学び

MARCH(マーチ)は高学歴なのか?高学歴である理由を解説

2021.12.24

少子化が進み大学全入時代を迎えると、少しでも上の大学を目指したいと学生は頑張り、上の大学を目指してほしいと保護者の方々は願います。高学歴であればいい就職先も狙えるはず、そんな思惑もあることでしょう。さて、MARCHは高学歴なのか、それとも高学歴ではないのか、気になるところです。

今回はMARCHは高学歴なのかどうかにスポットを当て、高学歴と言われる理由、なぜか高学歴ではないと言われてしまう理由、日東駒専との差や一般的な高学歴とはどの大学からなのかなどをまとめました。

MARCH(マーチ)は高学歴なのか

MARCHは果たして高学歴なのかどうか、様々な観点から解説を行います。

そもそも高学歴とは?

そもそもの話、高学歴とはどのようなケースを指すのか。高学歴の定義はバラバラで、偏差値で判断する人、学歴フィルターにかからないかどうかで判断する人、大学群の枠組みなど様々です。偏差値であれば60以上の大学は高学歴とされるため、高学歴と称することができる大学はかなり少ないでしょう。学歴フィルターは企業によってかなり厳しくするケースもあるため、本来高学歴な大学を除外していることも想定されるため、偏差値60を1つの目安にするべきでしょう。

MARCH(マーチ)はどれくらいのレベルなの?

MARCHは明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の5つで構成されていますが、偏差値の範囲はだいたい55~65あたりで、高学歴とされる偏差値60を超えている学部学科を多く抱えています。偏差値65レベルであれば早慶上理や国公立大学と肩を並べるところまでいくため、レベルとしては十分高いでしょう。たとえ偏差値55だったとしても大学のブランド的に高学歴を印象付けるため、大学に入ってしまえば問題はないでしょう。

MARCH(マーチ)は間違いなく高学歴

偏差値的な観点、一部学歴フィルターで引っかかる部分はあってもほとんどの大学はスルーできる部分を見ても、MARCHは間違いなく高学歴の部類に入ります。

MARCH(マーチ)が高学歴である理由

人気が集中する

偏差値が上がるのはそれだけ多くの人が大学を志望するからであり、常に倍率ギリギリなら偏差値は上がらず、下がる一方です。MARCHの場合、元々偏差値が高い中で知名度も全国的で、MARCHというブランドが完成されているため、偏差値は高位安定します。この状態が長く続いているため、結果的に高学歴となります。昔は低学歴と揶揄された学校が今では高学歴にまで成長するケースはちょくちょくありますが、高学歴を維持し続けることもまた大変です。MARCHがそれを可能にするのは根強い人気の高さのおかげです。

就職先で活躍する

高学歴となぜ言われるかといえば、卒業してから就職先で活躍する人が多いからです。中央大学の卒業生のように法曹界で強く、企業経営者や会社役員を多く輩出していくと、そのイメージが根付き、大学に対する信頼につながりやすいです。高学歴は信頼の積み重ねによって成立するため、MARCHは高学歴として扱われやすくなるでしょう。

都心にあるから

MARCHの5大学はいずれも東京に本部があり、東京のど真ん中にキャンパスがあります。交通のアクセスがいいところに大学があると人気が集まりやすく、競合しやすいため、偏差値は上がりやすいです。大阪であれば関関同立がMARCHと同じ立ち位置にいますが、いずれの大学も大阪や京都のいい場所にあります。理系学部は東京から外れるケースもありますが、落ち着いて研究できる場所に広大な敷地を確保して存在し、最先端の研究にお金をかけるため、十分釣り合います。場所が良くても偏差値が低い大学はありますが、あくまでも要素の1つです。

MARCH(マーチ)が高学歴じゃないと言われてしまう理由とは?

明らかに高学歴のMARCHですが、ネット上では「MARCHは高学歴じゃない」と言い張る人もいます。何を根拠にそのようなことを言えるのか、そこにはちゃんとした理由がありました。

MARCHも学歴フィルターの例外ではないから

確かな理由として挙げられるのが、MARCHも学歴フィルターの例外ではないことです。MARCHが学歴フィルターに引っかかるのは大手の総合商社など官公庁と互角に渡り合い、時にタッグを組めるようなレベルの企業です。このような企業は東大京大、早慶など一握りの人たちを対象とするため、MARCHが学歴フィルターに引っかかる恐れがあります。しかし、一般的な上場企業であればMARCHを学歴フィルターにかければ不利益の方が大きいため、「学歴フィルターに少しでも引っかかれば高学歴ではない」という考えは乱暴と言えるでしょう。

東大京大や早慶出身者の発言

ネット上で「MARCHは高学歴ではない」と発言する人は、自らが東大京大などの旧帝大や早慶の出身者であることが多く、いわば自分たちが高学歴であり、MARCHと一緒にしてくれるな!というプライドがそのように言わせると考えられます。MARCHは偏差値的に上位15%に入るので高学歴の部類に入ることは旧帝大や早慶の出身者もわかっています。しかし、自分たちの方がより上で、より高学歴であることを固辞したくてそのような発言をしてしまうのです。

MARCHを落とされた人の嫉妬

もう1つ考えられるのがMARCHを落とされてしまった人の嫉妬によるものです。学力や学歴がすべてではないと言い張ったり、高学歴は早慶や東大京大を指すと言い始めます。これはMARCHを落とされて非常に悔しく、プライドをズタズタにされて言ってしまうケースが多く、東大京大や早慶出身者の言動に乗っかろうとします。MARCHをバカにしたい気持ちは同じですが、根拠は大きく異なります。

MARCH(マーチ)の理系は高学歴なの?

MARCHの文系はそれなりの偏差値を誇りますが、果たして理系は高学歴なのかどうか。理系の偏差値は文系よりも比較的低く、偏差値だけで見れば高学歴かどうかは微妙かもしれません。しかし、世間一般では大学名で高学歴かどうかを判断するため、学部学科で高学歴なのかそうでないかを仕分けして判断する人はあまり多くないでしょう。ですので、MARCHの理系は多少偏差値が低くても、高学歴と扱われることになり、就職率の高さがそれを証明します。

高学歴のMARCH(マーチ)と日東駒専との差はどれくらい?

MARCHは高学歴であることは明らかですが、滑り止めの扱いを受ける日東駒専とは果たしてどれくらいの差が存在するのか。法学部でその差を見てみると、日東駒専は55.0や57.5あたりにいます。MARCHだとこれよりも5ポイントほど上にいます。全体的に河合塾の偏差値ボーダーで見ても平均して5ポイントほど離れています。学部学科によっては肉薄するところもありますが、学部学科を揃えてチェックするときっちりと差はついている状況です。

日東駒専が難化している傾向にありますが、これは大学の定員を厳格化する動きがあるためで、MARCHも状況は同じです。そのため、日東駒専が難化していたとしても同じだけMARCHも難化しやすくなるため、日東駒専がMARCHを追い抜く可能性は低く、日東駒専から1つの大学が抜け出して入れ替わる可能性も低いでしょう。この差こそ高学歴かそうでないかを分けるポイントと言えます。

高学歴はどの大学から?

高学歴は果たしてどの大学からを指すのか。MARCHからが高学歴であると答える人が多いですが、これは知名度が大きいです。箱根駅伝のように高視聴率の番組に登場する大学は全国で知る人が多いため、そこに登場する大学の知名度は高まります。知名度と偏差値を組み合わせた時にどちらも十分あると判断された場合に、高学歴という認識をしやすくなるでしょう。だからこそ、MARCHは高学歴に入ります。逆に成蹊大や成城大など偏差値的にMARCHに準じながらも知名度がやや低い大学は、高学歴と認めてくれない人が出てきます。

大事なのは知名度と偏差値。この2つがあれば自然と高学歴と判断されるようになります。だからこそ多くの大学は箱根駅伝など全国的な大会に力を入れ、お金をかけるようになるというわけです。これがいいか悪いかの判断は横に置いておくとして、それが憧れにつながり、多くの生徒が入ってくるのであれば決して間違いとは言えないでしょう。

まとめ

MARCHは高学歴であり、学歴フィルターでもほとんど引っかからないため、胸を張って高学歴と言っていいでしょう。ただ高学歴であっても社会に出てしまえば関係なく、あとは自分次第。そして大学の看板を掲げる以上、その名に恥じない仕事ぶりをしないといけません。MARCHが高学歴なのは、偉大な先輩たちが一生懸命築き上げた汗と涙の賜物によって成り立っています。