や資料集の活用

細かな知識を詰め込んでいくには用語集や資料集の活用は必須です。特に史料問題において、様々な史料をチェックし、地図問題なども理解できるようにすることが高得点につながっていきます。資料集や用語集、史料問題対策ができる参考書の活用が大変重要です。

早慶を目指す場合日本史と世界史どちらを選ぶべき?

日本史も世界史も早慶の場合は私大最難関とされ、どちらを選んでも難易度は変わりません。問題形式も基本的に同じで、学部によって難易度が異なるのも日本史と世界史で傾向は同じです。ですので、日本史と世界史を履修していたのであればどちらがやりやすいかで決めるのがいいでしょう。そして、より得意科目な方を選んで勉強を行っていった方が効率的です。

早慶の日本史は教科書だけで対策可能か?

基本的にこれらのテストは教科書だけでも十分対策は可能であり、教科書で出てきた知識が問われます。しかし、入試における問題の出し方などは複雑で、経験やスキル、ノウハウがないと太刀打ちできないケースがほとんど。そのため、教科書だけで対策を行うことは難しく、おすすめはできません。教科書は当然活用するとして、教科書準拠の参考書や講義形式の参考書、論述問題のトレーニングになるものを活用していくのが現実的です。

早慶の日本史過去問情報

早慶で出題された日本史の問題。これらの過去問はネット上でチェックすることはできるのか。過去問を取得できるサイトなどをご紹介します。

早稲田大学の日本史過去問情報

早稲田大学では早稲田大学入学センターにおいて過去の入試問題が掲載されています。主に4年分掲載され、著作権に引っかかっていないものを中心にダウンロードもできます。他にも大学受験パスナビや河合塾が運営する早大塾でもダウンロードが行えます。

慶應義塾大学の日本史過去問情報

慶應義塾大学では先ほどの大学受験パスナビ、慶大塾などで過去問のダウンロードが行えます。慶大塾では問題の分析なども行っており、傾向と対策を立てることもできます。また期間限定で代々木ゼミナールがその年の問題を閲覧できるなど、チェックすることは可能です。

まとめ

日本史の問題も十分難易度は高く、一問一答で言葉だけ覚えればすぐに好成績が狙えるほど甘くありません。しかし、基礎的な問題も多く、いかにテンポよく間違えずに答えていくかも大事。そのためには1年以上前から毎日コツコツと勉強し、3年の1学期までに基礎固めを終わらせて、問題演習や過去問に専念していくのがいいでしょう。