学び

早慶の難易度・レベルはどれくらい?早慶どっちが難しいかも解説

2021.02.06

誰しもが憧れを持つ早慶。誰でも簡単に入れるわけではないからこそ憧れの存在であり、受験生は必死になって勉強します。では、早慶とはどれくらい難しいものなのか、今一度理解する必要がありそうです。 早慶の難易度を中心に、早慶の各学部の難易度、他の大学との比較、そして早慶の比較、それぞれをまとめました。

早慶の難易度とは?どれだけ難しいかを学部別に解説

早慶の難易度はどれくらいなのか、様々なところから解説を行っていきます。

早慶全体の難易度とは?

偏差値から見る難易度

早慶の偏差値ですが、おおむね65.0~70.0のところに位置しており、一番上は偏差値72.5です。河合塾の偏差値を用いていますが、A評価を狙うとすれば70~75、一番上の偏差値の学部であれば77.5まで必要になります。3科目とはいえ、平均的に70以上の偏差値をたたき出すことがいかに難しいか、今までの模試の結果などを振り返って考えてみると答えはすぐに出るはずです。

合格者のレベルから見る難易度

早慶の合格者は、国立大学との併願をしている人もおり、その中身を見ると東大京大、東工大、一橋大と旧帝大やそれに準じる大学を受験する人が多くいます。つまり、ポテンシャル的に東大を狙える人たちが早慶の入試に参加しているということです。その人たちと戦って勝ち抜かないといけないわけですから、そのレベルで難易度の高さを感じるべきです。

同レベルの国立大学から見る難易度

偏差値で同レベルの国立大学は先ほど紹介した旧帝大がメインになります。早慶を偏差値で上回るのは東大京大ぐらいなので、求められるポテンシャルは東大京大に準じた学力とするならば、その難易度がいかに高いかがお分かりいただけるはずです。

大学ランクから見る難易度

私立大学の中で早慶を上回る大学は存在せず、私立大学の最高峰が早慶です。言ってしまえば大学ランクにおいて早慶が最上級に位置し、国立大学を含めてもトップグループに位置することは間違いありません。受験生の中の一握り、その一握りの中の一握りしか、早慶以上の大学には行けないと考えるべきでしょう。

早慶の難易度を学部別に解説

早慶の難易度について、学部別に偏差値と倍率などをチェックしていきます。

早稲田大学政治経済学部

偏差値70.0の政治経済学部は2021年度に募集人員を減らした結果、特に政治学科と国際政治経済学科で志願者数が激減しています。倍率も当然落ちましたが、受験生の安全志向が強く出ただけで、偏差値70.0という数字が物語るような難易度と考えるべきです。

早稲田大学法学部

偏差値67.5の法学部は政治経済学部と違い、募集人員を維持し、倍率も5倍前後に保たれています。年によっては6倍になるなど、4倍後半から6倍前半までがおおよその倍率になりやすいです。難易度としては共通テスト利用入試で5教科6科目で89%がボーダーになり、東大京大のボーダーと同等の時点でかなり高いことが言えます。

早稲田大学文化構想学部

偏差値67.5~70.0の文化構想学部は他の文系に比べて倍率は高くなっており、2021年度で8倍を超えています。過去には10倍を超える時期があり、8倍でも落ち着いている方です。激戦を考えると難易度はかなり高めでしょう。

早稲田大学文学部

偏差値67.5~70.0の文学部。数年前に定員が減ったことで倍率は上昇、2021年度は落ち着きを見せましたがそれでも7.5倍。過去には文化構想学部同様10倍を超えた時期があり、偏差値が難易度を物語るような状況は文学部でも見られます。

早稲田大学教育学部

偏差値62.5~67.5と幅広い教育学部。倍率も学科によってかなり分かれていますが、教育学専攻の場合に倍率がかなり跳ね上がります。特に初等教育学専攻はここ数年の倍率の平均が10倍ほど。67.5をマークするのは教育学専攻であることを考えれば、倍率が高い=難易度も高いという図式が成り立つでしょう。

早稲田大学商学部

偏差値67.5~70.0の商学部。2021年度から入試形式が変更しましたが、最も募集人員が多かった地歴・公民型で倍率は11倍とかなり高いです。ここ数年の倍率と変わっていないため、相変わらず難易度は高く推移している可能性が考えられます。

早稲田大学基幹理工学部

偏差値65.0の基幹理工学部。最も募集人員が多い学系Ⅱの倍率は4倍あたりで推移するなど、志望する学系によって差があります。少なくとも2014年から現在に至るまで倍率はさほど変わっていないため、偏差値通りの難易度と考えるべきでしょう。

早稲田大学創造理工学部

偏差値62.5~65.0の創造理工学部。どの学科もだいたい3倍から4倍あたりに位置します。こちらも倍率に変化はさほど見られず、補欠合格も見受けられるため、難易度的には他の学部よりも若干下がっている可能性はあります。

早稲田大学先進理工学部

偏差値65.0~67.5の先進理工学部。倍率的にはだいたい3倍から4倍あたりにあり、創造理工学部と状況は同じです。ただ補欠合格を出していないため、他の理系大学などに流れにくいことが言えます。難易度としては理工学部の中では高い方かもしれません。

早稲田大学社会科学部

偏差値67.5の社会科学部。2021年度の倍率は8倍になっていますが、補欠合格者が多いことで8倍に下がっており、それがなければここ数年の傾向である倍率10倍超えは確実。安全志向で志願者減の状況、補欠合格者の数が年によってかなり変動しており、難易度は状況次第でそれなりに変わるでしょう。

早稲田大学人間科学部

偏差値62.5~67.5の人間科学部。志願者数は年によって異なり、減少傾向とは言えないため、倍率は急激に下がっている感じではありません。2021年度がコロナもあって低く出やすかった分、翌年度で跳ね上がる可能性もあり、難易度に影響するでしょう。

早稲田大学スポーツ科学部

共通テストと小論文、共通テスト形式で行われるスポーツ科学部。小論文方式の募集人員が増え、補欠合格者も出た分、倍率は3倍を切っています。前年までは10倍近くまで跳ね上がった年もあるため、難易度が急激に下がった印象を受けますが、人員増の影響もありそうです。

早稲田大学国際教養学部

偏差値70.0の国際教養学部。2021年度から募集人員が増え、志願者が減ったために倍率は3.4倍まで下がりました。ただ倍率が下がると翌年度は上がる傾向があるため、偏差値と同じような難易度と考えるべきでしょう。

慶應義塾大学文学部

偏差値65.0の文学部。志願者数は例年並み、補欠合格者が多かったこともあり、倍率は3.2倍になりました。慶應の文系学部の中では偏差値も落ち着いていることもあってか、倍率も落ち着き気味。慶應全体で比較すると難易度は低めということになりそうです。

慶應義塾大学経済学部

偏差値67.5の経済学部。募集人員が減少傾向にあり、倍率も徐々に落ち込んでいます。もちろん倍率の落ち込みが難易度に影響をするとは言い切れませんが、他の学部と比べるとその勢いはあまりないかもしれません。

慶應義塾大学総合政策学部

偏差値72.5の総合政策学部。2021年度は募集人員が減らされたものの、志願者数の落ち込みは小さく、倍率も7倍台とあまり落ちませんでした。例年高い倍率が維持され、偏差値も慶應ではトップクラス。難易度は相当高そうです。

慶應義塾大学法学部

偏差値67.5の法学部。志願者数が以前よりも減っているため、倍率は4倍台に。10数年前なら6倍7倍と倍率があったのに、現在は4倍まで下がっており、以前ほどの難易度はない可能性も十分にあるでしょう。

慶應義塾大学商学部

偏差値65.0~67.5の商学部。倍率が2倍台のA方式が65.0、例年7倍以上の倍率になるB方式が67.5となっており、倍率が偏差値上昇を生み出すとすれば、難易度は入試形式で結構変わると言えます。

慶應義塾大学理工学部

偏差値65.0の理工学部。理工学部に関しては志願者数はそこまで減っておらず、補欠合格者も少ないですが、倍率3倍あたりを10年以上キープし続けます。学門AからEまであるので、その違いも難易度に影響を与えているかもしれませんが、どれでも偏差値65.0が必要なので、あまり気にしなくていいでしょう。

慶應義塾大学医学部

偏差値72.5の医学部。志願者数が15年前と比べて半減近く下がり、募集人員は微増しているため、当然倍率は低くなる一方。それでも倍率6倍と高く、偏差値も非常に高いため、かなりの難関であることは間違いありません。

慶應義塾大学薬学部

偏差値62.5の薬学部。ここ数年で志願者数は減り気味で、倍率も3倍台に落ち込んでいます。ただ薬学部がある私立大学の中では最上級に位置しており、難易度はそれなりに高いとみるべきでしょう。

慶應義塾大学看護医療学部

偏差値60.0の看護医療学部。安定した志願者数を誇り、倍率は2.9倍。看護の専門学校ではなく4年制で学ぶケースはそこまで多くない分、意識が高い人が受けに来る傾向はあるはずです。

慶應義塾大学環境情報学部

偏差値72.5の環境情報学部。年々人気が高まっており、倍率は上昇傾向に。2021年度は7.7倍と過去15年で見ればかなり高めです。補欠合格者の多さが倍率を下げていますが、それを考慮しても倍率は一定以上あり、勢いを感じさせます。

早慶と他大学の難易度を比較

早慶と他の大学で難易度はどのように違うのか、比較を行います。

早慶と東大

早慶と東大では明らかに東大の方が難易度は高め。偏差値もさることながら、共通テストで高いレベルの点数を残し、2次試験に臨まないといけないことが難易度をかなり高めさせます。

早慶と一橋大学

一橋大学も東大に並ぶような存在のため、難易度としてはこちらも相当高く、早慶と比べて難易度的に一橋大学が上でも不思議ではありません。

早慶と旧帝大

早慶と旧帝大では、当然国公立大学ならではの難しさがありますが、早慶と旧帝大は互角のポジションと考えるべきでしょう。旧帝大は大学によって序列がはっきりとしていますが、難易度としては早慶と同レベルと考えるべきです。

早慶と横国

横浜国立大学は難易度的にほぼ互角で、横浜国立大学と早慶どちらも受かって頭を悩ませる人もいます。ネームバリューを考えれば早慶、勉強に集中するなら横浜国立と考えは様々。そのあたりも含めて難易度的にはがっぷり四つかもしれません。

早慶と地方国立

地方国立となると、早慶よりかは若干見劣りは否めないため、難易度的には早慶を下回ります。早慶を併願する受験生は、基本的に旧帝大などを受ける人が多く、地方国立はやや遠め。難易度的には間違いなく早慶が上です。

早慶とマーチ

早慶とマーチで偏差値的に5ポイント程度違うため、5ポイントも違えば求められるものもだいぶ変わります。さすがに難易度は早慶の方が上ですが、マーチレベルでも一定以上の難易度はあるでしょう。

早慶はどっちが難しい?難易度を比較

早慶ではどちらが難しいのか、早慶で難易度をチェックしていきます。

入試問題から見る難易度比較

国語の問題がない慶應、学部学科によって異様に問題が難しくなる早稲田。共通するのは英語の難しさで、1万語レベルの語彙力が問われます。それぞれの大学、学部学科で対策を立てるべきですが、英語の難しさは同じ程度。あとは小論文が得意かどうかで感じる難易度は変わるでしょう。

偏差値から見る難易度比較

偏差値的には早慶は互角。72.5がある慶應の方が難しいと言えますが、看板学部同士では同じような偏差値で競り合っており、どちらが上とは断言できないでしょう。

倍率から見る難易度比較

倍率を見ると学部学科によって大きく異なり、定員厳格化やコロナ禍による安定志向の影響で、どちらも下がり気味です。翌年後はその反動が期待されますが、この反動の有無でだいぶ変わってきそうです。

結論:早慶はどっちが難しい?

結論として早慶は同じくらい難しいです。偏差値の微妙な差はあれど、難易度はどちらも高く、看板学部同士も接戦を演じています。明確に早慶どちらが上とは絞りにくく、序列を明確にするのは大変でしょう。

早慶に合格するための受験戦略のポイント

早慶に合格するためにどのような戦略を立てていけばいいのか、受験戦略のポイントをまとめました。

英語力を鍛える

早慶を受ける際に共通するのは英語への対策を万全にすること。国語ではなく小論文形式の慶應など早慶で入試形式が異なることが多い半面、英語の重要性は同じです。早慶では英検準1級レベルの語彙力などが求められており、これに加えて受験する学部に応じた専門性のある単語、英作文の作成能力などが問われます。早慶どちらを受けるにしても万全の対策は必要です。

できるだけ受験する学部を絞り込む

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるということわざがあるように、たくさん受験すればどこかで当たるだろうと思いがちです。しかし、早慶はその精神では痛い目を見ることになるでしょう。できるだけ受験する学部を絞り込み、それぞれの学部で対策を立てていかないと太刀打ちできません。安全志向で早慶を回避する学生が多いのは、確実に合格を目指すためであり、早慶を志望する学生もそれに準じた対策は立てるべきでしょう。

推薦入試も活用する

推薦入試で大学に入ると、「受験戦争から逃げた」とか、「楽して入った」などと思われがちですが、3年間の評定平均が一定レベルを超えて、しかも同じように超えてきた人と比較検討をされて入学できるため、楽には入れません。むしろ3年間の高校生活が高く評価された賜物が推薦入試での合格です。早慶ともに推薦入試に力をいれており、利用しない手はありません。

まとめ

早慶の難易度は非常に高く、生半可な覚悟では合格は難しいです。継続的な勉強を行っていくことで合格をつかみ取ることができます。そして、戦略的に受験に挑み、時に受験する学部を絞り込む、滑り止めの大学を絞るなどのリスクを負いながらも早慶合格に向けた効率的な対策を立てていきましょう。