学び

仮面浪人で予備校に通うのはあり?おすすめの予備校も解説

2021.01.19

「仮面浪人をしたいけど、予備校って通ったほうがいいの?」
「おすすめの予備校があれば、知りたい」

仮面浪人を検討している人の中にはこのような疑問を持っている人もいますよね。この記事ではこのような仮面浪人に関する疑問を解決します。

具体的には
・仮面浪人をしながら予備校に通うことは可能?
・仮面浪人で予備校に通うのってあり?
・仮面浪人中に通うおすすめの予備校の特徴とは?
・仮面浪人生が予備校に通う場合の勉強法
・そもそも仮面浪人と予備校浪人どっちが良い?
の順に解説します。

8分くらいで読めるのでぜひ一読ください。

仮面浪人をしながら予備校に通うことは可能?

仮面浪人をしながら予備校に通うことはそもそも可能なのでしょうか。

仮面浪人生でも予備校に通える

結論をいうと仮面浪人でも予備校に通えます。大学に予備校に通ってはいけないという規則はありません。

また現実的に授業を取りながら、予備校に通えるのかという問題もありますが、問題ありません。大学はどれくらいの授業数を取るか自分で決められます。

さらに高校までとは違って、毎日、夕方まで授業があるわけではないので、予備校に通うことは可能です。

仮面浪人生が予備校に通うパターンとは?

次に仮面浪人が予備校に通うパターンを解説します。

授業が緩い大学に在学するパターン

1つ目のパターンは授業が緩い大学に在学するパターンです。大学といっても、各大学によって、授業の厳しさは違います。

毎回出席しなくても、テストさえ受かれば単位のもらえる授業もあれば、毎回出席が必須で課題もたくさん出るといった授業もあるのです。

そのため授業が緩い大学に入っていれば、授業時間外の時間がたくさん取れます。結果として予備校に通う時間ができるのです。

自習サポート型の塾・予備校に通うパターン

2つ目のパターンは自習サポート型の塾・予備校に通うパターンです。塾・予備校といえば学校のような集団授業をイメージするかもしれません。

しかし最近では授業を行わず、自習のサポートに徹する塾・予備校も増えています。

そのようなタイプの塾・予備校であれば、授業に時間を取られることもないので通いやすいでしょう。

大学を休学するパターン

3つ目のパターンは大学を休学するパターンです。予備校と大学の両立は厳しいということで、休学して予備校に通うパターンもあります。

休学していれば、実質、浪人生と同じ生活。予備校の授業を受けながら自分の自習の時間も確保でき、勉強に集中しやすい環境が作れます。

仮面浪人で予備校に通うのってあり?

仮面浪人で予備校に通うことは可能であると確認してきました。ですが仮面浪人で予備校に通うことは良いことなのでしょうか。

仮面浪人でも塾・予備校に通ったほうが良い

結論は仮面浪人でも塾・予備校に通ったほうがいいです。

仮面浪人生が塾・予備校に通ったほうが良い理由

仮面浪人生が塾・予備校に通ったほうが良い理由を3つ解説していきます。

レベルの高い授業が受けられる

仮面浪人生が塾・予備校に通ったほうが良い理由1つ目はレベルの高い授業が受けられるからです。

学校の授業を受けていて「この授業意味ないなあ」と思ったこともあるのではないでしょうか。しかし予備校の講師は大学受験のプロです。

今までに何千人もの生徒を指導してきています。さらに大手予備校には参考書を出版している講師が何人もいます。

このような講師の質の高い授業を受ければ、見える世界が変わります。これは自習では経験できないことです。

自習室が確保できる

仮面浪人生が塾・予備校に通ったほうが良い理由2つ目は自習室が確保できることです。

仮面浪人の問題として「いつでも必ず利用できる勉強場所が見つけにくい」ということがあります。例えば仮面浪人であればカフェで勉強する人も多いでしょう。

しかしカフェであれば夜遅くまではやっていません。さらに「こんな長時間いるのだから、もう一杯コーヒー飲んだほうがいいかな」など余計な神経を使います。

予備校であれば自習室があります。同じように受験勉強をしている人たちに囲まれながら、勉強できる環境です。

時間的にも夜遅くまで空いているところが多く、まさに自習に最適な場所と言えるでしょう。

最新情報が得られる

仮面浪人生が塾・予備校に通ったほうが良い理由3つ目は最新情報が得られることです。

仮面浪人であればすべての情報は自分で取りに行かなければなりません。しかし予備校に通えば、自然と最新情報がキャッチできます。

例えば授業を受けている際、予備校の講師は「~大学を受ける人はこのタイプの問題よく出るからね」など、勉強する上で重要度の高い情報を教えてくれるのです。

他にも~大学対策授業など、大学ごとに最新の解説が聞ける授業も設置されています。

仮面浪人中に通うおすすめの予備校の特徴とは?

仮面浪人中に通うおすすめの予備校の特徴を3つ解説します。

自習をサポートしてくれる

仮面浪人中に通うおすすめの予備校の特徴1つ目は自習をサポートしてくれることです。

一つ質問です。自習しているときと授業を受けているとき、成績がより伸びるのはどちらでしょうか。

答えは自習しているときです。なぜなら授業は自分にペースで進むわけではないから。

例えば授業において数学の一つの問題を20分かけて解説するとします。

たしかに人から教わると頭に入ってきてわかりやすいですよね。しかし自分で解説を読めば5分で理解できることも多いはず。

このように授業は自分にとって必ずしも効率的な勉強ができるわけではないのです。そのため仮面浪人をする際は自習を重視した予備校がおすすめです。

勉強速度を管理してくれる

仮面浪人中に通うおすすめの予備校の特徴2つ目は勉強速度を管理してくれることです。

仮面浪人を失敗する要因として、大学の楽しい雰囲気に流されて、勉強時間がそもそも確保できなかったということがあります。

・サークルで男女楽しく活動
・バイトをして好きなことにお金を使う

このような人たちに囲まれていれば集中できなくても無理ありません。そこで勉強速度を一緒に管理してくれる予備校を選びましょう。

1人ではないというだけで、モチベーションは全く変わってきます。

相談に乗ってくれるサポーターがいる

仮面浪人中に通うおすすめの予備校の特徴3つ目は相談に乗ってくれるサポーターがいることです。

仮面浪人はメンタルが不安定になりやすいものです。なぜなら周りは大学という次のステップに進んでいるのに、自分はまだ受験をしていると実感しやすい環境だから。

そのため相談に乗ってくれるサポーターがいる予備校に通うと、勉強に集中できます。人は誰かに悩みを話すだけで、ストレスホルモンが9割減少する生き物。

ストレスを吐き出せる場所を作ってくれるような予備校を選びましょう。

仮面浪人生が予備校に通う場合の勉強法

仮面浪人生が予備校に通う場合の勉強法を3つ解説します。

授業の予習・復習をする

仮面浪人生が予備校に通う場合の勉強法1つ目は授業の予習・復習をすることです。

せっかく予備校に通っても授業を無駄にしてしまっては意味がありません。

予備校のテキストは、内容をきちんと理解して暗記すれば、実力がどんどん上がっていくような良問ばかり集めています。

そのため必ず予習・復習を徹底するようにしましょう。

やらないことを決める

仮面浪人生が予備校に通う場合の勉強法2つ目はやらないことを決めることです。

受験おいて「やっておいたほうがいいこと」は山程あります。例えば、英文法の参考書だって、一冊やるよりは2冊やるほうがいいでしょう。

しかし時間は有限です。「やっておいたほうがいいこと」ではなく、「必ずやらなければならない」勉強に絞ってやるべきです。

具体的にはいろいろな参考書に手を出さないようにしましょう。単語帳も一冊あれば十分です。

予備校の講師の言うことを素直に聞く

仮面浪人生が予備校に通う場合の勉強法3つ目は予備校の講師の言うことを素直に聞くことです。

たとえば「~大学はここが出やすい」と言われればその範囲の勉強をしましょう。これは自習では得られない貴重な情報です。

何千人もの受験生を合格させてきた講師が言っているのです。

数回受験を経験しただけの自分よりも、はるかに信用できます。くれぐれも「自分はこっちのほうがいいと思う」といい講師のアドバイスに逆らうことはやめましょう。

そもそも仮面浪人と予備校浪人どっちが良い?

そもそも仮面浪人と予備校浪人どっちが良いのでしょうか。

浪人できるなら予備校浪人が良い

結論は浪人できるなら予備校浪人が良いです。

仮面浪人よりも予備校浪人の方が良い理由

仮面浪人よりも予備校浪人の方が良い理由を3つ解説します。

勉強時間が多く取れるから

仮面浪人よりも予備校浪人の方が良い理由1つ目は勉強時間が多く取れるからです。

仮面浪人の一番の問題は勉強時間が取りにくいことです。大学へ通学したり、授業を受けたりしていたら、あっという間に一日が終わります。

しかし予備校浪人であれば、受験のみに集中できる環境。仮面浪人よりも予備校浪人のほうが成績は上がるでしょう。

ライバルがいるから

仮面浪人よりも予備校浪人の方が良い理由2つ目はライバルがいるからです。

予備校浪人であれば、周りも同じ浪人生ばかり。本気で勉強している人たちに囲まれながら勉強できます。

自分がしんどいなと思うときでも「負けてられるか」と闘志を燃やせます。

しかし仮面浪人の周りは大学生。特に大学一年生となれば受験から開放され、遊びに夢中な学生ばかりです。

そのような環境では受験へのモチベーションが保ちにくいでしょう。

誘惑が少ないから

仮面浪人よりも予備校浪人の方が良い理由3つ目は誘惑が少ないからです。

仮面浪人は誘惑に囲まれた環境です。サークルや部活、バイトをしている人たちに囲まれて受験勉強をします。

もし空きコマが友達とかぶった場合、「この後一緒に過ごそう」という流れになるでしょう。そこで「自分は勉強があるから」と言えるでしょうか。

予備校浪人であれば、そのような誘いを受けることもありません。

まとめ

ここまで仮面浪人で予備校に通うのはありか解説してきました。

重要なポイントをまとめます。
・仮面浪人でも塾・予備校に通ったほうが良い
・そのわけはレベルの高い授業が受けられるから
・おすすめは自習をサポートしてくれる予備校

仮面浪人であっても予備校に通うことはできます。むしろ積極的に活用していきましょう。