学び

MARCH文系の数学難易度はどれくらい?難易度順ランキングも発表

2021.01.20

「MARCHを志望校に考えているけど文系数学の難易度はどれくらい?」
「MARCHの中で文系数学が簡単なところはある?」

この記事ではこのような疑問を解決します。

具体的には
・MARCH文系の数学難易度はどれくらい?
・MARCH文系の数学難易度順ランキング
・MARCHの文系で数学受験はやめとけって本当?
・MARCH文系数学の勉強法
・MARCH文系数学の勉強におすすめの参考書3選
の順に解説します。

8分くらいでよめますのでぜひ一読ください。

MARCH文系の数学難易度はどれくらい?

「MARCHの文系数学って難しいのかな?」

MARCHを文系数学で受験しようと思っている人にとって、気になる情報ですよね。まずはMARCHの文系数学の難易度を解説していきます。

MARCH文系の数学は標準レベルです。しかし定型パターンを暗記し、網羅的な勉強をやりきる必要があります。

なぜなら、一問の配点が大きいのでわからない範囲があると大きく失点するからです。その点、社会科目は点数が安定しやすいと言えるでしょう。

生半可な気持ちで数学を選ぶと後悔する可能性もあります。しかし一年間、勉強すれば合格点を狙えるレベルです。

MARCH文系の数学難易度順ランキング

MARCH文系の数学難易度順ランキングを解説します。

偏差値面のランキング

まずは偏差値のランキングを解説します。データは大学偏差値 研究所を参照しています。

1位:立教大学 64
2位:青山学院大学63
3位:明治大学 62.9
4位:中央大学 61.2
5位:法政大学 60.8

最も偏差値の高い大学は立教大学、ついで青山学院大学、明治大学、中央大学、最後は法政大学という結果になりました。

この順番は一般的なMARCHの序列のイメージと変わりないのではないでしょうか。

入試問題面のランキング

入試問題面でのランキングを解説します。

1位:中央大学
2位:法政大学
3位:立教大学
4位:青山学院大学
5位:明治大学

MARCH文系数学では中央大学の難易度が最も高くなっています。ついで法政大学と立教大学と続きますがこの2校に大きな差はありません。

受験者のレベル面のランキング

受験者のレベル面のランキングを解説します。

1位:立教大学
2位:青山学院大学
3位:明治大学
4位:中央大学
5位:法政大学

順位はつけましたが、どこもMARCHです。受験者の層はかぶりやすいことは忘れないようにしましょう。

結論:MARCHの理系数学難易度ランキング

MARCHの理系数学難易度ランキングを解説します。
1位:中央大学
2位:法政大学
3位:立教大学
4位:青山学院大学
5位:明治大学

このような結果になりました。ここでは問題の純粋な難易度のみではなく、合格しやすいかどうか、周りの受験生のレベルはどうかといった点を考慮しています。

MARCHを受験する人は是非参考にしてみてください。

MARCHの文系で数学受験はやめとけって本当?

「数学は満点が狙える」
「数学は受験者が少ないから、受かりやすい」

といった声がある一方で
「文系数学はやめとけ」という声もあります。

どちらが本当なのでしょうか。

数学の得意不得意によって変わる

結論は数学の得意不得意によって変わります。

文系を選んだ人の中には「数学が苦手だから」という理由で文系にした人も多いのではないでしょうか。

そのような人が「数学は得点しやすいから」と数学受験をすると痛い目をみるでしょう。

数学が得意な人は数学受験が有利な場合も

文系の中には
・理系から文転してきた
・もともと数学が得意だったが文系を選んだ
人もいるでしょう。

そのような人は数学受験が非常に有利には働く可能性があります。

日本史、世界史などの社会科目は暗記量が膨大です。時間がかかるため、受験に間に合わない場合も多いでしょう。

その点、数学は暗記量が多くありません。数学の力がすでにある人は、数学受験することで、効率よく受験を乗り切れるでしょう。

数学が不得意な人は1年かけても点数が取れない

逆に数学は不得意な人は1年かけても点数が取れないことが多いです。

よく言われるのが
「数学はパターンを暗記していれば解ける」
ということ。

しかしパターンとパターンの組み合わせの問題や、一見パターンが見えない問題もよく出題されます。

そのため暗記すると言っても、理解を伴った暗記が必要。数学が苦手な人にとってはかなりの苦痛でしょう。

そのため数学が苦手だと自覚している場合は数学受験はおすすめしません。

対策時間が短くて済む科目を選択しよう

自分の今の状況を分析し、効率よく点数が伸びる科目を勉強していくことが大切です。数学が苦手な人にとって、数学の勉強はなかなかはかどらないでしょう。

逆に暗記が得意な人は社会系の科目のほうが早く対策できるかもしれません。

MARCH文系数学の勉強法

MARCH文系数学の勉強法を解説します。

基礎をしっかりと固めてから、標準問題に取り組む

MARCH文系数学の勉強法1つ目は基礎をしっかりと固めてから、標準問題に取り組むことです。

数学の伸びない人の特徴は「基礎を理解しないままに次に進むこと」です。数学は積み重ねの科目。

基礎の知識を使って、標準問題を解き、標準問題の知識を使って、発展問題を解きます。

そのため最も重要な土台をなす基礎を適当に済ませてしまうと、取り消しのつかないことになるのです。

基礎の問題を解いてわからないところを「まあいいか」でスルーしないことが大切です。

5分考えてもわからない問題は解答をみる

MARCH文系数学の勉強法2つ目は5分考えてもわからない問題は解答をみることです。

数学を勉強する際の落とし穴は1問に数十分も時間を使ってしまうこと。

数学的な思考力はもちろんあったほうがいいですが、それは数学の基礎を理解して問題演習をして身につけていくもの。

考えているだけでは成長はありません。受験は時間との勝負です。5分考えてわからない場合はすぐに解答をみて理解をすることに時間をかけましょう。

復習を重視した勉強をする

MARCH文系数学の勉強法3つ目は復習を重視した勉強をすることです。なぜなら人間は一度勉強しただけでは忘れる生き物だから。

例えば一週間前の晩御飯を思い出せるでしょう。多くの人は思い出せないと思います。何度も復習していないからです。

しかし親の名前を答えてと言われたら、多くの人が答えられるでしょう。人生で何度も知識を使っているからです。

このように人間は何度も使った情報は必要なのだと判断し、長期記憶に保存するのです。

そのため復習を重視した勉強が必須。具体的には2週間に3回使った情報は長期記憶に入ると言われています。

2週間に3回は復習するようにしましょう。

MARCH文系数学の勉強におすすめの参考書3選

MARCH文系数学の勉強におすすめの参考書3選を解説します。

初めから始める数学シリーズ

MARCH文系数学の勉強におすすめの参考書1つ目は「初めから始める数学シリーズ」です。

「初めから始める数学シリーズ」の一番の特徴は解説の詳しさです。

絶対に抑えておきたい問題に絞っているため、問題数は少ないですが、その分どの参考書よりも解説がわかりやすくなっています。

そのため解説を読んでもわからないというストレスがないためスラスラと勉強できるのです。また問題数が少ないため、何度も復習でき、効率的に学力を高められます。

解説の詳しい参考書がいいと考えている学生のおすすめの参考書です。

文系の数学 重要事項完全習得編

MARCH文系数学の勉強におすすめの参考書2つ目は「文系の数学 重要事項完全習得編」です。

数学では基礎を固めることがなによりも重要という話をしましたが「文系の数学 重要事項完全習得編」は、基礎の仕上げにピッタリの参考書です。

例題150題、演習問題150題がのっており、絶対に抑えておきたい問題が厳選されています。

公式を一から説明するタイプの参考書ではありませんが、その分問題をどういう手順で解いていくかがわかりやすく解説されています。

基礎は一通りやったのに、模試などで点数が取れない人は、問題を解く手順がわかっていない場合がほとんどです。

そのような人は「文系の数学 重要事項完全習得編」で基礎問題を正解できる力をも身につけましょう。

合格る計算 数学I・A・II・B/数学Ⅲ

MARCH文系数学の勉強におすすめの参考書3つ目は「合格る計算 数学I・A・II・B/数学Ⅲ」です。

「合格る計算 数学I・A・II・B/数学Ⅲ」は計算に特化した参考書。世の中に数学の公式や、問題を解説した参考書はたくさんありますが、計算に特化した参考書はこれのみです。

数学の問題を解いていて、以上に計算が早かったり、問題を解いたりするのが早い人っていますよね。

そのような人は計算自体が早いというより、無意識のうちに、楽な計算を展開していたり、工夫していたりするのです。

「合格る計算 数学I・A・II・B/数学Ⅲ」ではそのような数学が得意な人が無意識でやっているやり方を学ぶことができます。

まとめ

ここまでMARCH文系の数学難易度、難易度順ランキングを解説しました。

MARCH文系の数学難易度ランキングは以下です。

1位:中央大学
2位:法政大学
3位:立教大学
4位:青山学院大学
5位:明治大学

MARCHを受験する人は是非参考にしてみてください。