学び

仮面浪人で成功するためのスケジュールとは?授業の取り方も解説

2021.01.13

「仮面浪人で成功するためのスケジュールってどんなものだろう」

この記事ではこのような疑問を解決します。

具体的には
・仮面浪人成功するためのスケジュールとは?
・仮面浪人の勉強はいつから開始するべき?
・仮面浪人で最適なスケジュールを組むための授業の取り方
・仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツ
・仮面浪人を成功させるための秘訣3選
の順に解説します。

8分くらいで読めるのでぜひ一読ください。

仮面浪人成功するためのスケジュールとは?

仮面浪人を成功させるためのスケジュールはたしかに存在します。確認していきましょう。

1日の理想的なスケジュール例

1日の理想的なスケジュール例を
・大学のある日
・大学のない日
に分けて解説します。

大学の授業がある日

はじめに大学の授業がある日を解説します。

08:00~:起床
08:30~:朝食
10:30~:授業
12:00~:昼食
13:00~:授業
16:00~:勉強
18:00~:夕食、風呂
20:00~:勉強
23:00~:就寝

大学のある日は基本的に午前中からお昼までが授業で潰れてしまいます。そのためがっつり勉強できるのは昼以降と考えておきましょう。

大学の授業がない日

次に大学の授業がない日を解説します。

08:00~:起床
08:30~:朝食
09:00~:勉強
12:00~:昼食
13:30~:勉強
18:00~:夕食、風呂
20:00~:勉強
23:00~:就寝

大学の授業がない日は普通の浪人生と同じような生活を送ることができます。そのため午前、午後、夜にそれぞれ三時間は勉強できることが理想です。

年間の理想的なスケジュール例

今度は一日ではなく、年間の理想的なスケジュール例を解説していきます。

受験終了~入学

この時期は合格発表があります。第一志望に落ちた悔しさや、やるせない思いからメンタルが不安定になる時期です。

「あのときもっと頑張っていればよかった。」
「なんでこんなに頑張ったのに・・・」
という気持ちでいっぱいでしょう。

このようなメンタルの状態では冷静な判断はできません。そのため仮面浪人についてこの時点で決定する必要はなく、目の前の悲しみにまずはどっぷりと浸かりましょう。

4月~6月

4月から6月の時期は少し気持ちも落ち着いてきた時期。この早い時期から仮面浪人を決断できるのが理想です。

やはり早い段階から勉強したほうが受かる確率は上がります。

大学は誘惑の多い場所です。
・サークルで男女仲良く楽しんでいる
・バイトをして好きなようにお金を使っている

など周りはキャンパスライフを楽しんでいます。その環境で、自分の勉強に集中するための練習をこの時期からしていきましょう。

7月~9月

大学は夏休みが長く約2ヶ月あります。そのためこの時期は一番勉強に集中できる期間です。

普通の浪人生はこの時期までに基礎を固めます。仮面浪人生も基礎の学習をここまでに固めるようにしましょう。

10月~12月

10月~12月は受験も迫ってきて、緊張感の高まる時期です。理想としてはこの時期に発展的な内容に取り組めていると良いでしょう。

大学の授業も前期は比較的取りやすかったですが、この時期は取りにくくなります。しかしあくまで仮面浪人は通過点。

受験への比重が大きくなるのは仕方ないものとして大学受験に集中していきましょう。

1月~受験

1月~受験もひたすら受験勉強の日々です。気をつけるべきは大学の試験と入試の日程。大学の試験も2月辺りにある事が多いですから、十分に被る可能性があります。

優先すべきは大学受験。必修科目以外はかぶったとしても休むようにしましょう。

仮面浪人の勉強はいつから開始するべき?

ここからは仮面浪人の勉強はいつから開始するべきかを解説します。

早ければ早いほど合格率が高まる

結論からいうと早ければ早いほど合格率が高まります。

当然、4月から始めた人と、12月から始めた人では大きな差がありますよね。

そのため仮面浪人をする場合は早めに決断することが望ましいです。

半年の仮面浪人で合格可能か

半年の仮面浪人で合格は可能です。ただし現在の学力と志望校によります。例えば、現在、偏差値40の人間が、早慶に合格するとなると、半年では厳しいでしょう。

しかし現在、MARCHに通っている大学生が、早慶を目指す場合、半年でも可能です。

仮面浪人で最適なスケジュールを組むための授業の取り方

仮面浪人で問題になってくるのが授業はどうするのかですよね。ここでは仮面浪人で最適なスケジュールを組むための授業の取り方を解説します。

授業は進級に必要最低限のみ取る

仮面浪人の授業のとり方で最も基本的なことは進級に必要最低限のみ取ることです。

大学の授業は普通に取ると平日は毎日三コマ分ほどあります。しかし三コマといえば、約4時間30分です。

ここに移動時間などもはいってくると5時間以上も消費することになります。いくら効率的な勉強をしても、これでは勉強時間が足りません。

そこで進級に必要な単位のみを取るようにしましょう。

そうすれば週に2~3日通うだけですみ、勉強時間を確保できるのです。

友達と合わせる

仮面浪人で最適なスケジュールを組むための授業の取り方2つ目は友達と合わせることです。

仮面浪人という一見、勉強ばかりで友達は必要ないように感じますよね。しかし実はとても重要なのです。

なぜなら友だちがいることで課題を手伝ってもらえたり、授業のサポートを受けたりできるから。

仮面浪人であれば時期によっては授業中に受験勉強をするときもあります。そんなとき友だちがいれば、後から板書を見せてもうこともできます。

そのため友達と授業をなるべく合わせるようにしましょう。

第2言語は中国語を選ぶ

仮面浪人で最適なスケジュールを組むための授業の取り方3つ目は第2言語は中国語を選ぶことです。

多くの大学では、言語の授業は必修。つまり言語の単位を取らないと、卒業できない仕組みになっています。

おすすめなのは中国語。なぜなら中国画は日本語の漢字と同じ部分が多いからです。そのため漢字から意味を類推することも可能。

最小限の力で単位を取る上で、日本語と近い中国語は有効でしょう。

仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツ

仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツを3つ解説していきます。

朝起きる時間を固定する

仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツ1つ目は朝起きる時間を固定することです。

朝起きる時間を固定することで、生活が安定します。特に朝は脳に無駄な情報がなく、記憶に最も適した時間です。

朝の学習は夜の2倍くらいの密度があります。そのため必ず朝は固定の時間に起きて、勉強するようにしましょう。

逆に一番良くないのは夜遅くまで起きていて、昼に起きる生活。一度生活が崩れると、なかなか抜け出すことは困難です。

負のループにハマってしまわないように気をつけましょう。

スキマ時間をつかう

仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツ2つ目はスキマ時間を使うことです。

仮面浪人は普通の浪人生に比べて勉強時間がとりにくいため、スキマ時間を使う必要があります。

たとえば通学の時間。電車に座っている間に勉強できますよね。もし満員電車だとしたら、一時間早く電車に乗るようにしましょう。

このように自分からスキマ時間を生み出す視点が必要です。そうすることでどんどん効率的に時間を使えるようになり、仮面浪人成功の可能性が高まります。

周りに流されないと決めておく

仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツ3つ目は周りに流されないと決めておくことです。

実はこの覚悟がとても大切。なぜなら大学は常に誘惑が目の前にある状態だからです。

例えば友達と空きコマがあった場合、ほとんど場合「このあと一緒に過ごす」流れになります。

カフェでゆっくりしたり、一緒にご飯を食べたりするのです。しかし仮面浪人にとって空きコマは大切な勉強時間。
「ごめん、この後用事があって」
としっかり断る勇気が必要です。

あらかじめ気持ちの準備をしておくことで断りやすくなりますので、周りに流されないと決めておきましょう。

仮面浪人を成功させるための秘訣3選

次に仮面浪人を成功させるための秘訣3選を解説します。

なぜ不合格だったかを分析する

仮面浪人を成功させるための秘訣1つ目はなぜ不合格だったかを分析することです。

現役時代から何も改善せずに、受験をしてもおそらく同じ結果になってしまいます。

自分なりに「どこを改善できたか」考えてみましょう。

おすすめは紙に書き出して毎日見ること。

例えば
・毎日予定をたてる
・参考書は一冊を徹底する
・夜型ではなく朝型に変える

など改善点を書き出します。

そしたら毎朝、紙を見る習慣をつけるのです。そうすれば必ず、現役時よりも良い受験勉強ができます。

毎朝、予定をたてる

仮面浪人を成功させるための秘訣2つ目は毎朝、予定をたてることです。

そうすることで効率的に勉強時間を確保できます。

例えば
・朝7時に起きて1時間数学を勉強する
・移動時間は英単語30個覚える

など具体的な数字まで書くようにしましょう。具体的に予定を立てることで、達成率は格段に上がります。

記憶の仕組みを理解する

仮面浪人を成功させるための秘訣3つ目は記憶の仕組みを理解することです。

記憶の仕組みにそった勉強をすれば、時間は少なくても、質の高い勉強につながります。

重要なのは「2週間に3回、復習すること」です。2週間に3回、復習した情報は、脳が「これは重要な知識なんだ」と認識し短期記憶から長期記憶に移るのです。

逆に一度しか勉強していないことは、1日経っただけで約70%も忘れてしまいます。

復習重視の学習をしましょう。

まとめ

ここまで仮面浪人で成功するためのスケジュール、授業の取り方を解説してきました。重要なポイントをまとめます。

・仮面浪人の勉強は早ければ早いほどいい
・仮面浪人で最適なスケジュールを組むための授業の取り方は授業は進級に必要最低限のみ取ること
・仮面浪人を成功させるためのスケジュール調整のコツは朝起きる時間を固定すること

仮面浪人は上手にスケジュールを組むことで成功率が格段にアップします。ここで紹介した方法を実践して仮面浪人を成功させましょう。